イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新しい年のはじまりに・・・2

はい、CMあけました。じゃあ早速、大みそかの格闘技の話を。
男祭り最高。ダイナマイト最悪。そういうことです。
ダイナマイトは短くまとめると、見せるべき試合をカットしすぎ。それも今までの比じゃなく、普通にトップファイターの試合をカットしまくったことがすごく腹立たしい。ホースト、シュルト戦、バンナ、カラエフ戦、ボンヤスキー、プレデター戦、アーツ、大山戦、をダイジェストすらせず、カットしたことです。K-1の王者4人もいるのに、その全てをカットして、どうでもいいぐだぐだな武蔵や曙や永田に時間を割いたこと。どんだけ日本人びいきなんでしょう。永ちゃん流す時間あるなら、試合に使えよ。いい加減ひどい。だったら、男祭りのように6時からやってくれ。編集もひどい。画面の上下にテロップや囲みをつけて、窮屈で僕にはまるで選手達がハムスターがケージの中で戦ってるように見えたよ。あとナレーションもダサい。何十年前の声と演出なんだろう。ついでに云うと、実況も興奮できないし、三宅アナに対抗できるくらいの人を持ってきて欲しかった。イメージの膨らまない実況なんだもん。「今ロー出しました。」とかって、フツーやん!って思った。マッチメイクも一年前でも組めそうな試合ばかりだし、今年組む必要性を感じない。全てが古臭く感じました。
たぶんはっきり数字で差が出ると思うけど、言わして下さい。石井館長カムバーック!!
しかもダイナマイトは予想もかなりはずしました。
11試合中6試合正解。50パーセントくらいですか。所とホイスは引き分けだから、想定外だったんですけど、あのまま続けば負けてただろうな。ホーストには勝って欲しかった。じゃああのデカブツを誰が倒せるんだっていう話ですから。ヒョードルにボコボコにしてもらおう。ヒーリングはつまらん反則するし、キレやすいやつ嫌いなんだよな。アーツも心配ではあった。もっと速攻決めるかなと思ったんですけど足固めですか。レミーガは本当にグラウンド何もできねえな。MAXだけやってればいいのになあ。はあ、文句云ったらすっきりした(笑)。
曙、ボビー戦は本当にボビー側に立っちゃいますよね。あんないい体してもったいないなあ、もっとローが上手かったら速攻勝てたのにねえ。だってあれトップファイターの体ですよ。ホントに。
所にはこれからもおもしろい試合みせてほしいなあ。試合後のインタビュー見てたら一番所が好感持てました。相手が自分より強いことを認めた上で、自分はもっと成長できるってことを云ってて、いさぎいいなこいつって思った。所はもっと強くなるよ。ああゆうやつがモテなきゃ嘘ですよ。
で、唯一見ごたえがあったのが、須藤、KID戦。ここはもっと長い尺で見たかったなあ。レフェリー早く止めすぎでしょ。須藤の入場よかったなあ。なんか楽しそうだった。トリッキーさも復活してたし。少し試合後のKIDの態度は気に食わなかった。須藤とそのセコンドに「よくがんばったよ」とかいって回って、あれは敗者に対しての気遣いとしてどうかと思う。予想はKIDにしたものの、KIDが勝つとなぜかがっかりして、須藤の方が好きだったんだなあと気付かされました。
ダイナマイトはその辺で、今度は男祭りにいきましょう。
男祭りはよかったですねえ。こっちは予想も大体的中しました。12試合中、9試合当たった。イエイ。はずしたのはジェームストンプソン対シルバ、アローナ対シウバ、ミルコ対ハントの3試合。ジェームストンプソンの圧勝には驚いたけど、あとの2試合はいいわけしてもいいですか?ミルコとハントの試合は、去年の予想の理由を読んでもらえば、相当迷ったのは理解してもらえると思います。本当はハントに賭けたかったんだけど、安定感でミルコを選んだんですよ。あとアローナとシウバの試合は判定でブーイング出てたくらいで、シウバの勝利は微妙なんです。別にいいわけしたくはないですが、惜しかったのが悔しくて。
僕的に一番興奮したのは、ミルコ対ハントですかね。ミルコに賭けはしたもののハント応援してましたからね。ハントは常識や情報で判断できないから危険です。そして面白い。そんなのわかってたんだけど、改めて感じましたね。ミルコはハイだけに賭けてきた感じでしたけど、完全に見切られてました。というかコンビネーションがあって不意に入るのと、来るのわかってて準備してるのとじゃ全然対応もダメージも変わるわけで、ミルコはハイ出しすぎて、もうハントもガードの準備ができちゃってるなと思いました。まともなハイも入ってたけどガード間に合わなくてもくるのわかってたら、ん!て首に力入れられるじゃないですか。もちろんハントだからできる業ですけどね。あいつどんだけタフなんだと思いましたもん。スタミナも続いてたしね。サモア人はタフだって云うけど、その中でもタフさならナンバーワンだろうな。ほんとヒョードルと当ててほしいですよ。案外やっちまうかもしれないですよ。藤田が今までで一番ヒョードルを苦しめたと思うんですけど、ヒョードルを崩すなら打撃で倒すしかないような気がします。ノゲイラがダメなんだから。しかもあの氷の拳をくらっても耐えられる男。そんなの彼しかいないでしょう。その時はできるだけのファイトマネーを。
僕はミルコ対ハントを見ながら、これがKのリングじゃないんだ、ということが悲しくなってしまいました。そうだ、こいつらがいないんだ、みたいな。そういや、判定でミルコにした人が大ブーイング受けてましたね。あれは僕もアホか、と思ってしまいました。
あと、今話題に挙げたヒョードルのズールに対する、あの電光石火のKO劇。あれには唖然としてしまいました。あれこそ現役王者と呼ばれるにふさわしい勝ち方ですね。本当に完璧な勝利でした。不覚にも画面に向かって拍手してしまいましたから。ミルコと違って慢心しないところがヒョードルの強さだと思う。ちょっとおっかないね、彼は。鳥肌立ちますよ。ほんとに。
他の試合についても触れておくと、まず小川対吉田。これメインなんですよね。僕はあんまり泣けなかったです。途中まではよかったよ。「お前ここでがんばれよ。」と小川が云って、抱き合うあたりまで。その後は小川が調子良すぎ、と思ってなんか一気にしらけた。ハッスルやってくれ、とかおぶってくれとか。プロレスのショーのノリになってきたな、と思って。吉田がハッスルに付き合ってたら嫌いになるところでしたよ。試合内容的にも全然釣り合い取れてなかったし、吉田の方が圧倒的にリードしてた。ということで僕はこの試合はイマイチだったと思う。
中村対近藤の試合は、中村が勝ちはしたものの長引いてたらわからなかったな。中村はもっと圧勝しなきゃだめだったろうなと思います。対シウバをやるにはもっと圧勝しないと。期待してるから。でも正直あの不動心には本当に驚いた。痛みに鈍いわけじゃないんだよね。すごいな。
瀧本対菊田戦は、してやったりな気分で見てました。裏が表を制すのはなんか気分いいですね。菊田には劣等感というパンクなモチベーションがあったけど、瀧本には何もモチベーションがなかった、そういうことでしょう。菊田は本当によく研究してきたと思いますよ。
五味対マッハは予想通りでした。あの階級で五味のコンビネーションとスピードについていける選手はいない気がする。心配です。勝ったあとの五味が無邪気で、ああこの子供みたいな笑顔はなんだろう、いいな、と思ってしまった。「何でもいいから一番になりたかった。」この言葉が一番心に響いたよ。僕は。
アローナ対シウバは結局アローナが下から狙ってる図が判定にいいイメージを与えなかったのかな、と思います。どうしても上に乗られてるのって総合だとやられてるみたいでイメージよくないと思うんですよ。上で殴ってる時間が長かったのがシウバだから、シウバになったんじゃないかな。トップチームは皆そうだけど、下から極めにいくから一本取れないとキツイのかなというのはあると思います。アローナはもっと打撃使って上から攻める方がよかった気がする。けっこう上でもバランスいいのになあ。
金子賢対ベネット。なんか格闘技のチュートリアルやってるみたいでしたね。ベネットけっこうやり方が甘いよ、と思った。もっと本気出してしまえばよかったのに。金子賢の足の長さは目立ってたけど、ちょっと体の出来が違いすぎたかな。見た目で勝負にならんな、これは、と思った。なんだかんだいってアガっちゃったのかな、とも思った。でもプライドのリングにやらせはありませんていう証明には一役買ったね。
桜庭対三ノ輪。蓋を開けてみれば、案外まともな試合だったな。不思議ちゃん同士の試合にしては。ちょっとがっかり。
男祭りもこんな感じでしめようと思います。祭りが終わってちょい淋しいけれど、格闘技は今年も更に加熱していくでしょう。いやあ、ほんと面白かったねー。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/02(月) 02:38:15|
  2. 格闘技|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0
<<GO | ホーム | 新しい年のはじまりに・・・1>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/94-9ab59edb

曙は負けボノ、格闘家にあらず。(動画)

大晦日はどの番組を見ようか迷ってしまいましたね。プライド、K-1、紅白。テレパソやDVDレコーダがあれば3つとも録画は可能ですが、我が家にそんな物ありません。せいぜいプライドをテープに3倍モード録画。K-1を途中から見るという結果。ちょうどチャンネルを変えたら、
  1. 2006/01/02(月) 10:39:40 |
  2. プールサイドの人魚姫

元旦…だけど空手

えぇ、みなさん、あけまして、おめでとぉございます☆彡昨年はお世話になり、ありがとぉございましたw今年も、どぉぞ、ょろしくお願いします☆彡さて、そんな十六夜は昨日、夜の11時にいつものメンバーで集合し、鐘付きやら初詣やらいろいろ行ってまいりました。そ
  1. 2006/01/04(水) 21:57:51 |
  2. 正道会館空手 ~日本一への道~ &quot;十六夜の記録&quot;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。