イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新年会 in PINK BIG PIG

●1月2日夜、新宿は歌舞伎町にある、PINK BIG PIGにて、新年会をしました。
メンバーはワタクシ秋山亜軌とS.T.O、ナナ(ワサワサベイビー)、オグー、ナオちゃんの5人。
渋谷トナカイの核となるメンバー、シンちゃん、フィジー、ヨシノ、なっちゃんらは実家に帰っていたので、これを渋トナの正規の新年会とみなすのには反論の声もありますが、裏メンバー、裏新年会、そう呼ばれるのも大いに歓迎じゃない、ということで、僕はしてやったりの気持ちでした。
基本的に僕の大好物のメンバーですからね。
この日、他にも誘った人が2名いたのですが、1人は猫、1人は犬の世話で断られるという変な日でした。
このお店はですね、前払い制で、バーテンのように正装したスタッフの方がDJやピアノ演奏などを披露してくれます。あと食事はバイキング。大きなフロアがあれば、カラオケ付きの個室もあり、ダーツやメダルゲームもあり、カップルでくるもよし、大勢でパーティーを開くもよしで、なかなか面白いお店でした。怪しげな廊下も異空間て感じで楽しい。雰囲気は好き嫌い別れそうだけど、僕はこの下品でエロティックな世界観、いいアイデアが浮かびそうで好きでした。紙一重な感じがどうにもたまらない。
なにより空いてたのがよかった。ほぼ貸しきり状態だったし。僕がホットペッパーの券をプリントアウトしていって、飲み放題、食べ放題の2時間制にしました。手に透明の印を押してもらうと(ブラックライトにのみ映し出される特殊な仕組み。)飲み放題の証明になるっていう演出もよかったね。

20070103210532.jpg

しばし、このお店で、それぞれ思い思いの食事を取って、新年の顔合わせを含め、年越しトークしました。オグーとナナは初顔合わせだったのですが、特に緊張する様子は無かったのでよかったです。オグーは年下のナナに、姉さん姉さんといい、扱い方を履き違えた感じでした(笑)。ナナはナナでオグーの名前を聞き間違えて「フグ」と呼んでました。この日もナナの食欲はすごかった。ギャルソネを目指してるらしい。やたら「食べ過ぎたー。」を繰り返してました。
しかし、オグーとナオちゃんが加わると、雰囲気がソフトになりますね。彼らは優しい。ヨシノやフィジーといったいじりがいのあるキャラがいなかったのも大きいけれど、いつもはいじられてばっかりのS.T.Oもこの日は丁重に扱われて悪い気はしなかったのではないでしょうか。それにしても、あいつの何でも幹事まかせなのがどうにも気にくわん。呼んでほしいという割りに来ると全くしゃべらないし。
新年の映画の話でナナが「大奥」を見たいと云ったのは笑った。僕らが硫黄島と鉄コン筋で意見が割れてたところで、えー、そこかい!っていうセレクト。ナナは面白いなあ。
一通り食事を終えると、ダーツコーナーへ。カクテル片手におしゃれにダーツ。いいね、大好きだ。僕とナナ、ナオちゃんチーム対オグー、S.T.Oチームの対抗戦。特に上手い人はいなかったので、いい勝負になりました。ナナは届かなくて女の子っていう感じでした。ナオちゃんはとなりの空いたスペースでひたすら練習してました。ナオちゃんてけっこう美濃輪タイプで(笑)自分の世界感を描ける人。かなり直感的な感じがする。練習しながら、うん、これだ、とかって自分自身のフォームを確認するように納得するように1人で黙々と投げ込んでた。僕には1回目と2回目の投げ方のどこに違いがあるのかわからないけど、彼女の頭の中にははっきりと完成形のイメージがあるんだろうな。
オグーは変に狙ってないのがいいのか、好成績だった。S.T.Oもオグーに師匠お願いします、とかって持ち上げられて楽しそうでした。カブトガニみたいなえりあししやがって。
ダーツを何回戦かしてあっという間に2時間が過ぎました。オグーとS.T.Oは出る5分前になってハヤシライスよそってきて食べてました。小デブコンビ。
その後、ボーリングしようと思ったのですが、どこも新年で混んでいて45分待ち。なので新年会らしくカラオケへ。ナオちゃんのナイス交渉で相当安いコースでいい部屋になりました。
このメンバーでカラオケやるとどうなるのかな、と思いましたけど、技術戦の正統派カラオケになりました。採点モードでやったのもあるんだけど、一人一人ちゃんと歌って皆が耳を傾けるという、ありそうでなかなかない感じになりました。誰かが歌ってる時にしゃべってる人がいなかったし。歌い終わると自然に皆が感想を云いあうという。あまりないですよね(笑)。
ナオちゃんとカラオケ行くのは初めてだったんですけど、いい意味で予想外だった。しゃべってる声より歌声は高音まで出るし、上手いんですよ。たぶんラジオで聞いただけの曲を覚えて歌ってると思うんだけど(J-WAVEでプッシュしてる曲が多かった。よって僕もナオちゃんの選曲はどれも口ずさめた。)、オリジナルの音程をできるだけ忠実に再現してた。かなり音程がいいんだと思う。で、やっぱりここでもナオちゃんには直感のようなものを感じた。どこでも自分の世界に入れて、それを外に見せていく力があると思う。本人は気に入ってなかったみたいだけどチャットモンチーの「シャングリラ」はよかった。この曲自体好きだけど、彼女の声にハマってたと思う。シーモの曲も女の子が歌うとまた違った感じになって面白かった。B系ナオコかっこよかった。可能性を感じたよ。
安定感はナナが1番かな。ミーシャや宇多田とか難しいものにチャレンジしてたけど、完全に歌いきれてた。ぶれがない。相変わらず上手いなあ。テクニックと安定感はピカイチですね。
それでも、この日、1番の高得点を叩き出したのはオグーのなごり雪でした。92点だったかな。この曲では皆で揺れながら一緒に口ずさんでいたっけ。確かにこの日1番皆が一体になった曲でしたね。オグーの朴訥なキャラにも非常に合ってて、いい雰囲気でした。オグーは冬にちなんだ曲をたくさん歌ってた。自信のないオグーを皆が「歌えてるよ!」と励ます暖かい場面が何度もありました。
S.T.Oはなんかガツガツした曲ばっかり選んでましたね。臨戦態勢みたいな曲ばっかり。イエモンのスパークに始まり、リアルフェイスにピンクスパイダー、エグザイルとグレイのスクリーム、世界はそれを愛と呼ぶんだぜ、というセットリスト。きっと精神は猪突猛進なんだろうな。でもそのわりに歌は覇気がなくて、そのギャップに笑った。イキたいけどイケないみたいな感じ。あいつはあいつでもがいています。世界はそれを愛と呼ぶんだぜは僕がS.T.Oにリクエストしたんですよ。僕的にこの曲を歌うS.T.Oが1番リアルフェイスなんですね(笑)。モンスター合コンで初披露した時から似合うなあ、と思ってたんですよ。今年だけで4回くらいあいつの、世界はそれを愛と呼ぶんだぜを聴いてる気がします。本元のサンボマスターより聴いてるよ(笑)。いつも「愛と平和!」って歌うS.T.Oに爆笑します。あの寒々しさには狂気すら感じる。
僕は箒星で巻き返しを図るも90点止まりでした。今回は幅のある選曲ができてよかった。ミスチル、吉井和哉、バンプ、スピッツと好きな曲一通り歌えたし。楽しかったです。ちょっと正統派すぎたかな。次はなごり雪越え目指したいです。
ラストはスピッツメドレーを皆で歌いました。この日の穏やかな雰囲気を象徴するようなラストでしたね。
僕は終電に7分前に滑り込んで帰りました。反省点は終始、和やかすぎて爆発力にかけたこと。それが西武ライン組のよさでもあるんだけど、どっかにピークを持っていきたかったというのがありましたね。次はどかーんと行きたいです。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/03(水) 21:17:01|
  2. フレンドシップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<スーパーエッシャー展 | ホーム | 生誕100年記念ダリ回顧展>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/238-8cc37828
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。