イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

井の頭自然文化園

シルバーウィークに彼女と井の頭自然文化園に行ってきました。
通称、井の頭動物園。動物園に行くのは何年ぶりなので、最初はどう楽しんだらいいのか、少し戸惑いましたが、自然と童心に帰って楽しめました。ちっちゃい動物園なので、珍しい動物はいないけど、人もそんなに多くなくて安らげました。

210922-01.jpg

↑水生館で見たカエル。カエルは爬虫類の中でも、かわいくて好きですね。あまりでかいのは嫌だけど、手に乗るくらいのはかわいいですね。

210922-02.jpg

↑洋服でもカエルのマークが入った服をたくさん持ってます。キャラクターとしても、カエルは特徴的で優秀だと思う。

210922-03.jpg

↑正面像。背景と一体化しています。

210922-04.jpg

↑イワナ?かな。魚もけっこういます。

210922-05.jpg

↑これも何の魚かわからないけど、水槽に張りついて子供に交じって熱心に見てしまいました。

210922-06.jpg

↑これはたぶんブラックバスですね。意外と食べると美味って噂。

210922-07.jpg

↑これは噛みつきガメです。わかりますかね。うわー、怖い。

210922-08.jpg

↑これは浦島太郎に出てきそうなオーソドックスなカメですね。エラくゆっくりです。

210922-09.jpg

↑で、これがイモリ。めちゃかわいかった。今回のベスト3には入るね。

210922-10.jpg

↑見て見て、この愛くるしい姿。あー!飼ってもいいかも。

210922-11.jpg

↑ヤモリも好きですけど、イモリもいいなあ。

210922-12.jpg

↑下から見ると、こんな感じ。使徒みたいです。

210922-13.jpg

↑またカエルに戻ります。ひょこっと顔を出してるのがなんともかわいい。

210922-14.jpg

↑カエルは中性的なキャラクターなので、男性からも女性からも愛される。だから、非常にキャラクター化されることが多いらしい。ペトっと座っています。

210922-15.jpg

↑リアルケロロだケロ。

210922-16.jpg

↑外に出ました。ちょっと見にくいですけど、フクロウです。

210922-17.jpg

↑二羽で肩を寄せ合ってました。ほのぼのするなあ。

210922-18.jpg

↑口笛はなぜ、わたしを呼んでるの。ハイジワールドに引き込まれます。ヤギシリーズ。

210922-19.jpg

↑黒ヤギです。ウンコも黒い(当たり前。)。

210922-20.jpg

↑ユキちゃんと名付けよう。

210922-22.jpg

↑ヤギ座なのでヤギには親近感があります。見てるとなんか落ち着きます。

210922-23.jpg

↑鹿です。これは大人だけど、生まれたばかりの赤ちゃんもいました。

210922-24.jpg

↑サービスの悪いイノシシ君。寝てばっかりいました。休日のサラリーマンのお父さんみたいです。

210922-25.jpg

↑アライグマ。走り回っておりました。

210922-26.jpg

↑マーラという動物。かなりの省エネ系で全く動こうとしません。30分くらいしてからきても、ポジションが変わってなかった。かなりきつめのゾーンディフェンスです。

210922-27.jpg

↑こいつらも寝てばっかりいたなあ。少しはファンサービスに熱心になれ。赤田や中島を見習って!(ライオンズネタですみません。)。

210922-28.jpg

↑ハクビシン。実は数日前、夜中に彼女と歩いていたら、電線の上を歩いてる動物がいました。最初猫かと思ったんですが、よく見ると見たことがない動物で、2人で話した結果タヌキということで結論が出たのですが、ここでハクビシンを見て確信しました。あれはハクビシンだったと。
そのハクビシンを見た夜の明け方に、友人のオグー夫妻の第1子が生まれたので、僕は本気でハクビシンが神の使いかなんかなのではないか、と思ってしまいました。

210922-29.jpg

↑ただ、この動物園にいるハクビシンも杉並で捕獲されたもの、と書いてあったので、ひょっとしたら家の周りにけっこういるのかもしれません。

210922-30.jpg

↑そう、この顔でした。タヌキにしては細いし、身のこなしも俊敏だなあと思ってたんです。ということで、今回のナンバー1はハクビシンですかねー。印象が強かったですねえ。

210922-31.jpg

↑キツネ。こら、お前ら寝てばっかやないか!

210922-32.jpg

↑こっちがタヌキです。よく見ると、全然ハクビシンとは違います。

210922-33.jpg

↑フクロウを見ると三国志のシバイを思い浮かべる。首が回転したらしいです。まあそれくらい、色んなところに目や耳を配らせてスキがなかったということから飛躍した描写でしょうけど。

210922-34.jpg

↑ゾウの花子さん。ゾウの最高齢らしい。僕が子供の頃、来たときにも花子さんだった気がします。

210922-36.jpg

↑動物園の人気者と云ったら、いつの世もゾウさんですよねー。やはりゾウの前にはたくさんの人だかりができていました。

210922-38.jpg

↑山猫。どっからどうみてもフツウの猫です…。

210922-39.jpg

↑これが井の頭動物園クオリティー。でも入園料も400円ですからね。

210922-40.jpg

↑リス園。これはなかなか楽しめた。リスが放し飼いにしてあって、リスと触れ合えるのです。

210922-41.jpg

↑リスが相当数放し飼いにしてあって、ちょこちょこ走り回ってクルミを土の中に隠したり、食べたりします。

210922-42.jpg

↑一匹、僕の膝の上に乗っかってきたのがいて、めっちゃ嬉しかった。かわいかったなあ。

210922-43.jpg

↑猿山です。クサかったです。

210922-44.jpg

↑猿は人間に振る舞いがそっくりです。これもけっこう長い間見入っちゃいました。

210922-45.jpg

↑いい感じに脱力系です。

210922-46.jpg

↑なんかぐったりしてるのもいます。人間を重ねてしまいます。

210922-47.jpg

↑猿山には、人間の社会の縮図があるような気がします。大袈裟かもしれませんが。
エサやメスを巡ってのオス同士の闘争があり、上下関係ができて、その中で生き残るためにずる賢くなる猿も出てきて。そうかと思えば純粋な親子の愛情もあるし。

210922-48.jpg

↑少しの間だけ見ていても、そこにストーリーがあるし、ドラマがあると思うんです。

210922-49.jpg

↑こういう異種の動物が仲良く共生してるっていうのも僕の好きな傾向ですね。もちろん、お互いが一緒にいて、何か利益があるのかもしれないけど、そこにこうあってほしいと、人間の都合のいい解釈で願いを込めてシャッターを切る。それもニンゲン。

210922-51.jpg

↑この鳥は色とフォルムがカッコよくて撮りました。
僕としてはライオンズファンなので、ライオンがいないなんてあり得なかったですけど、西武ドームに行けばいつでも若獅子たちに会えますから。

スポンサーサイト
  1. 2009/09/25(金) 01:54:42|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<井の頭自然文化園 private version & 結月(ゆづき)誕生 | ホーム | MIKOSHI 2009 ~ゾンビの街から愛を込めて~ & 高円寺阿波踊り 2009>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/351-aac8f259
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。