イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

青春のド真ん中

最近テンポいいでしょ。マイブログ。えへへ、ちゃっかり毎日更新してるし。もっと疾走感あふれる、小気味いいタッチの文章が書けるといいですね。
僕の目指してる人はリリー・フランキーみたいな人。小さい時はそういう理想の大人のモデルっていなくって、画家の中でこういう人になれたらってことを考えてた気がするんですけど、表現の出力全般やりたいんですよ。形態にはあまりこだわってない。絵も文章も特に線引きしてないし、交じり合ってる。そこに音楽が入ったっていいし、結局は僕っていう出力機関を通して出てくるわけだから。
この前トップランナー(だっけか?)にリリーさんが出ててすごく共感したんだけど、肩書きじゃなくてそこで何がしたいか、だと思うんですね。
有名な大学に受かったって云ってもね。そこでゴールじゃないのに、日本だとそれだけですげえとか云うじゃないですか。デザイナーとかそういう横文字の肩書きに弱かったりね。正直気持ち悪い。それになって何を自分がしたいか、だと思うんですよ。でもお受験も就職もゴールがすり変わって、名前だけのものに収まってしまってる。ただね、やりたいことばっかりやって金を生み出せなきゃ、それはそれで、いくら正しいこと云ってても、クズって云われちゃうんですよ。それは仕方ないけどそういうものなの。結果を出さないと信用を失うっていう場面には僕もかなりでくわしてる方です。
だから「東京タワー」が当たってリリーさんは本当によかったなと思ってるんですけど。
こうブログ書いてて思うのは、僕の周りには僕ほど自己主張に飢えてる人はいないってことです。ITの時代とか云ってもね。まわりにウェブサイトとかブログとかやってる人って、そういないですよね。やってる人でもこんなに続かない。いいものか、悪いものか、裏か、表か、それはわからないですよ。でもこれは誇れる才能かもしれないな、と思ってるところですね。仕事でもアイデアしぼり出して、帰ってきてこれだけ吐き出し続けられるっていうことはね。
あまり、この年になると自分に対して過大評価というのはしなくなります。あとで傷付くのが怖いから。
でもドキドキするような高揚感も捨てられない。それも同時に体が覚えているから。稚拙だったり青臭かったり、そういう部分が核に残ってて僕の作るものって全てどこかアマっぽいんだけど、雑草のまんま伸び続けるのもありかもなと思ってます。
あ、そうだ。西武新宿線のいいところを探し出そうとしてるんです。最近。僕西武新宿線の沿線に住んでるんですが、友人に西武線のいちゃもんばかりつけられてカッカ来てるんで。で、ネットで調べてみたらこれまたひどい文句ばっかですよ。駅のネーミングセンスがダサいとか、(村上春樹も都立家政に対してそう云ってるらしい。)寂れてるとか、マイナーだとか、満員電車に、開かずの踏み切りに、回転が悪いだとか、とにかくいいところ一つも書いてないの。ちなみに電車にスカートっていう小石を弾くものが付いてるじゃないですか。あれは田無の電車事故が原因で付ける事が義務付けられたそうですよ。あとぎゅうぎゅうの満員電車で「つめてくれ」と云ったら刺された事件があったのも西武新宿線らしい。ひどい話だ。
僕は西武新宿線のレトロな感じが嫌いではないのでイメージ向上推進のため、何ができるか考えてます。とりあえず西武新宿線のいいところがあったら教えてください。募集します。くるりに対抗して「黄色い電車」という歌を作ったとか、そんなんでもいいです(笑)。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/18(土) 04:04:44|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<デビッド&リサ | ホーム | 今年のイキたい美術展>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/114-7d54e07f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。