イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

K-1 WORLD MAX2006

今更ですが、先週の格闘技の話をします。格闘技のレポはちょっと時間が経った方が冷静に判断して書ける気がします。見終わった直後は興奮しすぎてるからね。
K-1 WORLD MAX2006から。なかなか試合内容よかったんじゃないでしょうか。
マサト、コヒ戦も思ったより実力が拮抗してたし、全体的にダウンの取り合い、スピードがあり、どこをとってもK-1らしい好カードになりましたね。
新参のカラコダ、ドラゴも大きく躍進したのが印象的でした。そしてサワー、やっぱりグランプリ制しただけあって強かったですね。昨年の優勝はマグレかと思ったのですが、そうでもなかった。なんか地味だから強い気がしないけど、よく見るとコンビネーション、タフさはなかなかのもの。あのダサいスパッツもローのダメージのカモフラージュになっているわけだ。少し見直した。マサトからダウンとるとは思わなかった。正直あそこが一番の番狂わせだった。
佐藤優勝かもってこないだ云ったけど、そうでなければ、ブアカーオかマサトっていう予想だったので、サワーが決勝まで残るとは思ってなかったです。
まあ、なんといってもブアカーオの強さが一番強烈だったトーナメントでした。ルール改正に見事に適応しましたね。シュルトとの違いを見せつけたね。そしてヒョードルのようなクレーバーな一面も見せました。前回カラコダ戦や、ここ最近の戦績を見るとブアカーオを少し不安に思っていたけど、全ては新たな武器、パンチを隠していたと考えると納得いきます。今回のトーナメント、誰もがブアカーオを警戒しつつも、誰もブアカーオのパンチには警戒してなかったと思いますから。
しかも特にパンチのトレーナーを雇うでもなく習得したらしいから、たいしたもんだね。まだまだ若いし、ブアカーオは長い間トップに君臨するんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/06(木) 00:31:16|
  2. 格闘技|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<PRIDE 2ND ROUND | ホーム | 箒星>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/185-4f470099
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。