イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

インド人になりたい。

朝からキムタクが元気で鬱です。あいつに閉じてる自分なんてあるのか。ちなみに閉じっぱの秋山です。
プライベートは語るに無残聞くに無残なので、僕はまたフィクションの世界に行きます。どこか誰も僕のこと知らない人だけの世界へ逃げ出したいですよ。なんてね。無理無理。わかってるんだから。でも心の中には大きな空を持ってるよ。
カレーライスがおいしいな。二日目がやばいな。みうらじゅんとかぶるのですが、僕は生まれ変わったらインド人になりたいのです。ガンジス川は全てを集約しているような気がする。混沌としたものを全て受け入れてくれる象徴のようなもので、深夜特急と万博を経て、一気に心の中のインドへの渇望が大きくなった気がする。インドの食べ物も女性も神様も全部好き。
人間てのはきれいなモノだけじゃ生きていけないっす。バランスを取るようにカオスが存在する。その一方でそれらパラドックスを全て許してくれるような存在を欲している。
免罪符って、すごく都合のいいものだけれどそれを高い金出して買おうとした人達の気持ちもわからなくもない。誰だってその存在を許してほしい。天国へ行きたい。キラキラしたものが見たい。
神様っているのかね。本当に僕らを見守ってくれているのかね。
もし、いるとしたら僕は説教する人でも、犠牲愛を示す人でもなく、もっとちゃらんぽらんで自分勝手な神様を神様だと信じたい。えこひいきしたって差別してくれたって構わない。完璧な神様なんて嘘っぽい。ばらばらなものが一つのお皿にぶちまけられてる。その方が僕にとってはリアルだよ。皆さんの神は誰ですか。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/21(金) 03:10:40|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<生誕120年藤田嗣治展―パリを魅了した異邦人― | ホーム | 印刷会社って素晴らしい。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/145-a33ed5f9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。