イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

SUMMER SONIC 07 前半戦

mo-21.jpg


8月12日日曜日、SUMMER SONIC 07 を見に行きました。めっちゃくちゃ楽しかったし、忘れられない夏の思い出がまたできた。
SUMMER SONIC は3年前大トリがグリーンデイの時行ったっきりで、今回が2回目の参戦でした。前回の反省点を踏まえつつ、出演者の下調べをしたり、楽しみどころをしっかり予習して、当日に臨みました。
今回僕が注目していたのは、SONIC STAGE。僕好みのアーティストが揃っていたし、主催者もSUMMER SONICの核はSONIC STAGEだと云っていますが、それに違わず、未来のミュージックシーンを賑わすであろう、これからが楽しみなアーティストのラインナップで埋め尽くされていました。
下調べの結果、The Offspring、The Fratellis、ホルモン以外で見たいのはほとんどSONIC STAGEで収まってしまったので、ハナからSONIC STAGEで見ることに決めていました。おかげでかなり単独行動してしまいましたが、期待してたよりずっと素晴らしいステージを楽しむことができました。
やっぱり生で見るなら、パフォーマンスが楽しいアーティストを見るべきだと、今回改めて思いましたね。不特定多数に向けてメッセージを発する時、なんとかして相手を振り向かせよう、楽しませようとする貪欲さっていうのがすごく大事。歌がうまいだけでもダメだし、かといって奇抜なスタイルをとって、実力が伴ってないのもダメ。
そういう意味で恐るべしと思ったのはシンディー・ローパー。どうしてあなたほど長きに渡りポップシーンのトップに君臨するお方がこれほどまで、人を楽しませようと必死なのか。その貪欲さには度肝を抜かれた。年をとって声は劣化し、才能はとうに枯れ果てているであろう、そんな事前の僕の愚かな予想をいい意味で裏切ってくれました。
とてつもない高音、声量は未だ健在だったし、ジャンルの引き出しの広さ、エンターテイメント性に満ちたパフォーマンスには驚きました。小ネタの仕込みからリアルタイムでの閃き。オーディエンスにダイブするまるで若手のようなバイタリティ、MCでのユーモア。まだまだ書き足りないくらいですが、とにかく1番すごいのは、客を楽しませようとする、その貪欲さ、サービス精神でした。長く一線で活躍するというのは、それだけで充分に意味のあることだと思いました。若手で才能のあるアーティストには、ぜひとも彼女の貪欲さを見習ってほしい。そう思いました。
さて、それじゃあ前置きはこの辺にして、どんなもんじゃいと思う人もいるでしょうから、僕の見たSUMMER SONIC 07前半戦を簡単に紹介します。PVも紹介してわかりやすくしています。とりあえず、Marine stageのFRATELLISまで。

●THE DRAYTONES
イギリス、ロンドン出身の20代そこそこの3ピース・バンド。「Keep Loving Me」は皆聴いたことがあるんじゃないでしょうか。60年代ロックを彷彿とさせるというか、もろビートルズなんですけど、かっこいいもんはかっこいい。ぜひ、見ておきたかったんです。ボーカルはいかにもイギリスのイケメンというかガリガリで手足が長い繊細そうなガブリエル君。でも、シャウトした時の声がかっこいいんです!トップバッター(オープニングアクトは省く。)だったので客の入りもまばらで、すごく近くで見られました。若手らしくいまいち盛り上げ方がわかってない感じで、たんぱくなステージングでしたが、ラストでやった「Keep Loving Me」では大爆発。やっぱりこういうキラーチューンがあるバンドは強い。この曲さえあれば3年は飯食っていけるでしょう。ただやっぱりこれからのバンド、一発屋で終わってほしくないですね。この曲クラスの曲を何曲も作れるか、それによって未来が変わってくるでしょう。



TILLY AND THE WALL
個人的には1番見たかった、アメリカ、ネブラスカ州出身の男女混合ロック・バンド。ドラムの代わりに女性タップ・ダンサーがビートを刻むという独特のスタイルをとっているバンドです。このバンドはなんといってもかわいい。曲もパフォーマンスもルックスも、世界観も全てが楽しくてかわいい。オフィシャルサイトもオシャレでかわいいのでぜひ見て下さいね。
僕は最前列で見たんだけど、もう最高。期待を裏切らない楽しさだった。一人なのにステップ踏んで踊っちゃいました。踊らずにはいられない。曲も本当にポップで素朴で純粋で、名曲揃い。眠る前に聴いたら、いい夢が見られそう。今後絶対CD買うでしょう。バンドも個性派揃いですごくそれぞれが伸び伸びやってて、本人達が一番楽しんでやってる感じでした。すごくバンドのイメージがカラフルな印象なんですよね。これぞポップだって実感できるステキなライブアクトでした。
今回ホルモンもそうだったけど、バンド内の個性の違いがいい意味で化学変化を起こしているバンドが見られてよかった。それぞれが自分の持ち場をわかってて、内部での競り合いが外へのエネルギーのうねりを生み出してる。それは仲が良くないとできないし、かといってなあなあでもできないことだからね。だからバンドっていいんですよね。
これはユッキーにも見てほしかったな。絶対ハマると思う。
あとでシンディー・ローパーのステージにも出ることになるキアナというボーカルの女の子、吉野君も云ってたけど、この子がまたかわいくて魅力的なんです。キアナがすごく末っ子っぽく自由にステージをかき回してのびのび歌って、ニーリーはお姉さんぽくしっとり補佐的に歌って、ジェイミーはひたすらタップ踊って、デレクがキャプテン的な存在でギターで熱くリードして、ニックはキーボードのプレイに没頭して、とそういう本当に楽しくカラフルなバンドです。











●THE POLYPHONIC SPREE
00年7月、アメリカ、テキサス州ダラスにおいて、ティム・デラフターを中心に結成されたポリフォニック・スプリー。全員が白いローブに身を包み、総勢約25人のメンバーからなる混声シンフォニック・ポップ・バンドである。
ホーンやストリングスによる壮大なサウンドと、幸福感や太陽礼賛を唄うコーラス隊の美しいハーモニーが作り出す世界観は唯一無比の魅力を誇る(サマーソニックオフィシャルからの引用。)。とのことで、パフォーマンスに高い評価のあるバンドなので、楽しみにしてました。やっぱり生で見るんだから、パフォーマンスがよくないとね。
いやいや、これは期待以上でした。ティム・デラフターっていうフロントマン(教祖様)のオーディエンスをノセる&惹きつけるパフォーマンス、パワフルな歌声には神が舞い降りていたし、総勢25名によるオーケストラサウンドは迫力満点。圧倒されました。
最初ステージの端から端までかけられた赤の横断幕をデラフターがハサミでハート型に切り抜き、バックにバンドが現れるという演出もステキでした。現れたバンドはなぜか皆戦闘服。定番が白のローブ姿というバンドだったので、その宗教的イメージからの脱却を図ったんだろうけど、デラフターいはく、混沌とした世界と戦うため、生まれ変わったんだそうな。
オーディエンスは皆シャボン玉を飛ばしてました。これも定番らしいです。まさに愛と平和が似合うバンドでした。でも思ったより、宗教っぽくはなかったね。ひたすら楽しかった。デラフター様はダイブしまくってたし、大暴れで大盛り上がりだった。あまりに楽しくてフラテリスに遅れそうになった。最初は最後まで見る気じゃなかったんですけど(フラテリスがおしていたため。)、あまりに楽しくて最後まで見ちゃいました。あとポリフォニックファンはなぜかかわいい子が多かったです(笑)。








●THE FRATELLIS
05年12月、スコットランド、グラスゴーにて結成された3ピース・バンド。ガレージ調の軽快なロックンロールとキャッチーなメロディーが評判になりました。i-podのCMでもおなじみですね。 これは絶対見ないとと思っていたので、千葉マリンにダッシュしました。でも地上の入り口がどうしてもわからない僕は残念ながらスタンドから観戦しました。Marine stageはUK祭りとコンセプトを題打って、UKのアーティストを並べる布陣。でも肝心のUK勢にあまり魅力を感じず、その中では異色と思えるFRATELLISのみ興味をそそられました。前回はかなりの時間をMarine stageで過ごしたんですけどね。今年はメインなのにあまりいなかったですね。でも逆にSonic stageなど屋内の「小屋」の魅力を知りました。大好きなアーティストに思い切り近付ける、近くで聴けることは幸せなことですよ。Marine stageは規模は馬鹿でかいけどよそよそしい。もっと一体感を味わいたい。
お、話が反れましたが、FRATELLISはズルい。まだ出たての新人のくせに、キラーチューンたるものをいくつも持っている。盛り上がらないわけがない。自然と腰を振りたくなる。これでもかというくらいキャッチーで一瞬にして起爆剤となる。着火までが早い音楽なんです。頭で考えるのではなく、体が勝手に反応してしまう。音を楽しむのが音楽なら、これ以上に何が必要だろうか。ボーカルのジョンのノーテンキな髪型やPVを見ればそれは明らかですが、このバンドは堅苦しいメッセージ性や意味なんてものを音楽に持ち込む気がない。人を楽しませ、躍らせることに味をしめて、それだけに全てを賭けている。それがこのバンドの凄さです。考えさせるモヤモヤUKロックの中では異色と云って語弊はないでしょう。















そんなわけで前半戦を紹介しました。後半戦はシンディー、ホルモン、オフスプです。お楽しみに!!
  1. 2007/08/13(月) 02:14:31|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

これからほしいCD。



↑WiLDHEARTS、4年ぶりの新作です。ワイハはサマソニで見て、一目ボレして以来、ベストアルバムから聴き出して、今や過去のアルバムやレアなシングル盤まで集め出すくらいのファンになってしまいました。このバンドのジンジャーというフロントマンは制作モードに入ると、1枚のアルバムに入りきらないほど、みさかいなく曲を作ってしまい、しかもシングルで切る曲も、アルバムに入れる曲も同じくらいのクオリティーで書いてしまうので、アルバムやシングルのB面に名曲があることもめずらしくないのです。このバンドのリフは本当にかっこいい。ビートルズミーツメタリカ、と呼ばれていてビートルズがメタリカのサウンドを手に入れたようなバンドと形容されています。もう今や聴かない日がないくらい中毒のへヴィロテ状態です。最近はジンジャーのソロ名義での活動が目立ってたけど、ようやくバンドの音が聴けます。今からドキドキです。ただ、このバンド、非常に解散と再結成が多い問題児バンドでもあります。どうか恒例の解散なんてしませんように。



↑MR.CHILDREN、「HOME」。僕のミスチル好きは有名ですね。最近の3枚のシングルの中では、ダントツで「しるし」が好きで、「箒星」「フェイク」はイマイチって印象ですかね。最近のミスチルは前に比べるとちょっとメッセージ性が弱くなってきてるのが気になります。ひねりもあまりにないし。そのせいかあまり熱くなれないんですよね。桜井和寿はまだまだこんなもんじゃない。昔っからのファンにはわかっています。「I love U」には期待しすぎたので今回は控えめにします。だって桜井さん期待してないときに限ってめちゃくちゃいい曲書いたりするんだよな。今回のアルバム収録曲は未発表のものが多いので、それが楽しみ。とりあえず「彩り」は「君がいた夏」のようなグッドメロディーで、名曲決定なので、早く他の曲も聴きたいですね。



↑アメリカンアイドルもFOXでシーズン6が始まり、熱が加速しはじめています。今回僕が優勝しそうと目をつけているのはベイリー・ブラウンていう田舎の女の子です。ところで去年の暮れから、シーズン5のファイナリストたちのアルバムもどどどっと出てきています。大好きだった優勝者テイラー・ヒックスのCD。これも買わないとな。



↑こっちは準優勝、キャサリン・マカフィーのCD。どんどん垢抜けてきれいになりました。テイラーはパフォーマンスが好きなのでどっちかというとライブで見たくて、CDでじっくり聴きたい本命はキャットのキレイな声だったりする。



↑こちらは惜しくも3位のエリオット・ヤミーン。地味だけど技巧派で、日本人からは特に人気がありました。これもじっくり聴くにはいいのでは。ジャケ写を見ると痩せてかっこよくなった印象がありますね。
  1. 2007/03/09(金) 22:17:39|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

11月の楽しみ

今年も11月に入り、とうとうクライマックスに向け、加速しはじめました。新居には暖房器具がありません。親から貰う手筈になっていますが、いつになるやら。皆さんは風邪などひかないように体を温めて下さいね。
さて、せめて心の中だけはポカポカになるように、僕が注目してる11月の音楽を紹介します。



↑MR.CHILDRENの新曲、「しるし」。発売前から、ドラマ、Mステ、有線、ラジオなどで大量オンエアされてるので、すでにお聴きになった方も多いでしょう。7分を超える大作です。僕的にはミスチルの本領発揮シングル、とまではいかないものの、やっぱりミスチルにはこういう壮大なバラードが似合うし、よく聴かせるな、と思いました。もう軽く50回は聴いてます。「I LOVE U」から詩や曲の構成がシンプルすぎてひねりがないのがなんとなくひっかかってるんですけど(個人的にはリリース遅くていいから、もっと練ってほしい。)、今回の「しるし」の詩は奥深くて好きです。色んな解釈の仕方ができる、余白の部分を残してある詩ですよね。その分聴く人の想像力が要求される曲だとは思うけど。で、いかようにもとれる曲っていうのは、どうしてもメッセージ性は弱まるから、その分、サウンドや歌唱を情熱的に持っていくことで補っているのかな、と思う。
ピアノで始まるのは「Sign」ぽいし、ストリングスが入るのは温まる系バラードの「HERO」を思い出します。ダーリン、ていう詩は「名もなき詩」、色んな角度から君を見てきた、ていう詩は「イノセントワールド」を彷彿とさせる。「シフクノオト」あたりから明らかに意図的に過去の作品にリンクさせるような言葉の使い方をしてますよね。ミスチルはすでに一周目を終えたところで、もう2週目に入っているんだと思う。新しさより、同じことをしても線が太くなったところを見せる時期に入っているんだと思います。過去の作品にリンクさせるというのは過去の作品が売れてるからこそ、できる技ですよね。売れてなかったら、そんなことしても誰の脳裏にもリンクしてるなんて連想は浮かばないわけで。インプットされてるからこそ、呼び覚まされるわけで。新曲とはいえ、今まで長年聴いてきた部分を受け継いでいるから、こうもすんなりと前からあった曲のように体になじんでくるのかもしれない。もちろん、「しるし」はそんなことを考慮しなくても単体として、すごくきれいなメロディーラインを持っている名曲であるのは云うまでもありませんが。
ところで今回のプロモは桜井さんが1人で歌っているだけというこれまたシンプルで、ミスチルとしては稀なものなのですが、これは作家としての自信の表れではないでしょうか。プロモは本来、曲の持つ別の側面を引き出して世界観を広げてあげたり、認知させたり、より多く売るためにインパクトのある演出やストーリーを付けてあげるのが定石だと思うんですが、この曲に関してはそういうものが必要ないと思ったんじゃないでしょうか。曲のよさや詩の世界観を潰さないように、余計なものをとっぱらっている感じがしました。本人も「最高のラブソングができた。」というように、この曲はシンガーソングライター、そして極めて桜井和寿自身の等身大の告白を表現したのではないかと思うのです。そういうわけで8月15日の発売が楽しみ。



↑BONNIE PINKはm-floとのコラボ曲「love song」を8月8日リリースします。「PERFECT SKY」は大ヒットしましたが、あれは完全にCM効果ですよね。あの曲確かにキャッチーでいい曲だけど、あのレベルの曲だったら、ボニーちゃんのストックにはいくらでもある。ボニーちゃんの曲は毎回クオリティーが高くて、いい曲が多いのでもっと売れてもいいのにな、と思ってたから、売れて正直に嬉しかったけど。
売れたから次はどうでるかな、と思ったけれど、この人は特に肩に力を入れるわけでもなく、自然体で今まで通りいい曲を書いてきましたね。相変わらずの透き通るような知性と静謐さを持った、けれど芯の強い声。今回の曲は小さな宝箱のように可愛くてキラキラした曲です。サウンドではちゃんとm-floらしさもでつつ、ボニーちゃんの声のいいところが前面に出ている素晴らしい化学変化が起きている。なかなかいいかけあいですね。これは踊れる曲ですよ。どちらも冬に温まれるオススメのラブソング。
  1. 2006/11/06(月) 01:36:56|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今年の夏を彩った音楽。

僕の今年の夏を彩った音楽はNelly Furtado(ネリー・ファータド)の3枚のアルバムでした。夏の間ずっと聴いてて、今も聴いてるから相当長い間ハマっております。最初MTVで特集やってて、気になって聴き始めたのですが、とにかくカッコいい。オススメです。3枚ともサウンドのアプローチが全く違って、そのどれもがいいので、この人をどういうアーティストって説明するのはすごく難しいのですが、ポルトガルの血と民族音楽ファドをバックボーンに持つ女性シンガーであり、ヒップホップのセンスに特化したアーティストである、というのが間違いのない表現でしょうか。R&B、ヒップホップ、ボサノヴァ、ポップス、ロック、なんでもありでジャンルにとらわれない幅広い音楽性を持つアーティストです。歌唱力はもちろんのこと、先の読めない自由自在なフロー、表情豊かな歌声が魅力的。でもこの人の個性を個性たらしめているものは民族的だということですかね。様々な民族楽器をミックスして1つの新しいジャンルに昇華させてしまったようなサウンドはどこのものかわからないエキゾチックな世界観を醸し出しています。まるでこの世に1つしかない桃源郷を表現してしまったかのよう。彼女の音楽を聴くといつでも楽園に連れていってくれるような気分になるんですよ(特に2枚目。ものすごくラテンな雰囲気。)。最近は3枚目をよく聴いてます。これはティンバランドを共同プロデューサーに迎え、ヒップホップを前面に打ち出したアルバム。これがまたカッコいい。2曲目の「マンイーター」は本人も言うように、まるで脈を持った生き物みたいなサウンド。地鳴りを立てて、怪物が迫ってくるようなダンスナンバー。毎朝、起きぬけに聴いています。すごく気合いが入るんですよ。テンション上がる。僕がもしPRIDEに出るならこれで入場したいね(笑)。
1枚目はジャンルの振れ幅が大き過ぎてまとまりのない感じだけど、持てる力を全部出そうとしてる感じがアグレッシヴでエネルギッシュで好き。ファーストアルバムってそういうものだしね。2枚目は地味なんだけど前作に比べ、洗練された名曲ぞろいのアルバムに仕上がっています。3枚目はつべこべ云わない。体が自然に乗ってきますから。踊れるアルバムですよ。音楽は楽しんで聴くものだって、改めて教えてもらってる気分。音楽はやっぱり楽しくなくっちゃねえ。







あと夏はボニピンとスガシカオをよく聴いてました。この2人の声や曲は清涼感があるので夏によく似合いますね。ボニピンはほんとに曲のクオリティーが高くていい。雨の日にもよく似合うんですよね。ソフィスティケイトでクールな声と曲。でも実は詩はけっこう情熱的で一途なのがボニピンですね。スガちゃんはボニピンと別の意味で涼しい(笑)。ヒヤッとする感じ。詩がなんかおどろおどろしいんですよね。人間のいやーなところを鋭いメスで切り取って見せるような詩。「夏陰」はかなり聴きました。
今年は僕の中で女性シンガーの流行り年なんですよね。春はKT Tunstall、夏はNelly Furtadoというように。秋は何がくるんでしょう。
そういえばYUKIのアルバムにKTが作曲した曲が2曲あるそうです。意外なつながり。さすがいいものを取り入れるアンテナが敏感なYUKIと思いました。聴いてみようかなあ。
  1. 2006/09/22(金) 22:44:15|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

箒星

ミスチルの新曲「箒星」がリリースされました。ポップのど真ん中をいくような、堂々たるポップソングに仕上がってますね。今の季節にもぴったりだ。七夕の雰囲気を盛り上げてくれる一曲となるでしょう。
今何回もリピートしてます。
残念なのは、最近のミスチルのシングルはちょっと全体の構成がシンプルすぎやしないか、と思うところ。サビは確かにこれでもかというくらい凝ってるし、心を一瞬で捕らえるくらいキャッチー。「四次元」くらいから、この手の曲が多くなってきた気がする。CMのタイアップにあわせて作るからサビ命になりがちなのかな。Cメロがないのが大きい。ミスチルの得意技といえば、大サビに突っ込む前にCメロで一呼吸おいて、感動の大サビっていう黄金パターンがあるので、そういう曲がほしいな。あと前アルバムには無かった「ニシエヒガシエ」「掌」みたいな混沌とした曲も出してほしい。セールス的にはイマイチかもしれないけどね。今回はセールス面ではかなり期待できそうですね。
2曲目の「ほころび」はすごく涙腺を刺激するメロディーだし、「kind of love」に入っててもおかしくないくらい、初期っぽい。改めて桜井さんのシンガーソングライターとしての才能を垣間見るようないい曲ですね。これはたぶん次のアルバムにも入りそうな気がする。詩のせいか「口笛」とか「つよがり」の兄弟分みたいな気もした。
3曲目の「my sweet heart」は「ヴァーサス」に入ってそうな、ちょっと危なくてセクシーな曲ですね。スガシカオの影響も感じる。
とりあえず、この3曲の幅の広さから次作には期待できるでしょう。
ちょっと最近の桜井さんの詩があまり冴えてないので、詩にも力入れてほしい気がする。いい詩もあるんだけど、ちょっと物足りない感じもあり心配。今までが凄過ぎただけにね。3曲通すと、最近少なくなってたコーラスワークなんかはだいぶ増えてるし、今回のシングルは器用にまとめてきた感じですね。驚きは無いけど、これぞミスチルっていうシングルになってる印象です。
僕的には「to U」のリリースの方が「箒星」のリリースより楽しみにしてます。実は。

  1. 2006/07/05(水) 02:10:22|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。