イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

スペイン バル[バル デ カンテ]

bardecante.jpg

先に云ってしまうと今回のお話は、仲間内にしかわからない話になっております。ここ何日か全く更新してないのに、人がぶわあって増えて嬉しい矢先、身内トークをするのはもったいない気もするのですが、書いちゃいます。
皆のアイドル、ワサワサベイビー投入で、ちょっと落ち目だった渋谷トナカイ(僕の仲間内の総称)が潤いました。
やっぱり彼女の存在感はすごい。爆弾というかなんというか。僕の友達っていうのがわけわかんないすよね。後にも先にもギャルの友達は彼女だけでしょう。
そこに来て我ら渋トナの紅一点、六本木の小悪魔もワサワサベイビー相手に一歩も引かない展開で、結局僕らがそれだけは避けたかったガールズトーク(女同士で華やかに輝いてトークすること。)の方向に持っていかれてしまった。
この社交的な2人、案外お似合いかもと思ってしまいました。
男は下ネタでシダ植物のようにしか盛り上がれないのでしょうか。
さて、その日は僕が久しぶりに企画した飲み会でした。前から吉祥寺にスペイン料理屋ができる過程を見ていたので、できたら、ぜひここで、と決めていたのです。ワサワサとも会う約束をしていたし、オープンが二日前くらいだったのもあり、これは運命だと思った。その前日にはプラド美術館に行ったし、確信的ではありますが流れができたと思った。語呂合わせみたいな人生です。でき上がってみるとさほど目玉があるわけではなかったのですが、できていく過程をみると愛着が生まれるのは当然で、故に広報活動を今回はかなりがんばった。そのわりにはスベった。及第点はいっていると友は云ってくれましたが。期待してたスペイン料理よりも、そのあと何の狙いもなく、流れで向ったシダックスのカラオケの方が盛り上がったのは不覚でした。
ワサワサは選曲にはあまり惹かれないが、歌がうまいのです。またノラせ上手。その辺がマツキヨキラーたる所以なのか。すごく男カラオケ(シャウト系)についてこれてましたね。女の子のノリではついてこられないしヒカれるので僕らもやらないのですが、ワサワサはその辺エンターテイナーなのでうまいんですよ。ワサワサミーツエアーバンドでオーバードライブ歌った時なんて、すごく僕ら19才(じゅうくさいと読む。)に戻った感じでした。久しぶりにキラキラしてたよ、渋トナ。ラストの鈴木あみメドレーも面白かったす。歌は原型をなくしてました。そりゃ、僕もお別れのときに陣形組まずにいられないって話で。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/02(火) 03:33:34|
  2. フレンドシップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<荻窪ユアボール | ホーム | 上野デート 「絵のある街」 「U2」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/151-d1405b70
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。