イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

やれんのか!公開記者会見

12月30日(日)、新宿ステーションスクエアにて『FieLDS やれんのか!大晦日!2007 Supported by M-1 GLOBAL』(12月31日、さいたまスーパーアリーナ)のファン公開記者会見が行なわれました。
出場全選手が登場するということで、僕も仕事収めが済んで、ヒマだったので集結することに。
今年、PRIDEの地上波が打ち切られ、事実上、10年の歴史に幕を下ろしました。PRIDEを買収したロレンゾは大会を開く気配を全く見せず、ミルコ、ノゲイラ、シウバ、ショーグン、ダンヘン、ソクジュといった元PRIDEのスター選手達はUFCに移籍しました。
ところがPRIDE戦士達はどういうわけかオクタゴンで負け越し、ノゲイラと郷野くらいですね、白星を挙げているのは。ダンは惜しかったけど。中村はマリファナ疑惑で出場停止処分を受け、先日のUFCの大会には五味隆典の姿もあり、これからもPRIDEからUFCへの移籍は続きそうです。
そして、嫌なニュースが続く中、年末にまさかの大逆転でPRIDE残党組による、けじめ興行「やれんのか!」の開催が決まりました。
ヒョードル、ゼンツォフを擁するM-1 GLOBAL、K-1のFEGと大連立を組み、ヒョードル対ホンマン、三崎対秋山、青木対カルバンという豪華カードを成立させます。
しかしPRIDEファン達が歓喜したのも束の間、事実上は旧DSEにはもう体力が全くないので、大連立というと響きはいいが、立場的には対等ではなく、もっと弱いものでした。そのため、のちのちタイトルロゴの上に「FieLDS」と緑の目立つ文字が足され、TBSの地上波でメインのヒョードル戦や三崎戦の放映権まで献上することになります。
そして、最後の最後で、カルバンが靭帯断裂で出場停止という致命的な出来事が起こりました。とっても楽しみにしていた黄金カードが駄目になり、本当にがっかりしました。なんとか青木の相手は決まるものの、総合では素人に近い無名の選手。
本当に「やれんのか?」と思いつつ、結局はこのイベントの神がかったオーラに期待してしまう自分がいる。最後までドタバタしたけど、最後に生で選手達が見られて安心しました。
そして今日、大晦日。今、煽りVで使われるというユニコーンの「雪が降る町」を聴いてます。年末にぴったりのこの曲はどう使われるのかなあ。今回のメンバーで1番好きなのはクラッシャー、川尻達也。なんだかんだでボルテージ上がってきました。さあ、やるぞ!

yarennoka-01.jpg

↑寒空の下、多くのPRIDEファンが集まる新宿ステーションスクエア。

yarennoka-01-1.jpg

↑小さく見えてるのが撲殺エンジェル、ギルバート・メレンデス。僕は背が低いので潰されそうになってました。

yarennoka-02.jpg

↑石田君登場。

yarennoka-01-2.jpg

↑新青春のエスペランサー、石田君がメレンデスと向き合います。石田君、意外と人気があってびっくりしました。ここは、どっちも女の子にモテそうなベビーフェイス対決ですね。

yarennoka-01-3.jpg

↑跳関十段、青木真也。やせっぽちだけど頼れる男です。本番はどんなスパッツでくるんだろう。

yarennoka-03.jpg

↑小さくハンチング帽を被った川尻達也が写っています。

yarennoka-04.jpg

↑急に対戦相手が変わったものの、青木真也はやる気満々でした。

yarennoka-05.jpg

↑青木の後ろには、瀧本誠。ケガールムサシや弁慶との死闘は記憶に新しい。

yarennoka-05-1.jpg

↑そして、背丈もでかいが顔の面積もハンパではないチェ・ホンマン。

yarennoka-05-2.jpg

↑ヤダ!こっち見てる。ファンに「サムクナイデスカ?」と日本語で問いかける心優しき大巨人。

yarennoka-05-3.jpg

↑皇帝ヒョードルにはひときわ大きな声援が投げかけられました。時折浮かべる微笑がとてつもなくステキでありブキミです。

yarennoka-06.jpg

↑ヒョードルには「インザミソスープ」のフランク役をやってほしい。

yarennoka-07.jpg

↑左から三崎、川尻、マッハ、瀧本、青木、石田、日本人ファイター勢。

yarennoka-08.jpg

↑メレンデスがしゃべる。UKのアーティストっぽかったです。

yarennoka-12-3.jpg

↑青木は「皆さん、やれますか?」と問いかけ、ファンが「やる!」と云うと、「俺もやります!」と男気を見せた。

yarennoka-12-1.jpg

yarennoka-10.jpg

↑とても普段はおだやかで紳士なヒョードル。この日も知的に落ち着いてしゃべっていた印象があります。

yarennoka-12-2.jpg

yarennoka-12-4.jpg

↑ホンマン=高木ブー。

yarennoka-09.jpg

↑メインの2人。かなり体格差があり、心配になりました。皇帝はすごく相手を研究し、準備をしてくる印象がありますが、今回はあまり準備期間がなかったはず。それはホンマンも同じですが、どう戦うのか、勝敗以外にも注目する点がたくさんあるカードです。

yarennoka-11.jpg

↑「柔道最高!」の勘違いファッション。Mr.KY王者にはブーイングが浴びせられます。

yarennoka-12.jpg

↑相対する三崎和雄には大きな声援が飛ぶ。しかし秋山の強さは本物です。2人の王者が交わります。三崎は強さに疑問が残るが、しぶとくしつこい王者、秋山はフェイクを使ったが強さは紛れもなく王者クラス。皮肉にも今年を代表する1文字は「偽」。本物の王者を決める1戦になるでしょう。生き物としての強さはどちらにあるのか?目が離せない1戦です。

yarennoka-12-5.jpg

↑さあ、やれんのか!
スポンサーサイト
  1. 2007/12/31(月) 16:50:09|
  2. 格闘技|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<スーパーバースデー&グレートクリスマス、かくれ ART WORK | ホーム | Merry Christmas 2007>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/299-06e5281c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。