イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

白旗神社に初詣

昨年結婚したばかりというのもあり、今年の正月は相手の実家に行き、自分の実家にも行きで大忙しでした。
まだ、相手の実家に行くと緊張して落ち着かないです。仕方ない、少しづつ慣れていくしかないですよね。
おくさんも実家に帰れば、何かとバタバタして相手してくれないし、お父さんやお兄さんと2人きりになると何しゃべればいいかわからなくなるしで、結局甥っ子にすごく助けられた部分がありました。
はあ、ダメな30代です。何とかしたい。この人見知り。
夜、お父さんが酒で酔って仕事柄マッサージ頼まれたんですけど、それで少し打ち解けたかな。それはよかったことでしたかね。お土産も喜んでくれたし。
相手の実家では墓参りしたり、初詣に行ったりしました。
それからおくさん連れて実家に帰り、そのまま今度は友人のヨシノ君の家で新年会。
かなり弾丸でしたね。
おいしいもの食べすぎて、しばらく何も食べなくても生きていけそうなくらい食べました。

240102-02.jpg

↑初詣は藤沢にある、白旗神社に行きました。
ここは源義経と弁慶の首が祭ってあるといういいつたえのある神社です。
ここで勝守というお守りを買って、おみくじを引いてきました。
小吉でした。
僕は大吉も凶も出たことがなく、大抵、小吉とか中吉、末吉なんかが出ます。
それはそれで僕らしいのかな、なんて思います。
今年も小さな幸せをたくさん拾って生きていけたら嬉しいな。

240102-01.jpg

↑さて、気持ちを新たに再スタートを切ります。今年はどんな出来事が僕を待っているのやら。

スポンサーサイト
  1. 2012/01/28(土) 00:20:20|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2011西武ドームクライマックスシリーズ(平成23年10月10日)

2011西武ドームクライマックスシリーズ(平成23年10月10日)の記事。
この年は西武ライオンズは最下位で低迷していた時期が長く、最終的になんとか勝率でオリックスを上回り、パリーグ成績3位でクライマックスシリーズに進出することができました。
CSでは日ハムを撃破し、ついに首位ソフトバンクのところまで辿り着きますが、結局昨年の借りを返すことはできず、1勝もできず、ソフトバンクはそのまま中日との日本シリーズを制します。
この年は飛ばない統一球元年で、投高打低がどのチームにも言えたと思います。
しかし西武は逆で、先発投手陣がそろって不調、おかわり君だけが一人並外れた成績を残す結果となりました。
このバランスの悪さが勝ちきれなかった大きな要因だったと思います。
ただ、牧田や秋山、熊代、浅村、原など若手が台頭してきたのはいい徴候だったのではないでしょうか。
特に牧田は先発からリリーフという急な配置転換をものともしない活躍ぶりで、新人王を獲得しました。
これは素晴らしいことだと思います。大エース西口の久々の復活も嬉しかった。本当に大車輪の活躍でした。
とにかくこの年は最初はCSなんて夢のまた夢と思ってましたから、最後まで楽しめてファン冥利に尽きました。
来年こそは宿敵ソフトバンクを倒し、優勝してほしい!
そして、ワクには来年こそ真の西武のエースとして、ダルのいなくなった日本球界を盛り上げてほしい!

その他2-10

↑今年も忙しくてそんなに多くは観にいけなかったけど、後半は西武ドームに足を運びました。
生で体感する野球は最高です。皆で応援するのも大好き。盛り上がれば知らない人ともハイタッチしちゃいます。
今年の新チャンステーマはすごく応援してて盛り上がれます。とにかく楽しい!

その他2-11

↑今年の私的MVPは僕と同じ苗字の秋山選手です。55番。
幅広い守備力とレーザービームが魅力。バッティングも伸びてきて、これからがすごく楽しみな選手です。
牧田のピンチもかなり秋山が救っている。

その他2-12

↑3位からのCS進出なので、パブリックビューイングでの観戦になりましたが、それでもこれだけ多くの西武ファンがつめかけました。来年はぜひ西武ドームでCSできるように、まずリーグ優勝してほしい。

その他2-13

↑西武ライオンズ仕様の西武線の電車。

その他2-14

↑今回の記事には関係ないけど、人から頂いたきれいなお花。

その他2-15

↑今回の記事には関係ないけど、スカイツリー。

  1. 2012/01/28(土) 00:15:54|
  2. 西武ライオンズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

卒後研修(平成23年10月2日)

平成23年10月2日の記事。
9月から10月は毎週日曜日に卒後研修に行ってました。
東京有明医療大学で行なわれるのですが、これがまた大変。ウチからだと一時間半くらいかかります。
ただでさえ日曜日しか休みがないのに、その1日は研修、結婚式の準備もしなきゃならない、でこの頃マックスで忙しかったなあ。
ゆりかもめに乗るのは好きだったけれど、研修といってもお話を延々6時間も聞かされるので、腰が痛くなってしんどかったですねえ。もちろん、現場で働く方々の貴重な話が聞けていい刺激も受けたわけですが。

231002-01.jpg

↑東京有明医療大学はきれいな校舎で施設も立派でした。

231002-02.jpg

↑ここで会った面々も、大体僕が行く先々で会う人と同じだった。結局やる気のある人ばかりが参加して、そうでない人は参加しない。この卒後研修も参加は任意なのですが、もっと大勢参加してもいいんじゃないかな、と思いました。

231002-03.jpg

↑やる気のある人たちと、この業界を盛り上げていきたい。

231002-04.jpg

↑この日でとりあえず研修は終わり。でも、僕の戦いはまだまだこれからです。

231002-05.jpg

↑そのあとは前の学校の仲間と飲みに行きました。あまり近くにお店らしいお店がなくて歩き回りました。

231002-06.jpg

↑有明コロシアムもあった。

  1. 2012/01/28(土) 00:03:44|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

平成23年4月~東日本大震災、国家試験のこと、入籍の話などを徒然なるままに~

平成23年4月の記事。東日本大震災、国家試験のこと、入籍の話などを徒然なるままに。

3月の国家試験を大・大・大緊張の中クリアーし、迎えたうららかで平和な春のはずでしたが、
この年もまた忙しく慌しく過ぎていきました。
国家試験を受けてから合否がでるまでは一ヶ月ほどあり、回答速報などで合格ラインは超えていたものの、
心配性の僕はきちんと合否がでるまではどこかすっきりとしない日々を送っていました。
また、この年の3月11日には東日本大震災があり、多くの方が命を落としました。
この頃はまだいつ次の大地震がくるかもわからず、原発の放射線が漏れ出し、計画停電、節電が行なわれ、
ただでさえ混沌とした不安の中での生活を余儀なくされました。
例年は行なっていた大好きな花見もすることはなく、する気にもなれず、春なのに憂鬱な気分でした。
本当に複雑でした。こんなブルーな春を経験したことはなかった。
国家試験もそんな混乱してるさなかで受けてすごく不安だったし、
待ちに待った国家試験の合格通知が送られてきても、その時はめちゃくちゃ喜んだけど、
なんとなくパーッと行こうなんて気にはなれなかった。
日本という国全体が自粛ムードの中にありました。
だけど、僕らはこの未曾有の出来事を乗り越え、少しだけ強くなった気もしています。
バーチャルな世界で生きることに慣れすぎた僕ら現代人が同じ体験を共有することで、
この世界にも自分の命にも限りがある、いつか終わりが来るということをすごく近くに、またリアルに感じたんじゃないか、と思うんです。
これからの人生、すごく大事に、小さなことを大切に拾って生きていこうと思うようになりました。

前置きが長くなりましたが、そんな4月の出来事を少しだけ。

230400-01.jpg

↑ポール・マクドナルド

230400-02.jpg

↑ピア・トスカーノ
毎年、FOXで放送しているアメリカン・アイドルのシーズン10を見ていたんですが、僕が応援していた2人はあっという間に落ちてしまいました。ここ数年のアメアイはどうもおかしい。優勝すべき人があっさり落ち、明らかに実力不足の人が優勝している。審査員の質も落ちているし、システム自体にも問題があるのかなあ、なんて思います。

230400-03.jpg

↑カエルの抱き枕を干しているところ。かわいいでしょ。

230400-04.jpg

↑一緒に働いてた子にテーピング教わってました。

230400-05.jpg

↑バネ指のテーピング。あんまり使ってないけど。

230400-06.jpg

↑お花見はできなかったけど、通りがかりに咲いていた桜の木をパチリ。

230400-010.jpg

↑モードを変えてパチリ。石神井公園近くです。

230400-012.jpg

↑この日は彼女の誕生日。仕事を休ませていただき、役所に行き、国家試験の免許を申請して、晴れて彼女と入籍しました。最初から資格を取ったら結婚しよう、と約束していました。
長い間待たせてしまったけど、待っててくれて本当にありがとう。
入籍の手続きは5分ほどで終わってしまい、紙の上ではあっけなく夫婦になってしまいましたが、書類に記名しているときは、すごくドキドキした。
一瞬なんだけど、時間の流れが止まった気がした。本当に夫婦になるんだなって、実感した時でしたね。
震災で壊れそうな世界のムードをよそに桜の木は例年と変わらない美しさを讃えていました。
とても空が青く、風の強い日でした。

230400-014.jpg

↑彼女の作ってくれた昼食。ハムトーストとビシソワーズスープ。

230400-016.jpg

↑友達が草野球をするというので見に行ってあげました。

230400-018.jpg

↑バッターにピッチャーに大活躍でした。

  1. 2012/01/27(金) 23:55:24|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

平成22年から平成23年の写真

2009年8月に富士登山を決行した僕ですが、その後眠っていたフィルムから下山中に撮った写真がでてきたので、載せておきます。平成22年から平成23年の写真とありますが、フィルムをみつけたのが22年で、実際写真を撮ったのは21年です。もう3年も経つんだなあ。

22~23-04

↑眠らずに登った富士山。仲間に先を越され、意識がもうろうとする中で見つけた花に勇気をもらった。

22~23-05

↑富士山自体は赤茶けてそんなにキレイではない。

22~23-06

↑下山が意外と僕にはきつかったです。脚が棒のようになり、膝がわらい、息は絶え絶えでした。

22~23-07

↑帰ってきたあとは1週間以上筋肉痛とれなかったな・・・。もう2度と登りたくない(笑。)。

22~23-08

↑雲が下に見えて、下山中は雲の中を歩いている感じになる。一面霧に覆われていました。

22~23-09

↑国家試験に臨む前の最後の思い出作りとして、僕ら学校の仲良し3人組で登ったんです。
実際、すごく記憶に鮮明に刻まれた、いい思い出になりました。
この時の3人は皆、合格しました。

次は2011年正月の写真。
彼女は正月は実家に帰ってしまうので、僕は1人吉祥寺にいました。
この年の3月、国家試験に挑戦するわけですが、正月くらいは勉強も一休みしようということで、
ふらっと自分の落ち着ける場所である吉祥寺まで来たのでした。

22~23-010

↑2011年(去年)は僕にとっての転機の年となりました。国家試験の合格に結婚といいこと尽くしの1年でした。

22~23-011

↑まだこの時は国家試験への不安と冬空の寒さに震えていたっけ。

22~23-012

↑吉祥寺には色々と思い出が多いのです。心のふるさとと思っています。

22~23-013

↑彼女が帰ってきてから、石神井公園でふざけて撮った写真。シュールです。

  1. 2012/01/27(金) 23:33:40|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2010西武ドームホーム最終戦(平成22年9月23日)

2010西武ドームホーム最終戦(平成22年9月23日)の記事。
この年の西武ライオンズはほぼ優勝を手中におさめながら、ソフトバンクとの直接対決で3連敗し、
そのあとはズルズル差を詰められ、ゲーム差なしで勝率で2位という悔やむに悔やみきれない結果に終わりました。
クライマックスシリーズではギリギリ3位に上がってきたロッテに完敗し、あっけなく終戦。
悔しく歯切れの悪いシーズンとなってしまいました。
やはり中継ぎ投手の整備が出来なかったこと、故障者の続出などが大きな敗因となっている気がします。
ワクや岸も大事な場面で勝てなかった。これも大きかったです。
この日は西武ドーム最終戦ということで西武ドームには3万人ものファンが押しかけたにも関わらず、
ワクが大崩れ。野手は野手で楽天の新人、菊池投手に2安打しか打てないという情けない結果。
結局4対3で敗れてしまいます。
試合後のセレモニーで渡辺監督は3連勝して帰ってきます、と見栄を切りますが、顔には悲壮感が漂っていました。
実際、3連勝は叶わず、ソフトバンクに優勝をさらわれてしまいます。
とっても悔しくて、来年はこの借りを必ず返してほしいと思います。

220923-001.jpg

↑ホーム最終戦はいつも淋しい。今年はこれで終わりか、もうこの生の感触を味わえないのかと思う。

220923-002.jpg

↑外野席で応援。西武ドームの外野席は芝生になっていて、寝そべったりできる。気持ちよい。
応援も内野席より数段盛り上がる。

220923-003.jpg

↑宇宙船みたいな西武ドーム。

220923-004.jpg

↑試合前に練習見ながら、昼ごはん食べる。試合始まる前とかスタメン発表とかドキドキする。

220923-005.jpg

↑バルーン飛ばしも楽しみの1つ。

220923-006.jpg

↑西武ドームは満員御礼。

220923-008.jpg

↑ゲーム展開は不利でしたが、皆何か起こらないかと期待している。

220923-009.jpg

↑西武ファンはいい人が多いです。応援バラバラだけど、1人1人はとてもまじめで熱い人が多い。

220923-011.jpg

↑女の子が一所懸命応援してるのはなんかかわいい。かわいい売り子さん探すのもなんか楽しい。

220923-013.jpg

↑最後の方はヤケになって応援してたような。いえ、大人ですからそんなことはないはず。

220923-014.jpg

↑飛んでいく夢のかけら。

220923-015.jpg

↑声枯れるまで応援しても虚しく敗北。4対3。

220923-016.jpg

↑動けずにいる西武ファン。ホーム最終戦なので、この日は試合後にセレモニーがありました。

220923-017.jpg

↑岸投手。次々にビジョンに選手が映し出されます。

220923-018.jpg

↑1列に並ぶ選手達。これだけの選手達がいるのだから、活躍するのは一握りの選手だけです。

220923-019.jpg

↑選手達はがんばったと思うんですけど、ヤジを飛ばすファンもいました。

220923-020.jpg

↑ビジョンにはこの年の西武戦の名シーンが映し出されました。

220923-021.jpg

↑今年は鬼のように忙しく、あまり観にいけなかったけど、いつも気にはなってました。

220923-022.jpg

↑千葉ロッテ戦。

220923-023.jpg

↑しばし、ビジョンの映像をご覧下さい。

220923-024.jpg

↑愛犬ペロちゃんの話ばかりする石井一投手。

220923-025.jpg

↑片岡選手打ちました。大きな当たりです!

220923-026.jpg

↑伸びる伸びる!

220923-027.jpg

↑スタンドイン!

220923-028.jpg

↑この日も球場はライオンズのブルーで埋め尽くされていました。

220923-029.jpg

↑ウエポンこと、上本捕手。高い打力が魅力です。

220923-030.jpg

↑守護神シコースキー。腕をブンブン振り回すパフォーマンスが熱いです。

220923-031.jpg

↑岸投手。ドロップとも言われる急激に落ちるカーブの使い手。

220923-032.jpg

↑オリックスから来た阿部選手。赤田選手とのトレード。

220923-033.jpg

↑そして、西武のスター、中島選手。彼が打席に入ると妙に雰囲気があるんだよな。

220923-034.jpg

↑彼はやはり何か持っている男だと思います。

220923-035.jpg

↑後半のスローガン、アイビリーブライオンズ。

220923-036.jpg

↑2011年ホーム最終戦セレモニー。

220923-037.jpg

↑この日の選手達の背中は淋しかった。

220923-038.jpg

↑必ず3連勝してここに帰ってくる、と誓うナベQこと、渡辺久信監督。

220923-039.jpg

↑しかし、どこかナベQの顔には悲壮感が漂っていた。チーム状況もよくなかったに違いない。

220923-040.jpg

↑ひょっとしたら監督の進退問題についても考えていたのかもしれない。

220923-041.jpg

↑伝統あるライオンズは強くなくてはならないのです。

220923-042.jpg

↑悔しいシーズンだったけど、この経験はきっと選手達の糧になるに違いない。

220923-043.jpg

↑ブルーウィンズ1。走るレオ君とブルーウィンズ。

220923-044.jpg

↑ブルーウィンズ2。あんまりかわいい子いない。

220923-045.jpg

↑ブルーウィンズ3。やっぱりかわいい子はいない。

220923-046.jpg

↑集まって団結(?)する選手達。

220923-047.jpg

↑バイクで暴走するレオ君。

220923-050.jpg

↑投球練習の様子。

  1. 2012/01/26(木) 00:13:00|
  2. 西武ライオンズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アリスインワンダーランドとCP(平成22年5月5日)

アリスインワンダーランドとCP(平成22年5月5日)の記事。

これもだいぶ昔の記事になりますが、休日ということで彼女(今のおくさん。)と大泉の映画館に「アリスインワンダーランド」を見に行きました。2人ともティムバートンが大好きなので、とても楽しみにしていきました。

220505-11.jpg

↑初3D体験。3Dはバカにしてたけど、ナメてた。昔のものとは違い、かなり精度が高くて迫力があって驚かされました。

220505-12.jpg

↑アリス役の子、オーディションで受かっただけあって、アリスにぴったりでした。キレイでした。

220505-13.jpg

↑映画の出来はまあまあだったんですけど、めちゃくちゃよかったかといわれると、そうでもないかも。
とりあえず記念撮影。

220505-14.jpg

↑最後の晩餐を模したアリスインワンダーランドの屏風。

220505-01.jpg

↑その後、ランチをとるため、小手指に移動。
CP RESTAURANTという、僕と彼女が1番気に入っているお店があるのです。

220505-02.jpg

↑店内も食事もめちゃくちゃセンスがよくってクールでスタイリッシュ。味もよし、コストパフォーマンスもよしで、ここぞというときはいつも利用させてもらってます。本当に小手指にあるとは思えないくらいオシャレなお店です。かといって格好つけてるお店ってわけでもなく、従業員さんは皆とても気配りができて、優しいんです。
クリスマスなんかいくとまたイベントがあって雰囲気も最高に素敵なんです。
ぜひ一度行ってほしいな。

220505-03.jpg

↑店内は白と黒を基調にしています。トイレもとってもクールなんですよ!箸はガラスでできてる。

220505-04.jpg

↑料理は見た目も味も素晴らしい。旬の食材をふんだんに使っていて彩りも鮮やかです。

220505-05.jpg

↑ここは飾りつけも雰囲気も味もパーフェクトです。

220505-06.jpg

↑これおいしかったなあ!また行きたくなってきた。

220505-07.jpg

↑これこれ!とりわけるとこんな感じ。ここでしか食べられないものがたくさんあります。

220505-08.jpg

↑ランチもコースなんだけど、中から好きなものをいくつか選べるんです。これはタコのカルパッチョのパスタだったかな。

220505-09.jpg

↑変わってるんだけど、どれもおいしいんですよね。

220505-10.jpg

↑実はここも結婚式の食事会の候補だったりした。本当に2人の大好きなお店なので。

  1. 2012/01/25(水) 00:11:23|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新宿 イタリアン BAR ITALIANO SUMIYA(平成22年4月15日)

新宿 イタリアン BAR ITALIANO SUMIYA(平成22年4月15日)の記事。

平成22年4月15日、彼女の誕生日ということで奮発して、アルタ裏の「新宿 イタリアン BAR ITALIANO SUMIYA」へ。
ここはリーズナブルだけど料理がおいしかった。特に、かにと蟹味噌のクリームパスタ。最高。
個室が無かったのは残念だったけど、割と大人なお店でよかったな。

22-0415-01.jpg

↑前菜。飾り付けがキレイ。

22-0415-02.jpg

↑とりわけてみた。

22-0415-03.jpg

↑パンとスープ。何気においしかった。

22-0415-05.jpg

↑こんなのや・・・。

22-0415-07.jpg

↑こんなのもありました。

22-0415-08.jpg

↑かにと蟹味噌のクリームパスタ。これ、1番うまかったな。かに好きにはたまらん。こんなゴージャスなパスタを食べたのは初めてかも。

22-0415-14.jpg

↑もちろん、誕生日ケーキのサービスもやってます。ポラロイド写真も記念に撮ってもらいました。
毎年、誕生日とクリスマスには絵と手紙を書いてプレゼントします。マメでしょ。

  1. 2012/01/24(火) 00:36:26|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

平成21年~22年前半でおいしかったものたち

平成21年~22年前半でおいしかったものたち、です。

その他-01

↑どこだったか覚えてないなあ。

その他-02

↑これもどこだったか覚えてないなあ。この頃から本当に学校の勉強が大変になってきて、ブログの更新どころではなくなってきました。

その他-05

↑南阿佐ヶ谷にある「ラーメンチキュウ」。塩ラーメンのおいしいお店です。味も店の雰囲気もオシャレで上品な感じ。麺が変わっていて何か練りこんである。行列できてます。

その他-06

↑彼女(今のおくさん。)がバレンタインデーにくれたチョコケーキ。めちゃうまでした。

  1. 2012/01/24(火) 00:17:21|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

妖精の峪(平成21年12月27日)

妖精の峪(平成21年12月27日)の記事。

もう今現在は閉店してなくなってしまったお店なんですけど、ここで彼女(今のおくさん。)とクリスマスを祝いました。
新宿の歌舞伎町にあったお店なんですけど、歌舞伎町にあるとは思えないくらい、すごくメルヘンチックでかわいらしいお店でした。木の扉を開くと異世界に迷い込んだ感じで、鳥かごのような個室や料理もかわいらしかった。
料理に妖精の人形が飾ってあって、それを最後にくれたり、写真を撮って風船にしてくれたりするんですよ。
なくなっちゃって残念なんですけど、クリスマスにはぴったりの雰囲気のお店でした。

211227-03.jpg

↑1つ1つ料理が運ばれてくるたびに妖精の人形が飾られているのですが、最後に全ての人形(1つ1つ違う。)をプレゼントしてくれます。

211227-04.jpg

↑料理もこんな感じでかわいらしい。

211227-01.jpg

↑よく見ると、サラダに隠れて妖精が・・・。

211227-02.jpg

↑おかげでメルヘンチックなクリスマスが過ごせました。なくなっちゃって本当に残念。

  1. 2012/01/23(月) 23:35:50|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

結婚式イラスト

前々回の記事に書いたように昨年末に結婚しました。
その際、待合のロビーを自由に使っていい、とプランナーさんに云われていたので、自分の個展を開いてやろう、と思い立ったわけです。
これほど自分らしい結婚式はないし、アーティスト冥利に尽きるなと思いました。
僕の結婚式へのモチベーションも一気に高まり、旧作だけでもよかったんですけど、それじゃ物足りないので新作を描き下ろすことにしました。
何枚描くとかは決めてなかったですけど、式までに出来るだけたくさんと思い、仕事から帰って毎日夜中まで描いてました。休日はプランナーさんと打ち合わせがあったので、平日しか描けず、進行具合はゆっくりでした。
それでも、こんなに絵を描いたのは久しぶりで、すごく充実したいい時間を過ごせました。
クリスマスのイヴイヴ(僕の誕生日)に結婚式だったので、新作は全体を通してクリスマスウェディングってことを表現できたら、と思って描きました。では1枚1枚紹介したいと思います。

ウェルカムweb

「ウェルカムボード」

ウェルカムボードは今回の結婚式を一言で言い表したようなものがいいと思いました。
一目でこの結婚式はこんな感じとわかるようなもの。僕らは目立つことが好きではないし、参加してくれた全ての人が主役になるような結婚式がベストだと思っていました。
2人だけでは結婚はできないし、参加してくれた皆で1つのものを作り上げられたらいいなと思いました。
そこで、大抵のウェルカムボードには新郎新婦しか描かれていませんが、僕はお客さんも描くことにしました。
縦書きばかりで横書きっていうのもあまりなかったんで、自分は横書きにしてみました。
サンタやトナカイがいるのはクリスマスを想起させるためです。トナカイは席札にも使ったあのトナカイです。

クリスマスツリー

「クリスマスツリー」

クリスマスといったら当然ツリーは描かないとなと思って、描いたツリー。
最初はもっと奇抜なツリーにしようかとも思ったんですけど、なんか違うなと思って最もオーソドックスなツリーにしました。
定番には定番のよさっていうのが当然あって、この絵があることによってクリスマスってことをすごく印象付けることができたと思います。
実際お客さんの反応もよかったです。非常にわかりやすくてシンプルな絵なんですけど、その中に蛍光ピンクやオレンジ、黄色がアクセントとして効いていて、ルーツである印象派っぽさもでているし、自分らしい絵にはなったんじゃないかな、と思います。

ポインセチアと林檎

「ポインセチアと林檎」

今回描いた絵の中では1番のマイフェイバリットがこの絵ですね。
見えづらい場所に飾ってあったので、お客さんの反応はイマイチだったけど。
静物でも自分らしさが出せるかというのがこの絵の課題でした。
ポインセチアはクリスマス、林檎と云えばアダムとイヴ、どちらも愛にまつわるシンボル。
どちらも赤いモチーフなのでこの絵は一歩間違えるとすごく退屈な絵になるんです。それを描き分けるのがかなり大変だった。難易度の高い絵ですね。時間もかかったけど、いいものができました。
新しく買ったストリングジェルメディウムという蜂蜜状のメディウムを使って吹き流しという技法を多用しています。
それと蛍光ピンクのアクセントがすごく効いてて、実物は色があふれ出してきそうなくらい、発色がいいんです。

mysweethome.jpg

「My sweet home」

この絵はおくさんとの共作です。
おくさんにラフスケッチをしてもらって、それを僕が仕上げていった。
結婚ていうのは家庭を築いていくっていうことだと思うので、おくさんには理想の家を描いてということだけ伝えたんです。
そしたら、タコとかイルカとかイソギンチャクとかキノコとか卵とか、おくさんの好きなものだらけの絵になりました。
まあ、僕は自分の絵の1番得意としているところは色使いなので、さほど何を描くかは重要ではないんです。ただ、せっかく2人とも絵が得意なので、共作したらどんなものができるかっていうのはすごく興味があったので今回やってみました。
僕も下地や色を乗せていく作業では思い切り自由にやって、面白い絵になったと思います。
これから実際、家庭を作っていく2人が理想の家の絵を共作するっていうこと自体、すごくコンセプチュアルで、いいアイデアだったなあと思います。
黄色い家にしたのは僕がゴッホを敬愛しているからです。

smile.jpg

「smile」

ラクガキの中から生まれた1枚。その辺にほったらかしになってたんですけど、改めて見るとなかなか味があっていい絵だなあ、と思って、過去のポストカード群の中にこっそり忍ばせました。
僕の絵は手を加え過ぎてしまう傾向があるので、意外にこういったいい意味でテキトーな絵って希少なんですよ。
今回の結婚式に飾るイラストとしては最適だったと思う。
皆が笑顔になれる結婚式を目指していたので。
自分の中では震災に対しての祈りもありました。
時間がかかってもいつかは1人1人が笑顔の花を咲かせて欲しいです。

  1. 2012/01/19(木) 23:58:47|
  2. 絵画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

結婚式ペーパーアイテム

前回の記事に書いたように昨年末に結婚しました。
当日、披露宴は2時間、1.5次会(披露宴ほど重くなく、2次会ほど軽くない内容のもの。)も2時間で、合わせても4時間程度で終わってしまうわけですが、自分達は半年以上前から準備をひそかに進めていたもので、式が終わったあとはものすごく感慨深いものがありました。
籍を入れたときはあまりにあっという間で感じなかったんですが、改めて結婚したんだなあという実感が出てきました。

やっぱり結婚式は挙げたほうがいい。達成感がハンパない。
式の2週間くらい前は緊張して、全く眠れない時期もあったけど、休みの日も打ち合わせばかりで少しも休んだ気がしなかったけど、それでも苦労した甲斐はあった。
今は自信を持って云える。
家族や親戚、友人に認めてもらう、それだけのことなのに、それがものすごく自分にとっては大きくて価値のあることだった。
自分達以上にまわりが喜んでくれて、それを見て僕らも嬉しくて。
改めて感謝をしなくちゃな、と思いました。
僕は元々、結婚したい欲とか全然無かったんですけど、色々作っているうちにだんだんスイッチ入ってきて、
徹底的にやりたくなってきた。いい結婚式にしたくなってきた。
自分にいざ結婚するという意識が目覚めると、とてもいい加減にはできなかったです。というわけでほとんどのものを自分達で手作りすることになりました。
本当にプランナーさんや式場のスタッフの皆さんには感謝したいです。あそこじゃなきゃ、まずあんなに自由には出来なかったと思うから。

今回は結婚式のために僕が作ったペーパーアイテムを紹介します。

招待状

↑招待状表紙。彼女からは北欧風の結婚式にしたい、と云われて北欧デザインの本なんかを片っ端から見たんですけど、北欧風っていってもそんなにはっきりした基準はないんですね。で、余計頭の中がぐちゃぐちゃになってきて全く方向性がわからなくなってきてしまったので、結局好きなように作ったら、いつもの自分どおりになった感じです。僕の中で今回、幸せの象徴として選んだアイテムは四葉のクローバーでした。これがところどころで出てきます。招待状の表紙にもなるべくお客さんに楽しんで参加してもらおう、という意思表示で、四葉のクローバーを探してもらうような趣向にしました。

両方

↑招待状中身。表紙がアイデアものでけっこうコッテリしているので、こちらは情報がわかりやすく伝わったほうがいいと思い、ごくシンプルな作りにしました。見開きで蝶を使ったのは、表紙で飛んでいる蝶が招待状の中に入ってきたようなイメージを表現できるかなと思ったからです。

sekihuda表

↑席札、表。席札にも四葉のクローバーが使われています。それを幸せの青い鳥が運んでくるというイメージで作りました。雪の結晶を使ったのは、式が行なわれるのが12月23日なので冬、あるいはクリスマスの雰囲気も出せるといいな、と思ったからです。作ってたのは夏だったんですけどね(笑)。
まわりの装飾はメビウスの輪をひたすら連結したデザインにしました。これは永遠をイメージさせたかったからです。

sekihuda裏

↑席札、裏。席札はめくるとメッセージが書き込めるようにしました。1人1人にありがとうと伝えたかったし、人数が少ないからこそ、1人1人に手をかけられるなと思っていたので。キャラクターはやっぱりクリスマスウェディングを印象付けるためにトナカイにしました。この子はウェルカムボードにも登場してます。よく見ると、アイテムごとに関連があるんですよ。

hennsin.jpg

↑返信用ハガキ。これはほとんどフリーソフトの装飾を組み合わせただけなので、簡単にできてしまった。ここでもやはり四葉のクローバーを採用しています。


コースター

↑コースター元。どうせなら、まだあまり他の人がやっていないペーパーアイテムも作りたいと思い、考えたのがコースターです。水に濡れても大丈夫なシールに印刷して、他の紙に貼るんですけど、1枚1枚、コンパスカッターで切り抜くのでけっこう大変でした。なぜここで魚かというと、コースターの上に飲み物の入ったグラスを置いて上から見ると魚が泳いでる風に見えないかな、というアイデアが浮かんできてしまったからです。だからここではリアリティーにもこだわりました。水はすごく水っぽくなったと思う。

コースター2

↑コースター完成図。シールを切り抜いたら台紙に貼って完成。かわいいでしょ?

  1. 2012/01/18(水) 22:08:45|
  2. 絵画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

空白の2年間

ごぶさたしています。秋山亜軌です。
ここ2年間は突っ走ってきました。故にブログもほぼ更新できない状況でした。
仕事面では国家試験の難関と戦い、突破して、恋愛面では結婚という1つのゴールを迎えました。
2つの大事な夢が叶った昨年は僕にとっては最高の1年になりました。
ただ一方では東日本大震災で多くの方が命をなくし、胸を痛めているのに、自分ばかりこんなに幸せでいいのだろうか、という思いも何度も頭をよぎりました。
ただ、それはまだ終わっていないし、これからも続いていくことなので、これから何か自分にもできることがあれば、するべきときにすればいい。
良くも悪くも僕は2011年という年を忘れないと思います。僕にとってはすごく意味のある1年でした。
さて、長らく更新していないので写真もたまっています。この空白の2年間を少しづつ振り返っていけたらいいなと思います。
ということで、sur shelter再開します。これからも宜しくお願いします。

  1. 2012/01/17(火) 00:56:02|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。