イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

決意表明

ここ一ヶ月くらい、プライベートな日記はあえて避けて、美術展とか格闘技の話が多かったんですけど、それと同時進行で、色んな会社の面接を受けてました。
ウェブデザインから、紙媒体までそれなりに回ったんですが、けっこう何気に実務未経験にしては、年喰っちゃってるんで厳しい結果に終わってたんです。
会社に入ってやっていくには今年がギリギリだろうし、来年になればますますチャンスはなくなる。でも何も知らないくせに、このままフリーランスでやっていくのもかなり行き詰っている。
フリーでやっていこうとすれば全部自分でやらなくちゃならない、経理から売り込みから、製作の全てをプロデュースするってこと。頭のよさ、行動力、自制心、社交性、そういう僕にあらゆる足りないものが必要になってくる。創作だけしてれば仕事が来るわけでもなく。でも、自分にしかできないことがしたい。
長かった。そういう葛藤はここ何年ずっと誰にも話してないけど、持ち続けていて、ここで足止め食らうくらいなら、とにかく何でも経験したい、今より状況が悪くなることはない、そんな袋小路にいました。
そして今年中に就職する、そう年始に誓いを立てたのでした。
今年は早くも振り返っちゃいますけど、書道の書籍もやらせてもらったし、CDジャケットの製作なんていう、前の僕からしたら、考えられないような嬉しい仕事も転がり込んできて、すごく充実したいい年でした。
でもそこに止まらずに、先日ですが、エディトリアルのデザイン事務所に入ることがとうとう決まりまして、本腰入れてデザインをやっていこうと思ってます。
無駄にフリー歴長いわけじゃなくてですね、やっぱり長いこと、自分を活かせてないっていう、苛立ちとかくすぶりがあるわけですよ。
フリーター、とかニートとかニュースで流れると、どきっとして、最近の子はやる気がないとかかんとか、一括りにされて、俺は違うわ!とか一人で呟いても、状況が一緒ならそう思われても仕方ないし、実際代わりが利くアルバイトじゃ、やっててもむなしいのは事実だった。
もっと必要とされたい、こんなもんじゃない、俺はもっとできる、とかそういう、実に暑苦しいし見苦しいけど、ストレートな気持ちが出てくるんですよね。
精神的にも昔よりはずっと大人になったし、ちょっとしたことじゃ怒らないし、周りがよく見えるようになったと思う。ほんと自分のことしか考えてないような時期もあったしね。もう散々遊んだし、これからはやらなきゃいけないことをやって行きたいですね。っていっても、それを辛いとかつまらないものとしてやるんじゃなくて、絶対楽しんでやりたい。自分の中でやりたいことっていうのは一区切りついたと思います。変わっていくことをずっと恐れてたけど、いい加減それにも飽きてきた。
今までは精神的な成長のためにあったんだと今では前向きに考えてるんです。年喰って一番よかったことは危機感が出てきたこと。今まで漠然と感じてた、このままじゃやばい、が年齢を追うごとにリアルになってきたこと。そして、それを感じられたこと。
だって専門出て、すぐ仕事についた人は、僕みたいな葛藤は経験できないだろうし、きっと仕事がなくなるかもしれないっていう危機感は知らないわけですよね。やりたいことを後先考えずにやるってことも経験できないだろうし。そういう後悔は全くないですからね。
ということで、置いてかれないように、しばらく必死で喰らいついていこうと思ってます。やっぱり、最近思うのは生活の地盤がしっかりしてないと僕みたいなびびりは絵も描けなくなる、ってことで。実はそれが一番辛かったのかもしれません。
まあ、自分にとっての比重はどうなっていくかは置いといて、絵はずっと描き続けるからご安心を。あくまで未来あっての人生だと思うので。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/03(木) 01:55:07|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<多摩美芸祭 | ホーム | ITALIAN DINING WINNER’S>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/74-59c13dad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。