イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Wildhearts 15周年ライブ

201123-52.jpg

↑11月23日は大忙し。西武ライオンズのファン感謝祭後、仕事場の後輩と別れ、今度はS.T.Oと赤坂ブリッツのWildhearts 15周年ライブに行って参りました。
赤坂ブリッツの周りは赤坂サカスができて、すごくきれいになってました。恋人と行ったら盛り上がりそう。ブリッツは小さい小屋なんですけど、黒を基調としてて内装もカッコいい。
いやあ、熱かったなあ。すごいライブでした。
ジンジャーカッコよすぎるわ。彼こそが本物のロックスターです。
カリスマって言葉が軽々しく使われてるけど、こういう人に使われるべきだと思いました。あのライブにはロックの神様が舞い降りてたよ。リッチーのドラムも爆音で迫力があった。

興奮冷めやりませんが、とりあえずセットリストです。
セットは2部構成とアンコール3曲です。

-Earth vs The Wildhearts-

01. Greetings From Shitsville / 02. TV Tan / 03. Everlone / 04. Shame On Me / 05. Loveshit / 06. The Miles Away Girl / 07. My Baby Is A Headfuck / 08. Suckerpunch / 09. News Of The World / 10. Drinking About Life / 11. Love U Til I Don't

-- B Side --

12. Dangerlust / 13. Show A Little Emotion / 14. Down On London / 15. Caffeine Bomb/ 16. Girlfriend Clothes / 17. Shut Your Fucking Mouth And Use Your Fucking Brain / 18. And The Bullshit Goes On / 19. Beautiful Thing You / 20. Two-Way Idiot Mirror / 21. 29 x The Pain

-- Encore --

22. Someone That Won't Let Me Go / 23. Sick of drugs / 24. I Wanna Go Where the People Go

1部は彼らの「Earth vs The Wildhearts」というファーストアルバムの完全再現。こういうのって珍しいですよね。
でもあのアルバムはWildheartsのアルバムの中でも特に完成度が高く、捨て曲がなく、いじるところのない最高の名盤なので、それをそのまま出せば悪いはずがないっていうそういう曲順になってますよね。オーディエンスも長い年月をかけて聴いてきた思い入れのある曲たちばかりなので、始まった瞬間から大合唱で盛り上がりました。
聴いたことない人はぜひ聴いてみて下さい。ジンジャーの作曲センスのよさが遺憾なく発揮されています。
改めて僕がWildheartsの曲のよさを言えば、まずポップだということ。
ジャンルはロックで間違いないんですけど、ものすごくその中にポップを感じるんです。アレンジや演奏する人たちが変わればすぐさま優秀なポップソングになるだろうと思う。
ビートルズがやっててもおかしくないくらい、メロディーがいいし、コーラスワークが冴え、キャッチーな曲もある。それから、予測のつかない曲の展開。1曲が様々に表情を変えるので、スリリングで何度聴いても飽きがこない。
そんなところでしょうか。

ライブ開始時間になり、オーディエンスがざわめきだってきた頃、照明が暗転し、地響きのように始まった1曲目、「Greetings From Shitsville 」。オーディエンスが一斉に前進し、押し合いへし合いになり、こりゃどうなることやらと思いましたが、えらい盛り上がりましたね。照明がその後明るくなり、ジンジャーが映し出されたときの盛り上がりときたらハンパなかった。皆大合唱でしたよ。
2曲目は、この日何度もネタに使われた「TV Tan」 。ジンジャーは困ると「TV Tan」って繰り返し言ってました(笑)。
この曲なんかはめちゃくちゃポップでキャッチーです。オーディエンスとの掛け合いも非常にハマってた。
でも、3曲目「Everlone」がなんといっても好きだな。僕は。この曲は終盤で一気に雰囲気が変わるんですけど、終わり方がカッコいいんですよ。ぜひ、聴いて下さい。ライブでもここはカッコよかったっすねえ。頭振りまくっちゃいました。
4曲目は「Shame On Me」。この曲は逆に出だしの勢いが好きですね。
5曲目は「Loveshit」。この曲もめちゃくちゃポップですね。ピアノやギターが跳ねるような感じで、コーラスも入ったりして、とっても楽しげでにぎやかな曲。ジンジャーの引き出しの多さを感じます。
ノリ方が1曲1曲違うっていうか振り幅がすごいんですよ。ロックだったりポップだったりメタルだったりするんで、オーディエンスもいい反応を見せていた。
6曲目、「The Miles Away Girl」。この曲なんかはすごく正統派な感じがするんだよなあ。売れ線ていうか。この曲にもすごく美しいメロディーが潜んでる。それに飽きさせない作りになってるし。いい曲です。
7曲目、「My Baby Is A Headfuck」はこれぞロックンロールって感じの曲ですね。コーラスやピアノの効果も効いてます。
僕的に前半の1番の盛り上がりはやはり8曲目の「Suckerpunch」でした。
もうイントロが始まった時点で特大の垂直跳びですよ(笑)。血肉が沸き踊るとはこのことで、自然と体が動いちゃいますね。彼らの代表曲だし、言葉を畳み掛けるジンジャーのスタイルの基盤を作った曲じゃないでしょうか。これとカフェインボムは理屈ぬきにテンション上がるし、楽しみにしてました。
9曲目、「News Of The World 」はサッカーパンチの大爆発後だったので、おとなしく見てましたが、この曲もいい曲で、途中から曲調が変化するんですけど(whats next!の掛け合い後ね。)、そこがカッコよくて見せ場ですね。
10曲目、「Drinking About Life」は短い曲なんですけど、ムダがないです。ラストのジンジャーのヤギっぽい歌い回しがなんかすごく色っぽくてカッコいいです。
11曲目、「Love U Til I Don't」が1部のラストを飾る曲。サビがえらく爽やかな曲なんですけど、この曲は泣けますね。どこかに旅立ちたくなる 。途中のラテン系っぽいアレンジのアイデアとかどっから出てくるんだろう。本当に聴けば聴くほど味の出てくる曲です。ラストの爆撃みたいなドラムも迫力あったな。
1部が終わり、いったんジンジャー達は袖に引き上げ、しばらくすると2部がスタート。メンバーはビールを飲んできたみたいです。2部はシングルのB面を中心にしたセットリスト。
Wildheartsといえば、B面というくらい彼らはB面に1番聴いてほしい曲を持ってくることが多いです。
それも彼らなりのこだわりで、商業的に音楽が消費されることに憤りを感じていて、アルバムに未収録の曲はシングルで集めないと手に入らないものも多かったりします。
12曲目、 「Dangerlust」の静かでドラマチックなイントロで2部はスタートします。この曲はもう今は入手困難で僕も持ってないんですよね。結構凝った作りでカッコいい曲なんですけどね。
13曲目、「Show A Little Emotion 」と14曲目、「Down On London」は「Earth vs The Wildhearts」の日本版にのみ収録されている曲です。
再び、本日2度目の最高潮を迎えたのは15曲目、「Caffeine Bomb」。
この曲もサッカーパンチと同様、理屈抜きに盛り上がるキラーチューン。
短い曲なんですけど、Wildheartsの全てが凝縮されたような密度の濃い曲です。ここでのジンジャーの畳み掛けるようなボーカルは神の域に達してます。個人的には格闘家になったら、絶対この曲を入場曲にしたいです(笑)。Wildheartsの曲の中でも5本の指に入るくらい好きな曲で、何か大事な勝負事があるときは必ずといっていいほど聴きますね。
16曲目、「Girlfriend Clothes」はメンバー内の絡みも面白く、どんな風にもアレンジが効く、非常にライブ向きの曲だと思います。
17曲目、「 Shut Your Fucking Mouth And Use Your Fucking Brain 」はこれまた短い曲で疾走感に溢れています。
18曲目、「And The Bullshit Goes On」は癖になる良質なメロディーとリズム隊の激しさを持ち合わせた曲。
そして、19曲目の「Beautiful Thing You 」。この曲はめちゃくちゃ好き。ポップソングとしても優秀な曲だと思います。普通にいい曲なんだよな。純粋にメロディーが素晴らしい。誰かに優しくしたくなる。
20曲目は「Two-Way Idiot Mirror 」。この曲はポップすぎるくらいポップで、前向きでキラキラしてる曲。コーラスが生き生きしていて気持ちいい。
2部のラストは21曲目、「29 x The Pain 」。この曲は言わずもがなの名曲でしょう。ジンジャーの強く熱い意志が表れている詩と美しいメロディー。ラストを締めくくるのにこれ以上ふさわしい曲はないでしょう。泣けてきます。
アンコールでは3曲やってくれました。
1曲目は比較的新しめの曲、「Someone That Won't Let Me Go」 。この曲をやったのは意外でしたけど、改めて聴くと熱くてがんばろうって気になれるいい曲ですね。青春っぽさのある曲は大好き。
2曲目は「Sick of drugs 」。この曲は定番ソングですね。頼もしく力強いメロディー。ジンジャーについていきたくなります。皆拳を上に突き上げて歌います。
ラストのラストは「I Wanna Go Where the People Go」。
ここで、この曲がついに来たか!って感じでしたね。この日はもうやらないかと思ってたんですけど、やってくれましたね。Wildheartsでおそらく1番有名な曲ではないでしょうか。実際、僕もこの曲でWildheartsのファンになりましたし。他にもいい曲がたくさんあるのですが、イントロで一瞬にしてオーディエンスに火を点けるだけの威力を持っている、やっぱり特別な曲なんですよね。
ポップで輝いていて、迷いのない突き抜けたものがこの曲にはある。何度聴いても、何年経っても、色褪せない名曲です。
オーディエンスのほとんどが跳ね回って、大声で合唱して、本当にその一瞬を楽しんでいた。
ライブとは?ロックとは?と聞かれたら迷わず、この瞬間、「今」だと答えていたでしょう。
この誰もが認める名曲でこの日1番の盛り上がりを見せ、Wildhearts15周年ライブは幕を閉じたのでした。
会場から出ても、しばらくダウンを着ないで済むくらい、体が熱く高揚していました。
ジンジャーは僕のヒーローです。時として人は過剰な期待や幻想を人に抱くものですが、ありのままで歌っているジンジャーはそんなものを軽く超越していた。生き様をそのまま見せられたようで、カッコよくて、今まで以上にもっと好きになりました。
心の底から尊敬できて、あの人に憧れるとか、あーゆー風になりたい、と思えるくらい好きな人。僕にはたくさんいます。それってすごく幸せなことだよね。
いつかは僕が逆にそう思われるように、もっともっとがんばってカッコよく生きていかなきゃな、と思った夜でした。

スポンサーサイト
  1. 2008/11/23(日) 23:38:37|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ファン感謝祭~西武ライオンズ完結編~

11月23日、所沢での西武ライオンズ優勝パレード後、西武ドームにて、ファン感謝祭に参加してきました。
このファン感謝祭では西武のオリジナルグッズの販売や、選手と間近で接せられるイベントが盛りだくさんとあって、本当にたくさんの人が集まりました(この中に岸目当ての女の子は何人いたでしょうね。)。家族連れも多かったです。
パレードは7万人、このファン感謝祭にも4万人のファンが集まりました。
ていうか、それだけの人が球場に見に来てくれたら、相当西武は潤うのになあ。

201123-08.jpg

↑お日柄にも恵まれ、冬だというのに日焼けしそうなくらい日差しが強かったです。トークショーが行われる会場はすでに、ものすごい人の山でした。

201123-09.jpg

↑会場には選手が次々と登場し、ファンも興味津々。目が離せません。僕も試合ではないこの日はヒヤヒヤしたり、一喜一憂することなく、リラックスして素直に楽しめました。

201123-10.jpg

↑セレモニーが始まり、時間的にもおしていたため渡辺監督が簡単な挨拶を済ませると、すぐに各コーナーに選手達が散っていきました。

201123-11.jpg

↑どのコーナーにどの選手が来るっていうのは知らされてなかったんですが、運良く僕らの見てるすぐ近くのコーナーにいきなり片岡が登場しました!入団記者会見風のセットで片岡と一緒に写真が撮れちゃいます。

201123-12.jpg

↑写真撮影はこんな具合に。すぐに長蛇の列が出来てしまったので一緒に撮るのはあきらめました。うらやましくもあったけど、すごく近くで見られたのでそれだけで満足でした。マイ・ヒーロー、片岡はカッコよくてとても爽やかでした。

201123-14.jpg

↑隣のヒーローインタビューお立ち台体験コーナーには、いまや西武の若きチームリーダー、ナカジの姿が。ナカジもカッコよかったです!片岡、ナカジと西武の主力選手が連続で登場し、会場は大いに沸きます。

201123-17.jpg

↑岸、涌井、片岡、栗山、ナカジ、細川と西武には若くてイケメンな選手がたくさん揃っています。ナカジはその西武の選手の中でも1番人気があるんじゃないだろうか。ナカジのユニフォーム着てる人が圧倒的に多いし、男からも女からも人気があるように思います。

201123-18.jpg

↑こちらはパレードの協賛金を集めていたレジェンド、江藤です。江藤は広島時代から好きな選手。間近で見られて感動しました。もう38歳ですが、とても38には見えないくらい若々しかった。まだ代打やDHなら活躍できると信じているので、がんばってほしいです。

201123-19.jpg

↑笑顔がとても素敵です。来年も長打に期待してます。

201123-20.jpg

↑こちらは、北京でポロリしてから傷心のGG佐藤です。GG佐藤は若いときから見た目がおっさんぽかったので、周りから「ジジイ」と呼ばれていました。そこから登録名がGGになったというのは有名な話です。

201123-21.jpg

↑GGとの握手会は子供オンリーでした。なので僕ら大人は蚊帳の外から写真を撮るのみ。GGはリアルなデューク東郷といった感じです。

201123-22.jpg

↑愛の波動砲、キモティー、アリガトゥーなどヒーローインタビューでは面白い(?)ことばかり云っている人なのですが、北京後は意気消沈して、本来の元気な姿を見ることが少なかったので、子供達と笑顔で握手するGGを見てなんだか安心しました。

201123-23.jpg

↑生で見る野球選手は皆とても大きいけれど、特にGGは大きく感じました。

201123-25.jpg

↑北京後は骨膜炎などケガにも泣かされましたが、早く立ち直って来年は球場で元気な姿を見たいです。なんだかんだ言って、GGがいなかったら優勝できなかったと思うし、もしGGが万全な状態であったならば、CS、日本シリーズ、アジアシリーズであんなに苦戦することはなかったんじゃないかと思います。守備をまた1から強化してがんばってほしいものです。

201123-27.jpg

↑こちらはインタビューを受けていた選手会長の赤田です。
赤田は足が速く、守備が上手いという西武ライオンズの伝統的な特徴を兼ね備えた選手の1人。年間での打率は振るわなかったものの、ここぞというピンチに強く、頼れるイメージがあります。北京組の抜けたライオンズ打線をサヨナラ満塁打などで支えたのは記憶に新しいです。

201123-29.jpg

↑赤田、後藤、細川は僕と同い年の松坂世代なので、個人的に思い入れがあり、がんばってほしいです。

201123-31.jpg

↑こちらはおくさんとベイビーを同伴の頼れる左の中継ぎ、星野です。いいパパやってました。

201123-32.jpg

↑後半、信頼できる中継ぎは星野だけだった気がするな。日本シリーズで150キロの球を投げ、ラミレスから3振を奪ったのは印象的でした。いつも僅差の試合で1イニングだけ出てきて、確実に抑えるのが彼の仕事。たった1イニング。されど1イニング。

201123-34.jpg

↑売店でグッズを捌いていた中継ぎの三井。扱いに差がありますね(笑)。けれど、三井はすごく大きな声を出して笑顔でがんばってました。西武の選手は皆嫌な顔一つせず、ファンサービスしてくれるので、そういうところにも好感が持てます。

201123-35.jpg

↑本当に色んなところにフツーに選手がいるので、それを探すのも楽しかったです。

201123-36.jpg

↑こちらは、カレンダー売り場にいた松坂健太です。個人的にはこの日のMVPは彼にあげたいです。
というのも、僕と後輩が初めて握手したプロ野球選手が彼だったからです。僕ら、この日で1番テンションが上がったかもしれない。野球選手の手はとにかくでかかった。僕だってでかい方なのに1.5倍くらいありましたね。思わず、手でかいっすね、って言ってしまった。それとマメがたくさんあった。これも日々の練習の賜物ですね。松坂は精一杯声を枯らしてがんばっていました。笑顔で人柄もよく、いい兄ちゃんって感じでした。

201123-37.jpg

↑松坂健太は若いし、これからまだまだ伸びると思うので、来年特に注目しようと思います。今年も前半は結構活躍したんですけどね。そのうち、「西武の松坂」といったら誰もが松坂健太を想像するくらいの選手になってほしい。

201123-38.jpg

↑ドーム前ステージでトークを行う、石井貴コーチと新人投手達。

201123-40.jpg

↑トークショーの百戦錬磨、石井貴は面白いので大好きです。笑いのツボをよく抑えてます。完全にその場の空気を支配し、リードしていました。非常にいい勉強になります。新人投手達も石井貴を前にたじたじでした。

201123-41.jpg

↑この人の引退試合では、あのクールな涌井が泣いたんですよね。普段はきっと面白いことばっか言ってるわけじゃないんだろうと思う。チームにいい雰囲気を与えてこの人のためにがんばってやろうと思わせる、石井貴はそんな人なのかもしれないです。

201123-44.jpg

↑左から中田選手・武隈投手・平野投手・木村投手。いずれも若さ溢れるフレッシュな選手達なので、これからの活躍が楽しみです。平野投手なんかはイケメンだし、実力さえあれば岸のようにブレイクできるかも。

201123-49.jpg

↑1年間西武ライオンズを応援し続けたBlue Windsの皆さん。最後は色添えということで彼女らの写真で締めたいと思います。この時ばかりは、あまり野球に興味がなさそうなオタクっぽい人が集まってました。あんまりかわいい子いないのが残念ですけど、踊りはすごいです。関係ないけど、台湾の統一の応援ユニットはかわいい子多かったなあ。

201123-50.jpg

↑これにて、とりあえず今年の僕の「西武ライオンズ応援の旅」は完結です(いつから、そんなタイトルついたんよ!?)。
毎週のように西武の応援に出掛けて、野球ってこんなに面白いもんなんだって教えてもらった気がしました。
やっぱり、テレビじゃダメです。野球場に行かないと本当の野球の面白さってわからないと思います。
まず応援が楽しい。チャンスの時はワクワク、ピンチの時はヒヤヒヤ、どちらも手に汗握る臨場感たっぷりの攻防。それに球場で選手の練習を見ながら、その日の先発や試合展開を予想しながら食べるご飯が美味い。勝利後のビールが美味い。逆転やサヨナラならなおさら。
勝ったあとのなりふりかまわぬ見知らぬ人とのハイタッチ。帰りの中の電車で、その日の試合の余韻に浸る。
どれをとっても最高でした。
僕は来年も西武ライオンズを応援します。

  1. 2008/11/23(日) 15:26:24|
  2. 西武ライオンズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。