イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アメリカンアイドルシーズン6によせて。

今年のアメリカンアイドルシーズン6も無事終わりました。
アメリカンアイドルってのはシンガーを発掘するアメリカのオーディション番組なんだけど、僕の本命だったジョーダン・スパークスが見事優勝しました。おめでとうを云いたいですね。
テクニックではメリンダだったろうけど、ジョーダンの歌が1番引き付けられるんだよね。声質、声量、感情移入。最後の「This is my now」(こちら)は鳥肌モノだった。すごく感動し、圧倒されました。
今回はTOP4まで順当だったし、予想通りではあった。ジョーダン、ブレイク、メリンダ、ラキーシャ。男はやっぱりブレイクだけしか残りませんでしたね。正直TOP2までブレイクが残るとは思わなかったけど(それだけ今回は女性陣がすごすぎた。)、ボンジョビの回での「You Give Love a Bad Name」(こちら)の完成度がやはりネックになったと思います。あれはカッコよすぎた。あれがなければ、メリンダがTOP2だったでしょうね。
メリンダには何か新しい引き出しが期待できないような気がした。全米は期待感でブレイクを残したのでしょうね。ただ、その分決勝戦は結果が読みやすかったな。ブレイクは歌唱力では太刀打ちできないので、いい選曲をしてそれをどれだけ上手く料理できるかが腕の見せ所だったわけですが、最後の曲はビートボックスを入れたりアレンジしにくい、いわゆるブレイクには向かない曲だったので、分が悪かったですね。ジョーダン対メリンダだったら純歌唱力対決になって、また面白かったと思います。早くジョーダンの歌声をCDで聴きたいものです。ビートボックスを多用するであろうブレイクのアルバムにもすごく惹かれるものがある。
ただ今シーズン、ダイアナ・ロス、ジェニファーロペス、マイケルブーブレ、ビージーズ、アースウィンド&ファイア、ピンク、ボンジョビ、グウェンステファニー、マルーン5、グリーンデイ、ボノ、マドンナなどなど超大物ゲストがこれでもかというほどでてきて、次シーズンから呼ぶ人いなくなっちゃいそうですよね。大統領夫妻まで出ちゃったしね。もうほとんど大物は出てきちゃったから、誰が出てきても驚きがないというか。次シーズンはぜひ、ノエルやらトム・ヨークやらイギリス系のメディアに対して好意的じゃない人たちを引きづりだしてもらいたいです。難しいだろうけど。
それにしても最後の回はサンジャイヤがエアロスミスのギターをバックに歌ってたじゃないですか。エアロも安売りしすぎですよね。歴代の優勝者によるビートルズメドレーやジョーダンとブレイクの「Isaw her standing there」はわくわくしたけどね。
そのうち、優勝者ばっかり集めてその中のさらにトップを決めたら面白いですよね。超ハイレベル。順グランプリまで入れてもいいけど。そしたら、ドートリーやジェニファーハドソンも入れたくなるな。夢は広がります。こういうメディアの使い方は大賛成。アイドルギブズバックだって偽善的といわれようがなんだろうが、確実に役に立ってるわけだからね。メディアの持つ影響力が巨大なアメリカだからこそなせる技。アメリカには夢がある。そういう性質は格差を生むような悪い面もあるけど、大逆転だってありうるわけじゃないですか。
光の当たらない人間は自分の手で成功を勝ち取るしかない。そういうたくましい土壌がアメリカ社会の背景にはある。こののっぺりとした平和な日本で暮らしていると時々そういうものに嫉妬したくなります。
まあ、何はともあれ、ジョーダンおめでとう。ブレイクもおめでとう。二人の活躍はこれから。期待したいです。そしてまた来年の新シーズン、どんなスターが生まれるのか楽しみです。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/24(日) 15:58:20|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

献血

kenketsu.jpg

先日、26にもなって初体験しちゃいました。何の初体験かというと「献血」です。
これもまた仕事で仲良くさせてもらってる方から(梅をくれた方とは別の方です。)のお願いだったので、断るわけにもいかず・・・やむなく、というか喜んで協力させて頂きました。社会的にも貢献できることだしね。すごく苦手なんですけどね。その、注射やら、血を見たりするのが。僕ビビリですから(笑)。
寝かされて、針刺される前、ビビってそっぽ向いて、気を紛らわそうと鼻歌でマルーン5とか歌ってたら献血センターのお姉さんに真剣に心配されたからね。「大丈夫ですか?できますか?」って(笑)。
「針を見るのも、血を見るのも、ほんとにイヤで大の苦手なんです。」と云うと、「じゃこっちは見ないで下さいね。終わったら合図して教えますから。」と云われました。
結局10分くらいで、400mℓ(小さいペットボトル2本分程度。)とられたんですけど、やっぱり嫌なものは嫌なものです。血をとられてる感覚はほとんどないんですけど、それが逆に怖いと思った。だって感覚はないのにペットボトル二本分も体から血が抜けてってるわけですよ。とられてる間、このまま血をとられ続けたら俺死ぬんだ、とかいらんこと考えちゃうんですよね。
で、合わせて僕は低血圧で、血が濃いってことを教えてもらった。血が濃いから大丈夫です、って云われた。注射は検査用に一箇所と、献血用で一箇所、合わせて右と左に二箇所、受けます。注射嫌いの人のために一応書いときます。
血の量っていうのはすぐに戻るらしいんだけど、濃さが戻るのに時間がかかるので次回は半年くらい経たないと受けられないみたいですね。
やったあとはなんとなしに力が入らないような気がした。血を抜かれたことによる影響ではなくて、血を抜いたっていう事実に気持ちが萎えちゃって。
献血のあとは特に水分補給に気を付けて下さい、とのことです。終わったあとコーヒーを頂きました。
またやりたいか、と聞かれると微妙ですけど、しばらく経ったらやってもいいかな、とは思いました。
ところで、上の写真は赤十字キャラクターの「けんけつちゃん」と云います。子どもの頃から献血に親しんでもらおうという狙いが込められたキャラクターだそうです。なんでも語尾にいちいち「…っち!」とつけるちょっとウザいやつです。でもかわいいよね。
  1. 2007/06/24(日) 05:52:27|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。