イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Sammy Presents HERO’S 2006

HERO’S見ました。
うーん、なんかイマイチでした。そこそこ楽しめたんだけど、判定が多くて不完全燃焼に終わった。まあ今年第一弾だし、前哨戦としてはまあ、こんなもんか、って感じだけど。
ただ、須藤にしても、宇野にしても、極め切れなかったとはいえ、随所にキラリと光るものはあったね。相手が強かったのもあったと思う。並の選手なら極まってるような技がいくつも見られたから。
須藤はやっぱり面白いね。よくあんな敗北をしたあとで、あれで出てこられるなと思った(笑)。前にも増して奇抜になってた。まあ、あれで地味になったらどうしようって思ったけど。とりあえず入場だけでつかみはOKですね。サクと須藤だけは入場から見ちゃいます。カンフー服なかなかおしゃれでした。相手がゴキブリのようにしぶとかったね。
宇野は、よかったんですけど、打撃より寝技の芸術性が見たかったな、僕としては。ここは相手も相当強かったから仕方ないかなって感じ。
所は意外な一面を見せてくれた。相手のいいところを出す時間を与えずに速攻で決めた。あの朴訥な青年が非情な一面を見せた。彼はいいですよ。相手のレベルに合わせちゃうような甘さはファイターには要りません。彼はメインであることを忘れ、エンターテイメントより勝利を真っ先に選んだ。そこがすごい。エライ。がんばれ。前田日明にだけはとても従順な所も犬顔とあいまってかわいがられる要素なのだろう。
ただ、あのTBSの盛り下がる古臭い実況と編集だけはなんとかならないものか。もっと興奮させる、或いは本人が興奮してるやつを呼んで下さい。三宅アナや紀香嬢を見習ってください。TBSは金曜ドラマのCMスポットはあんなに作り込んだいい物ができるのに、なぜこれはできないんだろう。お笑い番組もヘタだし。

話し変わるけど、ウルフルズのアルバムが本気でほしい。最近の彼らは絶好調だ。男心をくすぐるいい曲書くよねえ。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/16(木) 02:01:59|
  2. 格闘技|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<10th アニバーサリー | ホーム | ホワイトデー>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/128-8739e4aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。