イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

In to the darkness

sin-oume
↑なんかまたわけわかんないの作っちゃいました。
まあ、番宣です(笑)。デジカメ買ってからというもの、色々思いついちゃってもっと使っていこうと思ってるんですがね。
この前のHGがわりと評判良かったんで(笑)味をしめてしまいました。
やっぱり写真があると臨場感がより伝わるっていうか、本でもブログでも文章ばっかりっていうのはいくら文章面白くても、ちょっと退屈な感じしますよね。
生き生きとした表現ていうのが自分の中ではやっぱり一番大事にしたいかな。自分の中ではこうやって文章書くのも絵を描くのもデザインするのも、そう大差ないことで、つながってると思うんですが、最近のキーワードとして作品を作り上げるまでのスピードというのがあって、あんまり一個作り上げるまでに時間をかけたくないというかその時の気持ちをなるべくダイレクトに反映しているものがいいな、と思うわけです。
料理と一緒で鮮度が大事だと思ってて。
とにかく思いついたらすぐやろう、みたいな感じです。迷いの無いものってやっぱり強さを感じるし、ある種の覚悟を感じる。それってその作品を作ってる人の気持ちそのもので、それがちゃんとそこに出てるから見てる側にも伝わるわけじゃないですか。
僕が会社入ろうと思ったのって、単に金銭的な理由だけじゃなくて、その作品を作り上げるための反射神経を養いたいっていうのもあったんですよ。フリーって縛りがないから自由すぎるし、どうしても第三者に伝えようとする気持ちがないがしろになっていく。
時間かけて作ればいい作品になるっていうのは、作ってる側の怠慢だったり、時間かけたからいいものになったっていう得体の知れない保証であったりする。それがいやだなあと思ってて。
単に早ければいいとも思わないんだけど、スピードが今すごくキーワードだなって思います。
なんか最近まじめトークですよね。気をつけなきゃ。先長いし、あんまり深く入りこみ過ぎないようにもしないとな。見てくれてる人が楽しんでくれるブログを一番のモットーにしたいので、笑える話の一つもしないとなあ。けっこう楽しいことしか考えてないんですけどねえ。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/16(水) 01:12:32|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ツタ屋敷 | ホーム | メロウな気分。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/77-24b15a78
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。