イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アジアシリーズ2008決勝 西武ライオンズ 対 統一ライオンズ

11月16日、アジアシリーズ2008決勝、西武ライオンズ 対 統一ライオンズの試合を東京ドームに見に行きました。お邪魔します。巨人さん。
先週、巨人をぶっ倒して日本シリーズの王者になった西武ライオンズ 。
日本シリーズからたったの3日しか試合間隔が空かず、中島、細川、西口、石井一、GG、外人選手一同抜きという非常に苦しいメンバーで挑んだアジアの頂点を決めるアジアシリーズ。
初戦で韓国のSKに誤審で負けるという不運な目にも合いましたが、蓋を開けてみれば、続く台湾の統一戦を岸の活躍で2対1で下し、中国の天津には16対2という大差で勝ち、失点差でも文句なしの1位通過でした。決勝戦でSKにリベンジ、そう思っていた西武ファンは僕だけではないと思いますが、統一がSKを破るという番狂わせを起こし、決勝の相手は統一に。
渡辺監督は台湾でも教えていた経偉があり、これもまた運命的な巡り合わせだったのかなと思いました。実際、統一は強かった。特によかったのは投手陣。
予選で当たった時も主力を欠くとはいえ、西武の強力打線をたった2点に抑えこみ、この日も9回まで無失点に抑える好投を見せます。西武打線の快音は聞けず、また負けてしまうような嫌な予感がありました。最悪、負けてもまあいいかな、と少しは思いました。巨人を倒して日本一になるというのは、それだけですごく大義名分があった。日本の4連覇やアジアシリーズ覇者というのも響きはいいけれど、無理してまでとるものでもないと思っていました。故障者もたくさんでていたし、選手にはもう休んでほしかった。もし負けたら、韓国や読売にがたがた批判されるんだろうな、と思いながらも。
ただ、こちらも西武の絶対的エース涌井が好投。立ち上がりからいきなり安打を放たれ、大丈夫かと思いましたが、さすがにそこはエース。すぐに立て直し、そこからは危なげなく安定したピッチングでスコアボードに0を並べます。
両チーム譲らず、痺れるような投手戦の様相を呈していきます。
1番ヒヤヒヤしたのは6回で涌井が苦手とした1番の左打者を前に降板したあと。星野は抑えてくれると思ってたんですけど、そのあと誰が投げるの?と思ったら大沼がでてきて。大沼ってなんか危なっかしいなあ、と思ってたんですよ。あんまり日本シリーズでもよくなかったし。で、実際危なっかしかったんですけど、この日は赤田がいい場所にいてくれて、脚も早いものですから、何度もフライでアウトを取ってくれた。僕的アジアシリーズMVPは赤田にあげたい、と思ったくらいです。大沼もよくがんばったけどね。
岡本真がリリーフで出てきて、僕らはまたいい予感がしなかった。それというのも前に見に行ったとき、ラミレスにサヨナラを打たれたからなんですけど、この日はばっちり抑えてくれました。
試合が動いたのは最後の最後。9回裏2アウトの場面。石井義人がフォアボールで出塁すると、そこで期待していなかった佐藤友亮がタイムリーを放ちます。
石井義人が緩慢な相手外野手の返球の隙を突き、一気にホームに猛ダッシュ!1987年日本シリーズの辻の伝説の走塁を髣髴とさせる走塁で劇的なサヨナラ勝利を飾ります。
MVPはおいしすぎる佐藤友亮。
西武には強力な長打という今年の武器があり、なおそれが封じられても、伝統的な脚を使ったスモールベースボールがある。主力が駄目でも、そんな時こそ脇役にスポットが当たる。それが今年の西武の強さの本質ではなかったでしょうか。
2週続けて優勝だなんて、運気を全て使い果たしちゃったんじゃないかっていうくらい贅沢な気持ちでしたが、嬉しかったですね。別に優勝できなくても、それでもよかったけど、やっぱり優勝っていうのは嬉しい。特別だから。だからきっと皆1番を目指すんだな。何度でもおめでとうを言いたい。とてもいい試合でした。
では、日本シリーズに続き、アジアでもNO.1になった西武ライオンズの優勝直後の写真をどうぞ。

201116-001.jpg

↑東京ドームをレオが駆ける。日本シリーズでは見られなかった光景。最近東京ドームによく来るので第2のホームみたいな気がしてきた(笑)。

201116-002.jpg

↑西武球場に比べると空調が効いてて温いから、レオとライナもびっくりしたんじゃないかな。ついでにマーキングでもしていけ。レオとライナにはTDLも征服してほしいな。

201116-003.jpg

↑これは試合前の国家斉唱の写真です。この日は雨だったのに日曜ということもあり、たくさんのブルーでドームが埋め尽くされました。

201116-004.jpg

↑優勝後のセレモニー。西武ライオンズと統一ライオンズが並びます。2つの獅子に惜しみない拍手を。

201116-005.jpg

↑皆総立ちで、戦い終わった選手達に暖かい声援を送る。

201116-006.jpg

↑優勝の瞬間、歓喜の声に、飛び散るテープ。

201116-007.jpg

↑感動の胴上げ。ナベQが宙を舞います。

201116-008.jpg

↑ナベQ、ありがとう。そしておめでとう。来年も西武をお願いします。

201116-009.jpg

↑バンザーイ!バンザーイ!バンザーイ!

201116-0010.jpg

↑試合が終わっても、誰も帰る人はおらず、はためく青いフラッグと応援歌がいつまでもドームにこだまし続けました。

201116-0011.jpg

↑戦いを終えた選手達がこちらに向かって歩いてきました。

201116-0012.jpg

↑ファンに感謝の意を示すように、選手達はお辞儀をし、手を振ります。

201116-0013.jpg

↑1番光ってるものってなんだろう。つい、ミスチルの「GIFT」が聴きたくなる瞬間です。

201116-0014.jpg

↑来年もきっとライオンズは快進撃を続けてくれる。信じてもいいですよね?そう、僕らはノーリミットです。

201116-0015.jpg

↑平尾は統一の選手とユニフォームを交換してました。統一も本当にいいチームだった。ありがとう。

スポンサーサイト
  1. 2008/11/16(日) 00:16:06|
  2. 西武ライオンズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。