イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

きみに読む物語&ドラムライン

最近見た映画の感想です。



「きみに読む物語」。一人で見たんですけど、この映画すごく感動しました。愛に満ちた映画です。こう一人の人をずっと思い続けるって素敵ですよね。運命のいたずらが愛し合う2人を何度も引き離すけれど、結局好き同士最後はくっつかずにはいられないというか、そこからは目を背けられない。「ビッグフィッシュ」が好きな人なら泣けると思います。ラストは最高の愛の形というか在り方を見た感じ。誰もが好きな人を思う時、一度はそれを考えるんじゃないかな、っていう光景を映画だからこそのフィクションで見せてくれた。
若い頃の恋を振り返る形式だけど、同時進行で年老いた2人の愛がリアルタイムで動いている。だから決して軽い楽しい部分だけではなく重たいテーマをも突きつけている。個人の恋愛というものでありながらこの映画はもっとスケールの大きな愛を描いているような気がします。
愛は幻想だとか信じないっていう人にはぜひ見てほしい。おとぎ話の1つでも信じてみたら素敵と思えるかもしれないですよ。



「ドラムライン」。この映画はかっこいい映画ですよ。特にドラムのパフォーマンスだけでも見る価値有り。ドラムのバトルシーンは圧巻です。音もかっこいいし、こういう映画は映画館で見たら映えそうですねえ。チクショー。ただ太鼓叩いてるだけで何でこんなかっこいいんだろ。僕が入ってた和太鼓同交会とは天と地の差だよ(笑)。

映画以外では、海外ドラマの「トゥルー・コーリング」にハマってます。死者の声を聞いて、命を助けるために一日をやり直す女性が主人公のドラマ。海外ドラマは話や設定が穴だらけなのですが、このドラマはすごく良くできています。ひきつけられるテンポのいいストーリーに愛着の持てるキャラクターたち。24なんかよりずっといいですよ。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/08(火) 01:34:49|
  2. 映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<亀田戦とHERO`S | ホーム | 格闘技トピックス>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/199-87989f1d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。