イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

箒星

ミスチルの新曲「箒星」がリリースされました。ポップのど真ん中をいくような、堂々たるポップソングに仕上がってますね。今の季節にもぴったりだ。七夕の雰囲気を盛り上げてくれる一曲となるでしょう。
今何回もリピートしてます。
残念なのは、最近のミスチルのシングルはちょっと全体の構成がシンプルすぎやしないか、と思うところ。サビは確かにこれでもかというくらい凝ってるし、心を一瞬で捕らえるくらいキャッチー。「四次元」くらいから、この手の曲が多くなってきた気がする。CMのタイアップにあわせて作るからサビ命になりがちなのかな。Cメロがないのが大きい。ミスチルの得意技といえば、大サビに突っ込む前にCメロで一呼吸おいて、感動の大サビっていう黄金パターンがあるので、そういう曲がほしいな。あと前アルバムには無かった「ニシエヒガシエ」「掌」みたいな混沌とした曲も出してほしい。セールス的にはイマイチかもしれないけどね。今回はセールス面ではかなり期待できそうですね。
2曲目の「ほころび」はすごく涙腺を刺激するメロディーだし、「kind of love」に入っててもおかしくないくらい、初期っぽい。改めて桜井さんのシンガーソングライターとしての才能を垣間見るようないい曲ですね。これはたぶん次のアルバムにも入りそうな気がする。詩のせいか「口笛」とか「つよがり」の兄弟分みたいな気もした。
3曲目の「my sweet heart」は「ヴァーサス」に入ってそうな、ちょっと危なくてセクシーな曲ですね。スガシカオの影響も感じる。
とりあえず、この3曲の幅の広さから次作には期待できるでしょう。
ちょっと最近の桜井さんの詩があまり冴えてないので、詩にも力入れてほしい気がする。いい詩もあるんだけど、ちょっと物足りない感じもあり心配。今までが凄過ぎただけにね。3曲通すと、最近少なくなってたコーラスワークなんかはだいぶ増えてるし、今回のシングルは器用にまとめてきた感じですね。驚きは無いけど、これぞミスチルっていうシングルになってる印象です。
僕的には「to U」のリリースの方が「箒星」のリリースより楽しみにしてます。実は。

スポンサーサイト
  1. 2006/07/05(水) 02:10:22|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<K-1 WORLD MAX2006 | ホーム | まとめて映画の感想2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/184-6c4c5e6d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。