イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

FieLDS K-1 WORLD GP 2005 in TOKYO 決勝戦

今年のK-1も終わってしまいましたね。
いちゃもんさんざんつけてきましたが、やっぱり毎年終わると楽しみがなくなって淋しい。
セームシュルトの優勝は順当だったと思います。予想通りだったけど、なんか番狂わせが起きそうなそんな期待も最後まで持ってたんですけど、強すぎたな。っていうか近距離で掴まれて膝出されちゃうとガードできないし、距離が離れてても前蹴りや長い腕が伸びてくる。どんな距離でも自分の間合いで戦えるから、あれは勝てないんじゃないでしょうか。でかいやつって下手な選手が多いのに、テクニックがあるし、したたかで無理しないし、そこが嫌いなんだけど、強さなんですよね。確かに全盛期のピーターアーツばりに強い。誰も勝てる気がしない。誰かが必勝パターンを見出してくれればいいんですけど、ホーストやグレコのような研究タイプの選手が減ってしまったし、シュルトの天下が続きそうな気もする。いやだなあ。
まあその辺はボンヤスキーの使命として彼に任せましょう。
今回の決勝戦は全体の出来としては、前回のぐだぐだな開幕戦に比べたら昔からのK-1ファンも納得のいく試合内容で、断然よかったんじゃないでしょうか。
振り返るとホンマンとボンヤスキーの試合からよかった。ボンヤスキーは本当にホーストと重なる。ホンマンの攻撃はほとんどガードできてたし、同じ位置に的確に入るローも見事だった。やっぱりこういうテクニック系の選手は必要だなあと思います。試合運びを完全にコントロールしてましたね。危なげなかった。改めてうまいなあと思いました。
次、セフォー対シュルト。この試合、泣きそうになるくらい感動した。1R目カットされたのが相変わらず頭に来たけど、セフォーの魂見せてもらいましたっていう試合でした。スタンディングダウン取られたものの、ずーっと立ってたからね。いっくらボコボコにされても終始シュルトの首を狙い続ける執着はすげえ、と思いました。いつもの魅せる試合を完全に捨てて、この時のセフォーはまるで弁慶か関羽みたいで鬼神が乗り移ったような表情でしたね。
相当熱があったと聞きましたが、そんなのは感じさせないくらいの強さを感じたな。なにか起こしてくれるんじゃないか、って期待を彼にはいつも抱いてしまいます。
こういう選手がいるから見続けちゃうんですよね。ぜひベストコンディションの時にもう一回シュルトとやってほしいなと思います。
トーナメント右っ方、バンナ対アーツ。実力の拮抗したもの同士の本物の戦い。これも本当に見たかった試合。なんだかんだいってアーツはやっぱりうまいなあ、と思いました。あのたるんだ体のどこに底力があるのかわからないけど、ナチュラルに強い選手なんですよね。無理はしないけど、気負いもない。相手の間合いや攻撃を上手く利用して、後の先を合わせる。バンナは逆にすごくやりづらそうだった。左腕でガードしてると、あの粉砕の悪夢が蘇ってきて怖かった。バンナもただでは負けてなくてしっかりアーツの骨を折ってたのはさすがだなあと思いましたけど。
ただこの二人を見てて思ったのは年だなあ(笑)ということで、スタミナがついていってなかったですね。レベルが高いもの同士のつぶしあいで思った以上に消耗したのかもしれないけど。
武蔵対速射砲カラエフ。この試合すごく面白くて、僕的に今回のベストバウトだと思ってます。ただ判定は非難ごうごうだろうな。僕はカラエフの勝ちだろうって思いました。カラエフ面白い。いい選手ですね。ここ最近では珍しく。スピードと伸びがあってどこからでも色んな攻撃ができるという。バックスピンキックもよかったし、ジャンピングパンチも面白い。奥の手がまだまだありそうな感じでしたよね。
強いて言えば、痛みを隠して戦うのが下手ってことかな。ローが効いてるのがわかっちゃったから。武蔵は逆になんであんな手数少なかったんでしょう。いつものことながら、勝機が見えるのにそこを潰せない。バッティングが判定に響いたかはわからないけど、KO一本取ってれば確実にカラエフの勝ちだったろうなと思います。惜しかったですね。
準決勝。ボンヤスキー対シュルト。
ボンヤスキーどうしちゃったんだろう?と思うくらい飲み込まれちゃいましたね。っていうかボンヤスキーは倒れる時の崩れ方まで、ホーストと瓜二つですね。あの膝はガードを無意味にしちゃうから、もろに入ったのと同じなわけで、きっついですよね。っていってもシュルトに勝てそうなのはボンヤスキーくらいなのでぜひとも研究して打破してほしいです。
武蔵対負傷したアーツの代わりにリザーブマッチ勝者グラウベ。
このアクシデントに関しては正直喜んでしまった。だって僕グラウベ大好きですもん。あんまり武蔵とアーツって噛み合わないし盛り上がりに欠けるなと思っていたし、ぶっちゃけ武蔵でもアーツでもグラウベでもシュルトには勝てると思ってないので、グラウベの方が面白い試合になりそうだと思ってました。
久しぶりに武蔵がきれいにKOされましたね。グラウベ間違いなく強くなってる。昔はブラジリアンキックだけが持ち味のうだつの上がらない選手だったのに、前蹴り、膝、かかと落としとコンビネーションが増えて何でもできる選手になった。もう勢いにノッてるとかじゃなくてトップクラスの実力を持ち合わせた選手になったと思います。
そして最後の決勝へ。シュルト対グラウベ。
その強いグラウベをいとも簡単に膝で破壊するシュルト。まるで開幕戦の焼き増しのような、いやそれ以上の敗北。どうしても認めたくはないけど、嫌だけど、強いのは事実でしょうね。しかも圧倒的に強い。誰も勝てない気さえする。長い間王者に君臨するんじゃないでしょうか。
今回のGPを総括すると、ここ何年言われ続けた世代交代がやっとリアルになったな、ということで。ホーストが消えたのは大きいと思う。事実、勢力図が変わったのをはっきりと感じました。歴史が書き換えられたなっていう。っていっても準優勝のグラウベはちゃんと世界大会から勝ち上がってきたし、結局古株で経験のある選手が残ってるから、そこは救いですけどね。一時代が終わったなあ、と思うと切ないです。感慨深いトーナメントだった。
セフォーにはまだがんばってほしいです。代わりが効かない選手っていると思うんです。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/20(日) 13:10:43|
  2. 格闘技|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<マイライフ | ホーム | ツタ屋敷>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/79-aa794afd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。