イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

耐震問題

エロカッコいいってどういうことでしょう。秋山です。
個人的にはセクシーでもいい気はするのですが、(だってセクシーってニュアンスにはカッコいいも含まれてる気がしない?)よりリアリティーがあってダイレクトに伝わる言葉を追求していくとエロカッコいいってことになるのか。まあこの話で膨らませるのは無理っぽいので話を変えます。
そろそろ、絵を描こうじゃないか、と思って2006年第1弾の絵を描いています。2006年の幕開けにふさわしい明るくてキャッチーな絵を描いた、と云いたいところですが、全くそんなことはない(笑)。
風刺画です。それもかなりタイムリーな耐震問題に関する風刺画。
僕この問題については何か書いておこうと思ったのですが、忙しくてここで触れる機会も逃してしまったので、絵にしようと思ったわけです。
知人で不動産業界の子がいて、ちょっと年末に忘年会で話したのですが、けっこう影響出てるみたいです。ニュースに出てくる会社との取引がない会社なんですが、耐震問題が持ち上がる以前に契約した客が発覚後に契約を解消したことによる損害が二億ほど出ているということで、大変だねー、とか云ってたんですけど。これは業界全体に波及している不信感なんだな、と思いました。
ノンフィクションの怖さって、誰が悪かはっきりしないっていうことだと思います。これが映画や漫画なら、あいつが悪者ってことにして、そいつをやっつけたらハッピーエンド。気持ちのいい突き抜けた終わりを迎えるわけですけど、ノンフィクションはそうはいかない。責任をあっちに押し付け、こっちに押し付け、たらい回しにされた後、ドロドロ、グログロ、モヤモヤが待っている。しかも、あのマンションが崩れて近隣で被害がでたら、今度は被害者であるはずの契約者が加害者になってしまうわけです。国で保障するにはすごく嫌な話ですが、契約者に過失がなかったことを証明しないといけなかったりする。そんな安い物件に飛びついたあんたも安全性をちゃんと確認したの?なんてこと云われるかもしれない。
この問題でよく取り上げられるのは、生産者が利益を追求するために安全性を置き去りにする、ということで、それは牛肉の輸入の時にも云われたことですが、(結局輸入再開したしね。問題解決してないのに。)忘れちゃいけないのは、消費者も利益を追求することを受け入れているということです。安売りのセールがあれば、安全性を疑いもせず、喜んで手を出す消費者にも問題があるはず。しかもこのような問題はどこにだって起こりうる問題で、誰が巻き込まれてもおかしくはない問題です。
ま、生産者に問題があるのは云うまでもない話ですが。
そこまで難しいことを云っている絵を描いてるわけじゃないですけど、悪っていうのは、「誰」ではなくて、人の心に住んでいるものだっていうのをビジュアル化したような絵ですね。しかも、皆悪いことと思わずに、むしろ普通に仕事してて、生活してて、その悪を知らず知らず、育てていた。それがある日突然表層化して、僕らの前に姿を現した。その悪が僕らを八つ裂きにする。そんなことをイメージして描いてますね。
今回の絵はシュールレアリスムっぽい感じの絵なんです。友人が年末に遊びに来て、僕の「メディアリテラシー」っていう絵がとてもよかった、と云ってくれて、僕はいいと思ってるけど、他の人はどうだろう?と思ってた絵だったので、こういうの好きな人いるんだ、じゃあ久しぶりにこういうの描いてみよう、っていうのがキッカケで描き始めたと思います。
まだ時間かかりそうだけど、やっと形が見えてきたなという感じです。お楽しみに。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/10(火) 00:54:48|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<導火線に火を点けるぞ。 | ホーム | GO>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/96-10610b76
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。