イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

雨に唄えば

最近映画専門ブログみたいになってきました。秋山です。
この前溜め撮りしていた映画のビデオから、「雨に唄えば」を選んで見ました。
シカゴを見てからというもの、ミュージカル映画にすごく興味があって、友達から前に勧められたのもあっていつか見ようと楽しみにしてました。1952年作品なので相当古いのですが、ダンスは超一級品です。ド肝を抜かれた。
ジーンケリーのどしゃぶりの中で唄うシーンは有名ですが、本当にあの人は陽のイメージのシンボルというか、主役になるために生まれてきたような人ですね。笑顔に一切の曇りがないというか。
それで、デビーレイノルズの迷いのない通る歌声も本当にキュートでした。グッモーニン(笑)のシーンとかすごくかわいいと思った。昔の女優さんと今の女優さんてなんでこんなに違うんだろう、って思いますね。スタイルは今の人の方がいいんだけど、雰囲気がすごく昔の女優さんてあるんですよ。
で、この二人のラブストーリーだけだったらきっと正統派のあまりにまっすぐな話になったと思うんですけど、ドナルドオコナーがそこにアクセントとして、絶妙な味付けをしている。ジーンケリーがスタンダード担当だとすればドナルドオコナーがトリッキー担当で、僕はこの人のダンスが一番この映画の中で面白かった。笑いといえば笑いだけど、あの身体能力はお笑いじゃない(笑)。どうやったらあんなことできるんだろうって思うくらい、人並み外れた芸当を連発するんです。壁かけ上がって何回転もするのとか本当にすごかった。
ダンスだけでも、音楽だけでも楽しめる映画だけど、ストーリーのブラックさは特筆すべき点です。この映画さっきもいったように部分部分で見ればすごくアカデミックで正統派の映画にもなりうるんですけど、(美しくて楽しい名場面がたくさん出てきます。)サイレントからトーキーへの移り変わりの時代を描いていて、それに伴う映画業界の裏を皮肉るような内容になっていて、それがいい意味で毒になっています。といっても一番にくるのは楽しさ。
歌が下手な人でも、踊りが下手な人でも今すぐ歌いたくなり、踊りたくなる、そんな楽しい映画です。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/20(土) 17:52:53|
  2. 映画|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
<<フリーダ | ホーム | スターウォーズエピソードⅢ シスの復讐>>

コメント

いいよねいいよね!!ハッピーになれる私のベスト10☆

あの身体能力を見てしまうと、マトリックスなんてっw

人間ってすごいなぁ。

美術も衣装も好き!

それにしても、秋は色々撮れていいね。

私は地味ぃにDVD買ってるのにー。

今速攻で手に入れたいDVDはベルヴィル・ランデブー

美術と音楽とストーリーとキャラクター。全部ツボ。

おすすめーぇ。

http://www.klockworx.com/belleville/
  1. 2005/08/21(日) 07:53:24 |
  2. URL |
  3. なちゅ #-
  4. [ 編集]

ああ!これね。

王様のブランチかなんかで紹介されてたよね。ベルヴィル・ランデブー。ちょっと気になってた。
うん、うん。なっちゃんらしい。フランスのアニメなんだね。
フランスといえば、今日「ペイネ 愛の世界旅行」を見たんだけど、ただただかわいいだけかと思いつつ、けっこうディープな部分を描いてたり、考えさせられる内容でなかなか面白かったよ。
ある世界観を持ってる人ってすごくあこがれる。ペイネの絵って好きじゃないんだけど
すごく細かいところまで手を抜いてないっていうか、描きたいって気持ちをあますことなくぶちまけてるところがすごいなって。
ただラブ&ピースっていう簡単な答えに到達するためのプロセスに過ぎないんだけど、過程に力の全てを注ぐから結果が真実みを帯びてくるっていうところがね。
けっこう描きたい気持ちを奮い立たせられた。



http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000065BFU/250-5609721-3727402
  1. 2005/08/21(日) 17:39:13 |
  2. URL |
  3. 秋山亜軌(管理人) #SecOoZh.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/46-9837a55c

雨に唄えば

監督 J・ケリー S・ドーネン  出演 J・ケリー D・レイノルズ&nbsp;ワタシのお気に入りミュージカル映画。とにかく観てて楽しい。ハッピーな気分になれるし、J・ケリーが雨の中で歌うのも頷けちゃうのだ。勢いからするとたとえ酸性雨の中でも歌うだろう....
  1. 2005/11/14(月) 09:17:37 |
  2. TOKITAMA少年マンボー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。