イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

チャーリーとチョコレート工場

先日、やっと「チャーリーとチョコレート工場」を見ました。
元版の「夢のチョコレート工場」をすでに見てたので、大体の話の筋は知ってるんですが、それでも楽しめた。
元版もすごく面白いんですが、一番の大きな違いと云えば、やはり演出がずっと進化した点でしょうか。元版のセットははっきり言ってすごくちゃちい感じで、学芸会のセットみたいで、世界観を表現しきれてなかったんですが、今回はティムバートンがバリバリに作りこんでるのですごくチョコレート工場っていう世界がそこにあるように感じられた。
少しCG使い過ぎな感があって、そこは馴染んでなかった気がするんだけど、全体的には見事だった。リスがくるみを分別する部屋とか本物のチョコレートで作った川とか、すごかった。
ティムバートンのいつもの世界観を想像していると、ちょっと違うな、と思うかもしれない。今回はいつもの暗い酸性色で、細長いシルエット駆使して、っていうのとはちょっと違くて、とにかくカラフルでポップ。毒があったりかわいいのは今まで通りだけど、わかりやすく云うとシザーハンズで見せた、パステル調の街の感じかな。
いつもの感じはコープスブライドのためにとってあるのかも、なんて思いました。
そしてなんといっても、ジョニデさん。上手い。今までにないジョニさんの演技です。ウォンカの神経質で潔癖症で人に心を許さない性格や、お茶目な部分、ブラックな部分まで非常にわかりやすく演じています。
この人のすごいところは誰にでも変化がわかるように見せてくれるところ。正直演技の上手い下手っていうのはよっぽど下手でない限り何をもって上手いとするのか難しいと思うのですが、この人の演技は誰にでも違いがわかり、ウォンカという人が一発で理解できる演技。それが素晴らしい。
ジャックスパロウ船長もかなりハマッてたけど、今回もそれに劣らずハマッてます。ハサミ男と薬中と科学者、作家、宇宙人、殺し屋、何でもやっちゃう。でもその一つ一つが全然違う。変装がこんなに似合っちゃうのはいいですねー。
今回注目して見てほしいのは口元の演技。って注目しなくてもたぶんそこに目が行くと思うけど。すごくぎこちなくて人付き合い苦手そうな感じがよく出てる。あと字幕の方が絶対いい。声がやたらと裏返るんですが、そこもとってもウォンカらしい部分なので。
この映画見ながら思ってたんですが、やっぱりジョニさん目当てで見に来てる人が多いんだな。映画館の温度がジョニさんが登場するシーンで一気にボッと上がる感じなんですよ。歓声が上がるわけじゃないんですが、声ならぬ声を感じるというか。
金のチケットを手に入れた五人の子供が閉鎖されたチョコレート工場に入って、人形がウォンカのテーマを歌いながら燃えていくシーンで、ウォンカが登場して、「歌詞はやりすぎだけど、ラストが最高でしょ。」と言うところ、すっごいテンション上がった。きたーーーって。
この映画の他の見所としては、個性豊かな五人の子供たち。よくもまあ、こんなぴったりな子憎たらしい子供たち(笑)をキャスティングできたな、と思いました。あのファットボーイは最高でした。インパクトあった。
しかしあの子らが無事(?)生還したシーン、ここも笑いどころではあるんですが、あれがなかったらもっと恐ろしいトーンにも持っていける内容でもあるんですよね。「注文の多い料理店」みたいな感じで。あれはあれで怖い気もするんですが。童話ってけっこう恐ろしい話が多くて、子供がそういうのが好きなせいもあるのかなと思います。
ラストは元版の方がよかったかな。今回のはウォンカ親子の仲直りが描かれていたけど、あの部分はなくてもよかったかも。ウォンカの人見知りする性格を説明するような感じが少しくどかったかな。
それで何気に影の主役、ウンパルンパは最高です。ミュージカルの部分と笑いの部分を思い切り引っ張っていってくれます。あのへんてこな歌にノリノリのウォンカもイカしてます。元版では小人病の方たちがやってたけど、今回のウンパルンパ、もっとちっこい。そして同じ顔。子供らが脱落するたびいちいち出てきて笑かしてくれます。
なんだかんだ云って面白かったです。ジョニデの演技だけでも見る価値はありですよ。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/06(木) 18:52:24|
  2. 映画|
  3. トラックバック:10|
  4. コメント:2
<<小旅行 | ホーム | マイブーム>>

コメント

TBありがとうございました

はじめまして~。
私は2回見ましたが飽きることなく楽しめました。
いろんな映画のパロディというかオマージュなどを知っていると更に楽しめますよね。
ウンパ・ルンパはインパクト強すぎで、サイコーに好きでした。
旧作も見てみたいけれど、いつもレンタル中です。
  1. 2005/10/06(木) 23:21:44 |
  2. URL |
  3. ミチ #0eCMEFRs
  4. [ 編集]

はじめまして。

はじめまして。パロディーは2001年宇宙の旅しか気が付かなかったです。
DVDになったらその辺もゆっくり見たいです。でもこれは映画館で見てよかった。
なんせウンパ・ルンパが大迫力で迫ってきますもんね(笑)。
旧作は旧作で面白いので、借りられたら是非チェックしてみてください。こっちのウンパ・ルンパも個性的ですよー。
  1. 2005/10/07(金) 00:39:01 |
  2. URL |
  3. 秋山亜軌(管理人) #SecOoZh.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/67-8a102074

映画「チャーリーとチョコレート工場」

映画館にて「チャーリーとチョコレート工場」 ★★★★☆「家族って一番大切なんだよ」というテーマを根底に、「理屈抜きで楽しいのがチョコさ!」のセリフにのっとって本当に理屈抜きで楽しませていただいた。ジョニデは、その美貌こそ白塗りおかっぱに隠れているけれど、
  1. 2005/10/06(木) 23:17:25 |
  2. ミチの雑記帳

チャーリーとチョコレート工場

 いきなりジョニー・デップの右手がハサミになってる・・・初っ端から『シザーハンズ』のセルフオマージュで攻めてきた! 甘いチョコレート。肥満、高血圧、糖尿病、鼻血・・・かつては様々な病気の原因になるようなイメージしかなかったのだが、カカオがポリフェノールを
  1. 2005/10/06(木) 23:17:43 |
  2. ネタバレ映画館

『チャーリーとチョコレート工場』を観る

この映画、なかなかよくできている。そして面白い。しかし、である、残念なことにこの作品はまったくオレの好みではない。何がひっかかっているのかというと、やはり旧版『夢のチョコレート工場』の存在だ。http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/be59624f38a11bb826f4be15
  1. 2005/10/06(木) 23:23:05 |
  2. デスマッチだよ、人生は!

シンプルだが、大胆・・・おまけにブラック 「チャーリーとチョコレート工場」

評価:80点{/fuki_love/}チャーリーとチョコレート工場若干ネタバレあり個人的にはかなり好きです。根幹となるストーリーは、①チョコの中にある、チョコレート工場へ行くためのゴールデンチケットを見つける②チョコレート工場見学で5人のうち1人に賞品が渡されるので
  1. 2005/10/06(木) 23:50:08 |
  2. 平気の平左

映画館「チャーリーとチョコレート工場」

ティム・バートン監督は「ビートルジュース」のころから大好き!ジョニー・デップは「エルム街の悪夢」のころから大好き!!この2人が組んだ「シザー・ハンズ」や「スリーピー・ホロウ」も大好きなので、私が嫌いなわけが無い!と思って観にいってきました。前評判が...
  1. 2005/10/07(金) 00:18:30 |
  2. ☆ 163の映画の感想 ☆

チャーリーとチョコレート工場

失業中の父、母、そして2組の寝たきり祖父母に囲まれ貧しいながらも幸せに暮らしている少年チャーリー。彼の家のそばには、ここ15年間誰一人出入りしたことがないにもかかわらず、世界一のチョコレートをつくり続ける謎に包まれた不思議なチョコレート工場があった。ある日
  1. 2005/10/07(金) 12:48:23 |
  2. はむきちのいろいろ日記

ウォンカの視点で観てみる◆チャーリーとチョコレート工場(DLP吹替版)

10月8日(土) XYZシネマズ蘇我にて2回目なので、今度はウィリー・ウォンカの視点でこの作品を観てみることにした。(注・完全に、ネタばれモードで書きます)ねたバレなしの1回目鑑賞の感想はこちら。DLP吹替版で観た感想についてはこちら。ウィリー・ウォンカ...
  1. 2005/10/16(日) 08:20:23 |
  2. 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」

チャーリーとチョコレート工場

コレも10月には観ていました。感想あげるのが遅すぎです。自分。お菓子好き。、特にチョコレート大好きな、私。このタイトルだけでも「美味しそう!」(面白そうじゃないのかよ)と、惹かれるものがあります(笑というわけで、きっとスゴクスウィートで美味し...
  1. 2005/11/10(木) 01:17:23 |
  2. きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/

★「チャーリーとチョコレート工場」

公開初日のナイトショウ(0:15~)で観てきました。夜中だっていうのに、ほぼ満員。さすがチネチッタ川崎?さすがジョニー・デップ?それともティム・バートン監督?こんなにナイトで賑わっていたのは「SWEP3シスの復讐」以来だね。原題は「CHARLIE AND THE CHOCOLATE
  1. 2005/12/28(水) 02:44:59 |
  2. ひらりん的映画ブログ

今日の映画「チャーリーとチョコレート工場」

「さあ、世界一オカシな工場見学へ!」公開中に見に行くことが出来ず、DVDの発売を心待ちにしてました。いや~、ホント最初っからとばしまくってます。不思議な世界というか、完全にファンタジーな世界というか。良質な絵本に出会ったような、ワクワクする気持ちだったり
  1. 2006/02/03(金) 23:32:21 |
  2. Pepinの言い訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。