イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

スプリング・アレルギー

どんなゲームのテレポーテーションより、マザー2のテレポーテーションが好き。一番合理的な気がするし、昔はテレポーテーションの練習してよく壁にぶつかりもしたよ。秋山です。
春ですね。僕は花粉症になる代わりに、春になると体のあちこちが痒くなる。花粉症というのはアレルギー症状なわけだから、これもある種の花粉症と云えるかもしれない。鼻ずるずるだけが花粉症ではないということなんでしょうか。
春は大好きな季節なのにアレルギーだなんて悲しい。好き過ぎて憎いみたいなことが男女の間にはあるけれど、それと同じことか。(例えべたやなあ。)
アレルギーっていうと、去年あった外国のニュースを思い出します。ある一人の少女が亡くなったんですね。
で、その理由がとてもせつなかった。その少女はボーイフレンドとキスをした後に亡くなったんですね。少女はピーナッツアレルギーだったんですよ。ボーイフレンドが数時間前にピーナッツバターを塗ったパンを食べてて、それがキスによって間接的にアレルギーを引き起こしてしまった。
嘘みたいな本当にあった話なんですよ。
とっても幸せな行為が一番大切なものを奪ってしまったっていうのが、なんかすごくせつなくて。その記事では書かれていなかったけど、その後、男の子はどうしたんだろう。どのみちひどい後悔と傷を背負って生きていくことになると思いますけど。
春は旅立ちでもあり別れの季節でもあります。桜が地面いっぱい真っ白に染め変えて、新しさを主張する。でもそれは同時に過去のリセットをも示唆する。だから清らかで残酷な季節。思春期は春を思う季節と書きます。青春は、夏でも秋でも冬でもない。春なんです。
僕もよく「永遠」という言葉を女性の前で口にしてきました。昨日も云ったように、そんな恥ずかしいこと云えちゃう、若かりし自分を卑下したくはありません。きっとその時は大マジで云ってたし。
でも、優しさこそが実は裏切られた時、一番残酷だったりする。映画では裏切ってハッピーになった方の話はあっても、裏切られた方の話を描くことは少ない。グログロやドロドロはきっとネガティブすぎるし、ストーリーとしても歯切れの悪いものになってしまうだろう。お話にもなりにくい。でも、裏ではその影の主役とでも言うべき、キャラクターの怨念が渦巻いてるわけですよ。そういう青春を「ジョゼと虎と魚たち」はとても上手く表現してたな。興味があったらぜひどうぞ。

今年の花見では昔みたいにハーモニカ持参しようかな。僕、スナフキンて呼ばれてましたから。でもアイツ浮浪者なんだよね。ニートのパイオニアなんだよね。旅人って言えば顔が立つけどさ。ビミョーだよな。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/18(土) 03:44:44|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ビッグフィッシュ | ホーム | 10th アニバーサリー>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/130-8d4c7779
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。