イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

愛知万博3

万博当日。昨夜の酔っ払い組は案の定寝起きが悪く、出遅れ。更に駅で切符を買うもお金が出てこないハプニングに見舞われました。しかし万博八草駅につくとリニモの登場で一同テンションが上がりました。7、8mm浮いてるそうです。
全くわからなかったですけど。確かに揺れは感じなかったです。
この日は曇りで、来場者もピーク時に比べると3分の1程度だったらしいのですが、それでも入場時は混雑しました。
さて、今回僕らには作戦がありました。それは企業パビリオンを見ないということです。一番人気のトヨタを始め、企業モノのパビリオンは待ち時間だけで日が暮れてしまうほど混み合っています。僕らが着いた頃にはすでに整理券もありませんでした。
それに雑誌を見て、企業モノは家族連れ目当てなのか子供にもわかりやすくしているため、大人からすると物足りない、と書いてあったので、外国のパビリオンに的を絞って見る事にしました。ちなみに日本のパビリオンもパスしました。だってねえ・・・日本のものはいずれ見られるだろうし企業モノもその内どこかで披露されるだろうと思うわけで、折角の万博ですから、世界を楽しもうという結論になったのです。結局、それでも回れない国がたくさんあったし。
まずはキッコロ・ゴンドラに乗り、グローバルコモン4のヨーロッパへ。僕は一番興味があったので、まずしょっぱなから行けて嬉しかった。
このゴンドラ、観覧車みたいに動くのかと思いきや、かなりハイスピードでびっくりしました。高所恐怖症にはちと厳しいかも。えらい高さを通過していきます。乗り合わせたおばさんたちとしばし談笑。
アラニス・モリセットなんかも最初の頃来て歌ったらしい、という話から、脱線してオレンジレンジとか来てるんじゃない、とかそんな話になって、おばさんたちがオレンジオレンジ来てるの?って聞いてきたんで、いや、オレンジレンジは来ないです。まあ僕たちはオレンジオレンジですけど、とか調子いい受け答えをしてました(笑)。去年はサマーソニックへ行ってそれが、今年はそのまま万博に変わったようなものなので、オレンジレンジどうこうになったったんです、確か。
まずウクライナのパビリオンに行って、いきなり綺麗な女性がいたので男性陣はウクライナ最高って云ってました。
そのあとがロシア館で、ここでは冷凍マンモスが見られて、宇宙開発から環境問題(潮力発電や鉱石の紹介。プールで太陽熱を溜めておくシステムの紹介など。)まで色んな分野紹介しててお得感のあるパビリオンでした。ロシアは確かに資源も多いし国も広いから、できることも影響力も多いんだろうな、と思います。あとロシアのキャラクターの紹介もあった。アメリカのキャラクターってなんかえげつないけど、ロシア、チェコ、ドイツあたりのキャラクターっていいセンスしてると思うんです。ただシャラポアばりの美人さんがいると思いきや、おじさんしかいなかったのが残念なくらいかな。
そのあとがリトアニアで、パビリオン自体は小さかったけれどパビリオンのデザインがえらいカッコよくてよかった。白を基調としてシンプルなんだけどビジョンがねじれてて異次元に迷い込んだような感じ。リトアニアの人は皆色白で肌が綺麗だった。
チェコは楽器がいっぱいあって、それを実際鳴らして、感じるパビリオン。国旗を配ってるのはここだけだったな。もちろんミュシャものの土産も売ってました。
UK、イギリスはすごく真面目に環境問題をやってて、僕は一人でじっくり見てたんですけど、友達からはエンタテイメント性に欠けるからか、不評でした。僕にはすごく興味のあることで、動物や植物の生態系を利用して環境システムや生活品の研究に役立てるという内容だったんです。ヤモリの手の吸着性を応用したヤモリ・テープやコウモリの超音波を使用した杖、(盲目の方のために役立つらしい。)鮫の皮膚を応用した水着、蜂の巣のような強固な建築物など。あとこれはイギリスだったかは忘れましたが、絶滅危惧種の種を地下の冷蔵庫で保管するシステムなんかがあって、それはすごくいいことだと思いました。
アイルランドは作戦勝ちな気もするんですが、壁が氷でできてて涼しいんですよ。ソリで坂を滑って遊ぶコーナーもありました。なんか土産屋さんがコスプレ喫茶っぽいのがなんだったけど。
ルーマニアは一人で行って、吹奏楽の演奏の心地よさで少し眠くなった。他の皆はスイス行ってたんですよ。スイス僕は行けなくて、少し後悔。
ベルギーは幻想的で巨大な絵のビジョンがありました。僕の好きな画家もかなり北欧、特にベルギー出身が多いので心して見ました。油絵の具はここから生まれたんですから。でも万博ですごく感じたのは行きたい国や好きな国のパビリオンが楽しいかというとそうでもないことです。逆に大して知らない国がこんな国なんだあ、って思うことの方が多かったです。実際万博行って、行きたい国ってけっこう変わった気がします。ベルギーは地味にレストランのレジのお姉さんが綺麗で友達が気に入ってました。
オーストリア、あんまり覚えてないんですが。ひょっとしたらこっちが氷だったかも(笑)。アイルランドとごっちゃになってます。モーツアルトを押してました。
ポーランドはピアノを象徴的に舞台において巨大スクリーンでこれでもかというくらいポーランドの美しい景色を紹介。ポーランドあまり知らなかったんだけど、すごく行きたくなった。めちゃくちゃ自然が綺麗で、まるでファンタジーのような景色なんですよ。岩塩でできた洞窟もありました。ポーランド人の女性はかなり、スタイルよかったです。長身で、顔なんかちっちゃくて。スタイルナンバー1でしたね。
とにかくヨーロッパは時間割いて見ました。かなり空いてて、なのに見所がたくさんあるので、おすすめ地帯です。行ってみて下さい。
次はミストを浴びながら、グローバルコモン3の方のヨーロッパへ。写真も上がったんで載せようと思ってますのでお楽しみに。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/02(火) 23:32:44|
  2. 万博|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<愛知万博4 | ホーム | 愛知万博2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/33-bda86ed8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。