イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

祭りのあと

-僕が生まれた季節の向こう側、ひまわりが並んでお辞儀する。祭ばやしが聞こえたら、目を閉じて、思考なんか捨て、ただステップ踏んで歩き出す。灼熱の日差しと流れる汗で何もかも見えなくなって、存在だけが浮き彫りになる。アイボリーの浴衣、蝉の抜け殻、スイカの種、風鈴の音(ね)、饒舌な闇はまぶたの裏に様々な景色を投影している。-

P1000289.jpg

えー、猿島のレポを書こうと思っていたのですが、時間に恵まれず、一週間も経ってしまいました。それでも日々は続いていきます。毎日色々変化があって、書きたいことが増えてしまいます。
これも殺人的スケジュールをかいくぐって書いています。順序は違うけど、今日の出来事を先に書いてしまおうかな。
今日は訳あってお祭りでみこしを担ぎました。お仕事の関係で担がざるを得なくなってしまったのです。元来お祭りごとは大好きな僕ですが、ふんどしをつけなくてはいけなかったので、その点ですごく気持ちが萎えて、欝だなあ、と思っていました。
大体、ふんどしなんかつけたことがないし、先輩につけてもらうのかあ、なんてことを想像するとイヤだなあって。友達とならいいですけど、知らない人もいっぱいいるしねえ。大事なところぶちまけるほど仲良くないしねえ。しかもそれで街をねり歩くわけで恥ずかしいことこの上ないなあって。一番イヤなのは休日がつぶれる上に体力を余計に消耗することでした。次の日の仕事を考えると全くテンションが上がらなかったですね。
なんてつらつらとイヤなことを上げればキリがなかったんですけど、当日になって吹っ切れた。
とりあえず、どうせ休日がつぶれるんなら楽しまなきゃ損じゃん、て開き直りました。ザッツポジティブシンキング!
英会話教室のあとで、高田馬場の10分カットで髪を短くして、駅のトイレでセットし、少しでも自分のモチベーションを高い所へ押し上げようとした。
1時間前に目的地へ到着するとカフェインを摂って、神経を昂ぶらせ、友達にケータイで場所と開始時間を知らせ、逃げ場をなくした。
ふんどしをケツ丸出しで先輩にしめてもらうと、もう、やるしかねえ、と心の中のあきらめの声。
はっぴとだぼ、足袋で身を纏い、外に飛び出し、みこしの前に集合。新入りは先頭をきってかつがされる。清酒をぐっと飲んで、いざ祭りの始まり。
そいや!おい!などと叫びながらみこしを担ぎ、街をねり歩いていくと、不思議と自分の中のタガが外れて、何かがはじけました。
見物客やテレビのクルーもいて、士気が上がった。見物客には仕事関係で知っている方の姿もあって勇気づけられた。すごくこの街が自分にとってのホームだと感じました。最初は滅茶苦茶アウェーだと思っていたけど、少しだけスポーツ選手が自国開催の大会でいい成果が出せるのがわかった気がする。あとから友達も駆けつけてきてくれて、すごい人の波だったのに意外とすぐに見つけることができました。今回の写真は友達がとってくれたものです。一週目を担ぎ終わって、休憩ポイントにつくと友達の前でふんどしをたくしあげられるくらい、恥ずかしさは消えていました。そこではおにぎり、スイカ、ビールなどが用意されていて、体力を補給すると、再びみこしの周りに集まり、次のラウンドへゴー。

P1000293.jpg

僕は背が低いのでかなりまわりとミスマッチになり、背伸び気味でかつぐので、ひふく筋のあたりがひくひくしてきました。みこしの木が、打撃系気味にぶつかり、こすれて、肩が赤く腫れ上がってきた。
結局祭りは3時間続き、僕はその間、声を上げ、みこしを担ぎ続けました。最初はいかにして、消耗を減らすか、そればかり考えていたけど後半は楽しくなってきてしまって、全力を尽くしました。心地のいい汗を流し、声を出すことの気持ちよさを学びました。時々吹く風がまた気持ちいい。
感動のフィナーレを迎えると、それを待っていたかのように、細かい針のような雨。寿司とビールをその場で頂き、その後、店に流れてしゃぶしゃぶ打ち上げという流れにあいなりました。最後は周りの人が優しかった。スタッフ全員にみこしに入るよう薦めてくれた。とても嬉しくて、見た目はいかつくてぶっきらぼうだけど、心の優しい人たちだと思いました。
結局この日は掃除などもあり、帰りが22時半ととても遅くなりました。全身が筋肉痛になり、特に肩にガタがきていますが、なんだか、色んなものが捨てられた気がします。体にたまった老廃物が全部抜け出て行ったし、つまんないプライドも捨てられた気がする。
なんだか充実したな。でもサマソニに行ったくらいの消耗ですよ。ほんとに祭りは思った以上にハードでした。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/28(月) 01:34:08|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<猿島旅行その1 | ホーム | サマータイム・バケーション4デイズ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/205-18c32af1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。