イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド

最近、通勤の行き帰り、寝る前なんかは友達から借りた、村上春樹の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」という、やたら長たらしいタイトルの小説を読んでます。私、秋山です。
えーと、僕は村上だと龍派でして、春樹はずっと食わず嫌いしてたわけです。っていうか、いつも思うんだけど、春樹のイントロダクション(物語の導入部)ってなんかすごく僕にとってはダレるんですよ。友達は全然OKって云うから、人によるのかもしれないんだけど。それで、いつもは途中で読むの断念しちゃうんです。
今回のは珍しく読み進んでいて、最近は、ああ普通に面白い、イントロがちゃんと生きてくるんだ、って思いました。最初、全く関係なさそうな話が別々に進んでいって、え?何、これほんと繋がるの?意味わかんない!とか思ってたんだけど、けっこう巧みにリンクしてきて、やっと面白さがわかってきた。すごく春樹の文章って穏やかですよね。それも苦手要素だったんだけど、免疫ついてきたのかな。ところどころで上手さを感じる。それもひけらかし的なテクニックとは違って岩の奥からにじみ出てくる泉のように奥が深い上手さ。文章の中にいくつも層を持っているような伏線を張った立体的なストーリー。すごく作者の想像が細かいところまで行き届いているんだな、と思います。
小説は特に素人とプロの腕の違いってはっきり出るなと思っていて、例えば一発どかーんと賞もらった人とかライトノベル書いてる人の小説と、プロで何年もやってる人の小説比べると、ものすごい文章力の差を感じる。最初あまり興味の持てない話でも、次第に読者を吸い付ける文章の力っていうのをプロは持ってますよね。すごいな、と思う。
まだ、上巻の半分くらいしか読んでないけど、これは面白くなっていきそう。落ち着きたい時とか自分だけの世界に没頭したい時とか読むととてもトランスできていい感じ。そう、本読むと別の世界に入り込めるような感覚が持てるの、忘れてましたよ。この感覚いいな。まさか春樹に気が付かされるとはなあ。
ところで仕事にも少しずつ光明が見出せそうな感じになってきました。一個目の関門はとりあえずクリアできたかな。周りの人と仲良くやるってこと?人見知りはとりあえずなくなった。危うく、そんなくだらないことでクビになりそうだったからね(笑)。もっとコミュニケーションしろ、とかそんなことで。何をしたら喜んでくれるのか、とかそういうことすらわからなかったし、どうしたらやる気をアピールできるかとかね、そういうことで悩んでた。少しずつだけど、いいところが見せていけてる。ほんとはこんなもんじゃないですけどね、僕は。やっとここからですよ。仕事で今度はいいところみせないと。
僕、とりあえず何でも、できる、やります、って云っちゃうから。できなくとも。
粉飾なんて日常茶飯事ですよ(笑)。ホリエモンの比じゃないから。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/26(木) 02:12:30|
  2. 読書|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<卍再始動!? | ホーム | 遅れてきた誕生日>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surshelter.blog5.fc2.com/tb.php/101-b597b5c9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。