イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

夢のチョコレート工場

夢のチョコレート工場をケーブルで見ました。
9月10日公開のチャーリーとチョコレート工場の元版です。
1971年作品なんですが、非常に面白くて素敵なストーリーだな、と思いました。イギリス版の、注文の多い料理店みたいな話でした。英国の児童文学書でハリポタ、指輪についで第三位だということで、原作の良さはお墨つきなのですが、映画も面白かった。当時にしてはとても前衛的な作品だと思います。
ティムバートンの世界観とリンクする部分も多く、かわいらしくファンタジックなのにダークな部分がある。
1971年作品なのでロゴとかはレトロでかわいいんだけど、ぶっちゃけセットがしょぼいので、これをティムバートンがどう演出するのか、見ものです。くりぬいたカボチャや骸骨や細長いフォルムや切り絵のようなシルエットを今回も駆使してくるのでしょうか、ワクワクします。
元版はワンカ役をジーンワイルダーが演じていて、ミュージカル調に仕上げていますが、ジョニデが演じるのは本当にぴったりだと思いました。クセのある仕草や芝居がかったセリフが多いので、そういうの彼似合いそうだもんねえ。
歌ったりするんでしょうか。一応ジョニデはロックスター目指してたから、歌えるんだろうけど。CMやポスターを見る限り、すごくハマってましたね(笑)。
あまり内容には触れないでおこうと思いますが、ざっと物語の導入部を。
レシピを盗み出そうと敵対企業のスパイが現れるくらい、おいしいチョコレートで評判のワンカ社っていう会社があって、レシピを盗み出せないようにワンカ社は工場を完全閉鎖状態にしてしまいます。
そんな時、ワンカ社のチョコレートに世界中で5枚だけ当たりの金の券が入っているというニュースが報道されます。当たればワンカ社の秘密の工場を見学できる上に、一生分のチョコレートを手にできる、というおまけつきです。
ラッキーな5人の子供たちがその金のチケットを引き当て、工場内で摩訶不思議な体験をする、あらすじはそんなところです。
僕がプロデューサーならきっと映画のチケットを金のチケットにします(笑)。
ユナイテッド・シネマとしまえんではこの映画のためにチョコレート味のポップコーンを販売するそうです。これもドキドキ感を高めてくれそうです。あともう少しで公開。楽しみだー。
そういえばジョニさん、来日しましたね。まだいるのかな。テレビは何故か未だにヨン様びいきだけど、報道陣の数は同等だと聞きます。秘密にしてたのにすごい人集まっちゃって、本人が一番びっくりしてたらしいです。
ジョニさん普段は小汚い格好ですが、あまり気合入ってないとこが彼らしい。演技で役作りバリバリしてるからプライベートはダルダル脱力系でいたいのかも。来日時と会見時でTシャツしか着替えてこないし。笑った。いいですよね。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/05(月) 12:43:11|
  2. 映画|
  3. トラックバック:4|
  4. コメント:2
<<フィリップス・コレクション展 | ホーム | PRIDEミドル級GP&ヘビー級タイトル戦。>>

コメント

はじめまして。

TBさせていただきましたので報告にまいりました。
この映画、ケーブルでやってたんですねぇ。
私は数年前に職場で誇りかぶってたこのビデオを
発見してみたんです。面白かったですよね。
今日はジョニーのもみてきたのですがこっちも同じくらい
よかったですよー。

というわけでまた遊びにきます。
  1. 2005/09/13(火) 17:17:51 |
  2. URL |
  3. minori #c8tmHt6I
  4. [ 編集]

はじめまして。

TBありがとうございます。ケーブルのスターチャンネルで、今月やってました。
まだやるみたいですよ。たぶん今回のリメイクに合わせてだと思うんですけど。
いいなあ、リメイク版まだ見てないんですよー。なかなか好評なようで、早く見たいです。
minoriさんがブログでおっしゃる通り、もっとブラックにしようと思えば、そうなりえる話ですよね。個人的には、思い切りバッドエンディングなバージョンも作って欲しいです。
年齢制限してもいいから。これからも宜しくです。
  1. 2005/09/13(火) 20:20:11 |
  2. URL |
  3. 秋山亜軌(管理人) #SecOoZh.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/55-e796e42b

夢のチョコレート工場(1971/アメリカ/監督:メル・スチュアート)

父親のいないチャーリーの家。寝たきり老人が4人(!)もいて生活は苦しいが、チャーリーは新聞配達でためたお金で家族にパンを買ってあげたりと心優しい少年。 街には“ワンカ”というチョコレート工場があるが、いつも門は閉ざされており、誰も中に入ったことがない。 ある
  1. 2005/09/05(月) 20:36:17 |
  2. のら猫の日記

『夢のチョコレート工場』昔のヤツ。

なんと、書いていたと思ってたショート・レビュー、 どうやら書いていなかったみたいです。 というわけで二年前の映画メモを探し、(懐かしい) そこに書いてあった感想をとりあえずそのまま 写してみることにします。 2003.7.11のレビューです。 夢のチョコレート工場ジー
  1. 2005/09/13(火) 17:18:28 |
  2. キマグレなヒトリゴト

夢のチョコレート工場

ジョニデが主演をしている方はただいまアメリカでヒット中らしいです。こちらは古いほうです。すごい面白かった!!!ミュージカル仕立てになってました。ファンタジーなのにちょっぴりグロイくて変な内容だったり。でもそんなところ含めてすごい面白かったんです。キャラは
  1. 2005/09/17(土) 11:18:01 |
  2. 映画を観たよ

「夢のチョコレート工場」

ジョニー・デップ主演の「チャリ・チョコ」見てから・・・こっちの作品も見てみたくなって、DVD借りてきました。
  1. 2005/12/26(月) 03:30:09 |
  2. ひらりん的映画ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。