イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

映画三昧

最近は仕事ばっかりで、今のうちどばっと稼いでおこうなんて思ってます。就活するための資金ですね。それで今の仕事、はっきり金稼ぎって割り切ってやってるんですが、よかったのは地図の見方に詳しくなったことと、毎日初めて会った人と仕事するってことです。僕、土地感、全然なくて方向音痴なんですよ。どこがどの道路かとか少しもわからなかったんですけど、かなり詳しくなりました。毎日行く場所が違うんですよ。それで地図見ながら通勤の日々なんで、否応なしに詳しくなります。あと初めて顔合わせた人との仕事になるので、自分がこういう人間ですってことをあらかじめ短い時間で相手に伝えておく必要があって、それで割とストレートな感情表現をするように自然となっていくんですね。それがよかった。やっぱり必要にならないと人間の力って引き出されないもんですね。まあそんなこんなでしんどいけど、けっこう楽しくやってます。この前イーストウッド監督の「ミスティックリバー」を見ました。最近ショーンペンものをよく見ます。友達がショーンペンはいいよって言うのもあって。アイアムサムも見たし、デッドマンウォーキングも見たんですけど、確かにいい演技しますね。ちょっと悪そうでダメな男をやらせたら右に出るものはいないくらいハマります。震えたり、発狂したり、呟いたり、男の情けなさをこの人がやるとかっこいい。俳優の演技だけでもっちゃってる映画ってあると思うんですよ。二時間から二時間半俳優の演技だけで魅せるっていうのは非常に難しいと思うんですけど、それができる数少ない俳優ですね。デッドマンウォーキングなんかはストーリーがすごくシンプルなんだけど、ショーンペンの演技でずっと惹きつけられる。あとはキャストアウェイのトムハンクスもすごいですけどね。他にはジョニーデップ、ジョディーフォスター、あたりがその役者の演技だけで充分楽しめると思います。話がズレたんですけど、ミスティックリバーは主演三人が皆、それぞれ死刑囚のヒット作を持っているというすごいキャスティングです。ショーンペンはデッドマンウォーキング(制作はティムロビンス!)、ティムロビンスはショーシャンクの空に、ケビンベーコンは告発、ちなみに監督のイーストウッドもアルカトラズからの脱出があります。ようは刑務所のプロフェッショナル(笑)たちの映画です。それで感想なんですけど、やるせねーっていう映画です。でもイーストウッドの作品て、骨格がしっかりしてるんですよ。もう長いですからね。最近の映画みたいに無理やりなどんでん返しとかしないから、意外性は無いものの、すごくリアルで、じっくり見られる良質な作品に仕上がっています。最近はこういうしっかりした映画作りができる人がめっきり減ってしまったなあ。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/17(火) 18:33:51|
  2. 映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<自転車 | ホーム | 出張>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/20-729644d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。