イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アメリカンアイドルシーズン6、残り8名。

昨日は久しぶりに何の変哲もない日曜日でした。
好きな音楽をゆっくりと時間をかけて聴いたり、格闘技を見たり、たまにはこんな日曜日もいいものです。
思えば近頃走りっぱなしで自分の足元も見れていなかった。
そうそう、アメリカンアイドルシーズン6、今年も熱いですね。とうとう候補者も8名にまで絞られました。パフォーマンスにも磨きがかかってきて生き残りを賭け熾烈な争いが繰り広げられています。
今回僕がイチオシなのは女性ではジョーダンとメリンダ。男性ではブレイクです。
今シーズンは最初から指摘されてるように、女性陣が豊作で、男性陣が不作なシーズンになったと思います。女性陣はパワーボーカルで歌唱力のある人が大勢いたし、最初はこんなにレベルの高い中から誰落とすんだよ、って感じだったんですけど、回が進むごとにその中でも差が出てきて、更に歌唱力のある人が生き残り、(これが、ラキーシャ、メリンダ、ジョーダン。この3人は最初からずば抜けていた。)ステファニー、サブリナは同じ土俵で勝負したせいで、ふるいにかけられ、落とされた。逆にセクシー路線に走ったヘイリー、ロック担当でいったジーナ(先日ついに落ちてしまったけど。)、若さと同情票で生き残っているサンジャヤは違う土俵で勝負してかろうじてつなぎとめている感じ。海軍出身のフィルも落ちるのは時間の問題でしょう。とにかく歌唱力ではあの3人には勝てないでしょう。特にメリンダはその中でも歌に説得力をもたすこと、起承転結のメリハリづけが抜群で、今回紛れもない優勝候補だと思います。ラキーシャはうまいけど、なんか僕にはひっかかりがないんだよな。やせたらめちゃくちゃ美人だと思うんですけどね。
男性陣はほんとブレイクしかいない。クリス・リチャードソンはイケメンだけど、なんか歌い方が気持ち悪いし、歌も退屈で新鮮味がなくマンネリしてきた。サンジャヤなんて問題外。前シーズンのケリーと同じような人気で残ってるタイプですね。明らかにレベルが違う。
ブレイクみたいなトリッキーなタイプは大好物ですね。ぜひ優勝しなくても3位くらいまでは残って、デビューして頂きたい。ミュージックボックス全開のアルバムを。彼が唯一まともに音楽として別の土俵で勝負できてますよね。彼のステージのみ、世界観ががらりと全く変わるんですよね。
でも大本命はというと、ジョーダンなんです。メリンダやラキーシャもいいけれど、二人はすでに出来上がっている感がある。ジョーダンにはまだ完成されていない未完成の魅力を感じます。特にダイアナロスやルルの回で歌ったようなバラードで彼女は光る。画面に釘付けで目をそらすことができないくらい、どっぷりと惹きつけられてしまいます。それは彼女自身が歌にものすごく感情移入しているから。それがものすごく見ているこっちにストレートに伝わってくる。魂をそのまま投げつけられたような感動がある。どこまで上手くなるのか、少しでも彼女の成長を長く見ていたいものです。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/30(月) 10:03:48|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イメージチェンジ!

sur shelter private」に「イメージチェンジ!」の記事をUPしました。どんなイメージチェンジなのかは見てのお楽しみで。
  1. 2007/04/30(月) 02:26:50|
  2. 告知|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Y氏の肖像

y.jpg

↑とある知り合いを描いたもの。まあデッサンの練習がてらです。
  1. 2007/04/23(月) 22:35:17|
  2. 絵画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

小手毬-実写-

春ですね。散歩日和の日々が続きます。
仕事も充実してるし、絵も自然と出来てくる。今年は過去何年かにないほど、創作意欲が充実してます。今までは色んな意味やメッセージ性を作品に求めていたけど、今は特に意味のないものを描くのが楽しい。それこそ最近の作品て、「dada savanna」のwingにもfangにも分けられないような作品じゃないですか。無意味なものを描いて、出来上がった時に自分でも気付かなかった意味がそこに現れるので、僕はただ無心に絵を描くことに集中できる。とても自然な精神状態で描けてると思います。今日はWiLDHEARTSの新作を聴きながら近所をゆっくり散歩しました。またまたすごい作品をジンジャーは作り出したもんだ。たまにはこんなスローな休日もいいもんです。
もちろん選挙にも行きました。何も書かず、白票で出して政治不信の意思表明をしたつもり。いいんですよ。それも1つの参加の仕方なんだから。行かない奴が一番悪い。あとで思ったけど、うんこの絵でも付け足しておけばもっとよかったかな(笑)。

kode1.jpg

kode2.jpg

kode3.jpg

↑本家本元、小手毬の花であります。春はそこらじゅうで見かけることのできる花。かわいくて身近な存在です。

abusoba.jpg

↑腹ごしらえには、新青梅街道沿いにある「幸来」というラーメン屋さん。私的ベストのラーメン屋さんです。とんこつ背脂たっぷり系。何年も通ってます。最近僕の中で流行ってるのは、ここの油そば。味、ボリューム的にも大満足なのです。やわらかいチャーシューとたまごが最高です。
  1. 2007/04/23(月) 03:48:24|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

小手毬-優しい心-

kodemari-.jpg

新作です。
タイトルは「小手毬-優しい心-」。
「小手毬」はコデマリと読みます。彼女が誕生日だったので、そのために描き下ろしました。
小手毬は彼女の誕生花なのです。
小さな花が丸く集まって咲く様が手毬に似ているため、「小手毬」という名が付けられました。花言葉は「優しい心」、「伸び行く姿」、「努力」、「優雅」、「品位」。
他にも誕生花はいくつかあったのですが、この花の花言葉と容姿が1番可愛らしくてぐっときたのでこの花に決めました
今の季節、道端でもたくさん目にすることができる花なので、見つけたら少し立ち止まって眺めてみて下さい。本当に優しい心にされる花です。
今年は年賀状から「たくさんの花と出会えますように。」と宣言したように、なるべくたくさんの花の絵を描こうと思ってます。
  1. 2007/04/17(火) 07:21:40|
  2. 絵画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

花見in井の頭公園 2007 写真集

sur shelter private」に「花見in井の頭公園 2007 写真集」のレポートをアップしました。関係者の方はご覧下さい。爽やかかつ華やかな写真が撮れました。ぜひ!
  1. 2007/04/16(月) 01:17:44|
  2. 告知|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

花見in井の頭公園 2007

sakura1.jpg

先日、井の頭公園にて、渋谷トナカイ(僕の仲間内の総称。)お花見会をしました。
毎回お花見はいつものメンバーに何割増しか女子が加わり、華を添えて豪華メンバーで行われるんですが、今年も10数名ものメンバーが揃いまして、とても賑やかで華のあるお花見会になりました。
男の子もいつもより色めきだっておりました。
桜はもう葉桜に変わりつつありましたが、思ったよりもずっと花弁が残っていたし、最後の命を燃やし尽くす如く、はらはらと花吹雪を降らせる姿は美しくはかなく、艶っぽく感じられました。
イベントの出来としては及第点はいってたと思うし、それなりに盛り上がりどころもあったけど、人数多すぎてそれぞれのキャラクターが活かしきれてなかったところが反省点ですね。中には早くに帰っちゃう子もいたし、そういう子が帰りたくないって云わせるくらいの盛り上がりにしたかったんだけど、それができなかったので、僕ももっとがんばりたいですね。
なんて冷静な分析はともかく、何事も起こらず、皆が楽しめて無事終われたことをよしとしないといけませんね。僕も例年のような暴挙に出なかった自分を褒めてあげたいです(笑)。その時は楽しいけど、あとでめちゃくちゃ反省するもんね。色んな盛り上げ方、穏やかなのも激しいのもできる、そんな僕の人間力、引き出しを磨いていきたいですね。
色んな人と話せてよかったです。あんなにお酒をぶっ続けで飲むのも年にそんなにないことだし、楽しかった。とにかくお花見の時は女子が美しくていいです。そう感じるように感覚器ができてるのかもしれないですけどね。春は一番好きな季節。現実と夢の境界線が薄くなって、交わる点の上。心地が良くてどこかへいきたくなっちゃいますね。

sakura18.jpg

↑水面が白い花弁で絨毯のように埋め尽くされる様もなんともいえない風情がある。ちなみに桜の花言葉は「純潔」だそうです。
  1. 2007/04/12(木) 02:51:52|
  2. フレンドシップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いざない

izanai

新作です。タイトルは「いざない」。今日、井の頭公園に花見に行くことが決まっていたので、すでに出来上がっていたのですが、見終わったあとでアップしようと思っていました。
桜も今週でほぼ見納めになるだろうし、アップするなら今がベストだし、感慨深いものがあるし、いいプレゼントになるんじゃないか、そう思ったんです。
春は出会いと別れの季節。それを象徴するように咲く桜。あっという間に散るいさぎよい爽やかなイメージもあれば、夜になれば闇の中でうごめく女性の柔肌のような妖艶なイメージもあるのが桜だと思います。
春になると何か新しいことにチャレンジしたくなる。進学だったり、就職だったり、恋愛だったり、旅に出ようと思う人もいるかもしれません。そうやって人の心をここではないどこかにいざなっているのが桜だとしたら、それは素敵なことだと思い、この絵を描きました。
  1. 2007/04/09(月) 00:29:38|
  2. 絵画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

反芻

気が付くともう4月。また更新滞っていましたね。もうすっかり春。
僕は去年から花粉症なんです。この季節になると変なデキモノが出てくるし、鼻が止まらない。朝が辛いですね。まだ軽度なんで大丈夫ですけど、周りの人もかなりマスク率が高く辛そうです。皆さん元気でお過ごしでしょうか。
なんというか、これということなく、職場と家を往復する毎日なんですけど、刺激もスリルもあるし、それなりにいい感じの20代半ばをやってますよ。まあ、相変わらず浮き沈み激しいけどね。今日「俺天才じゃん!」って思う日もあるし、逆に何やっても駄目ってときもあるし。私的にはオールウェイズ、エヴリデイいつでも本気でバッターボックスに立っていたいけど、どうしたって失速するしねえ。モチベーションもそんなに長く続かない。
週末にはボーリングもやるし、いい音楽にもたくさん出会える。最近はメタル流行り(自分の中でね。ちょっとノリ遅れたよね。)でTRIVIUM、MASTDONといったマイナーなメタルのバンドを聴いて興奮してます。一方じゃ、ミスチルやボニーちゃんも聴いてる。ミスチルは最近のアルバムの中ではベストと云っていいくらい「HOME」の出来がいいし、ボニーちゃんの新曲「ANYTHING FOR YOU」にはライブDVDがついてて、これがまたいい雰囲気なんです。
本は最近読んでないけど、吉本ばななの「うたかた/サンクチュアリ」を読んでとても心打たれました。二部構成なんだけど特にサンクチュアリの方に。お互いに最愛の人を亡くした男女が出会い、新たな一歩を踏み出すという、活字にするとなんとも陳腐ですが、泣けるいい話でした。
あとはあとは・・・。ああ、そう僕の大大大好きな某格闘技団体は外資に食われて淋しいことになってますね。地上波打ち切られてから余計に熱く盛り上がって変わらず支えてきたけれど、これでやっと1つのピリオドが打たれたのかな。でもこれがまた始まりでもある。形は変わるけれどいいものは生き残る。僕はそう信じています。これからも応援するし見続けるのでしょう。
今は絵を描いてます。新作です。なんのメッセージ性もない、単に人に描いてみてほしいと云われ、気軽に描きはじめた絵です。でも描いていく中で、常に閃きのようなものがあるし、楽しいです。何かと友人のヨシノ君が絵を描いて写メールしてくれるんで、そういうのに触発されたのかもしれない。ヒントを出すと、バリバリ季節モノがモチーフになってるんですけど、もうすぐ完成する予定だから詳細は内緒にしておきます。すごくぶっとんだ名作って感じではないけど、慈しむように大事に育てるように描いているので、いい作品になりそうです。それじゃ。
そういえば今年は念願の初の海外旅行も叶いそうです。
  1. 2007/04/03(火) 04:40:14|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。