イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

最近見たいい映画。

今、春らしい絵を描いているのですが、これがかなり途方もない細かい作業で、時間かかってます。目も疲れます。最近アールヌーヴォー風の絵を連続で描いてるんですが、果たしてこのスタイルは自分にあっているのか疑問を感じずにはいられない。たぶん自分自身でも違うな、と思ってるんですね。やっぱり僕の絵は自由奔放でなんぼのもんだな、と。ただ、日々これ使えるわ、と気付くことがたくさんあり、内容もよくなってきていて、たぶん今描いてるものが一番厳密にアールヌーヴォーしてると思う。桜が咲くのが例年に比べ、非常に遅いので助かってます。だいぶ出遅れると思うけど、なんとか春の間にUPできそうです。フォトショップで描いているんですけど、デジタルの可能性っていうのにも少し希望が持てました。しばらくアナログで絵を描いていたので、もっとデジタル使っていこうって思ってます。面白いアイデアが思いついているんで。それでいきなり話変わるんですけど最近見た映画でよかったものがあるので書いておきます。「家族ゲーム」「ラブアクチュアリー」「キッズリターン」。家族ゲームは誰にでも勧める映画じゃないけど面白かった。結構古い映画なんですけど、かなり新しい笑いで前衛的な演出の映画です。最後の晩餐みたいな構図の撮り方とかラストの衝撃(笑撃?)とかおお!って思った。どうみてもギャグなんだけど、全体的にシリアスな雰囲気で話が進んでいくのがブキミです。松田優作がなぜあの役をやったのかわからない(笑)。ラブアクチュアリーは、そうそうこういうの見たかったっていうような映画です。すごく大勢の登場人物が絡んでくるラブストーリーなんだけど、それぞれのエピソードがとても素敵で、かわいくて、素直にいい映画と思いました。最近の大どんでん返しの映画には飽食してたので久しぶりに気持ちいいツボをついてくれた映画でした。これは誰にでも勧めたい。いい映画です。キッズリターンはたけし映画にしてはとてもわかりやすくてシンプルでたけしの映画は苦手って人でも楽しめると思います。男の友情っていうのをとても的確に表してますね。ぶっきらぼうでばっさり斬った感じの骨太な空気がたけし映画にはいつもあってそこが好きです。
スポンサーサイト
  1. 2005/04/05(火) 02:32:14|
  2. 映画|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<花見のあと | ホーム | ゴッホの誕生日>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/7-3b8cfa96

キッズ・リターン ~Kids Return~

【キッズ・リターン ~Kids Return~】 監督・脚本:北野武撮影:柳島克己音楽:久石譲出演:金子賢、安藤政信、森本レオ、山谷初男、柏谷享助、大家由祐子、   寺島進、モロ師岡、石橋凌 製作国:日本上映時間:108分初公開年月:1996/07/27「好きすぎて語れません」な
  1. 2005/05/12(木) 00:26:06 |
  2. sakura+web-entertainment
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。