イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

なかよし

nakayoshi.jpg

お約束通り、なかよしメンバーの描き下ろし似顔絵です。
わりと力作。一目瞭然ですが、あっさり描けた人もいれば、似なくて苦労した人もいます。
一応、上段は左から秋山亜軌、なっちゃん、S.T.O。下段はシンちゃん、ヨシノ、フィジーです。
アレンジはどうしようかな、と思ったのですが、線に味があったので、その素朴な感じをなるべくそのまま活かせるようなあっさりしたアレンジにしました。線の修正も最小限に抑えてゴミ取りくらいしかしてない。
これはいつも云っていることだけど、好きな人たちを描いているのは本当に楽しいです。自分だけで描いてる気がしません。皆それぞれにキャラがあるから勝手に向こうから色んなメッセージを語りかけてきてくれる。僕はそれをキャッチするだけでいいんです。僕はそういう「声」まで形にしたい。がやがやした会話が聞こえてくるような人間くさい肌触りのいい体温を感じられる絵をたくさん描いていきたいです。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/19(月) 03:41:20|
  2. フレンドシップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

博多鉄なべ餃子なかよし

こないだの日曜日(3月11日)、2か月ぶりに海外から帰国した友人のために、飲み会を開きました。
南阿佐ヶ谷にある、「博多鉄なべ餃子なかよし」というお店です。
このお店、おいしい餃子のお店ではちょっとした有名店のようです。
店名の通り、「なかよし」のメンバーで集まって、おいしい餃子をほうばりながら友人の土産話を楽しく聞きました。

gyouza1.jpg

↑鉄鍋でこんな風にボリュームたっぷりにでてくるんですけどね。これがアツアツのカリカリで非常においしかったです。ハイ。

gyouza2.jpg

↑おいしい音が聞こえますか。ビールとの相性も最高。接客業ということも忘れ、おなかいっぱいになるまで食べちゃいました。

niratama.jpg

↑これも相当においしいニラ玉。

nattou.jpg

↑こちらは黒豆納豆。普通においしい。体にもよさそうです。

海外から帰国した友人は、海外でケータイやらデジカメ、i-podを速攻パクられ、帰国すると彼女にフラれるというさんざんな目に合いましたが、元気そうだったので何よりでした。とりあえず元気があればなんでもできるからね。
メンバーはヤンキーのシンちゃんと、方向性を見失ってるフィジーと、トイレ大好きS.T.Oと平成のスカーレット・オハラなっちゃん、ワタクシ秋山亜軌、そして帰国したばかりのヨシノ君でお送りしました。
なっちゃんからの要望でもっと絵日記を多くしてほしいとのことなので、今度、この日のメンバーの似顔絵も追加で載せますよ。今回はスケートの時と相当画風が違うけどね。それでは。
  1. 2007/03/13(火) 01:43:00|
  2. フレンドシップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

これからほしいCD。



↑WiLDHEARTS、4年ぶりの新作です。ワイハはサマソニで見て、一目ボレして以来、ベストアルバムから聴き出して、今や過去のアルバムやレアなシングル盤まで集め出すくらいのファンになってしまいました。このバンドのジンジャーというフロントマンは制作モードに入ると、1枚のアルバムに入りきらないほど、みさかいなく曲を作ってしまい、しかもシングルで切る曲も、アルバムに入れる曲も同じくらいのクオリティーで書いてしまうので、アルバムやシングルのB面に名曲があることもめずらしくないのです。このバンドのリフは本当にかっこいい。ビートルズミーツメタリカ、と呼ばれていてビートルズがメタリカのサウンドを手に入れたようなバンドと形容されています。もう今や聴かない日がないくらい中毒のへヴィロテ状態です。最近はジンジャーのソロ名義での活動が目立ってたけど、ようやくバンドの音が聴けます。今からドキドキです。ただ、このバンド、非常に解散と再結成が多い問題児バンドでもあります。どうか恒例の解散なんてしませんように。



↑MR.CHILDREN、「HOME」。僕のミスチル好きは有名ですね。最近の3枚のシングルの中では、ダントツで「しるし」が好きで、「箒星」「フェイク」はイマイチって印象ですかね。最近のミスチルは前に比べるとちょっとメッセージ性が弱くなってきてるのが気になります。ひねりもあまりにないし。そのせいかあまり熱くなれないんですよね。桜井和寿はまだまだこんなもんじゃない。昔っからのファンにはわかっています。「I love U」には期待しすぎたので今回は控えめにします。だって桜井さん期待してないときに限ってめちゃくちゃいい曲書いたりするんだよな。今回のアルバム収録曲は未発表のものが多いので、それが楽しみ。とりあえず「彩り」は「君がいた夏」のようなグッドメロディーで、名曲決定なので、早く他の曲も聴きたいですね。



↑アメリカンアイドルもFOXでシーズン6が始まり、熱が加速しはじめています。今回僕が優勝しそうと目をつけているのはベイリー・ブラウンていう田舎の女の子です。ところで去年の暮れから、シーズン5のファイナリストたちのアルバムもどどどっと出てきています。大好きだった優勝者テイラー・ヒックスのCD。これも買わないとな。



↑こっちは準優勝、キャサリン・マカフィーのCD。どんどん垢抜けてきれいになりました。テイラーはパフォーマンスが好きなのでどっちかというとライブで見たくて、CDでじっくり聴きたい本命はキャットのキレイな声だったりする。



↑こちらは惜しくも3位のエリオット・ヤミーン。地味だけど技巧派で、日本人からは特に人気がありました。これもじっくり聴くにはいいのでは。ジャケ写を見ると痩せてかっこよくなった印象がありますね。
  1. 2007/03/09(金) 22:17:39|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

最近読んだ本。

ヒマがあると小説を読むことが多いので、今回は僕が最近読んだ小説の紹介をします。誰にでも紹介できるものもそうでないもの(笑)もありますが、いずれもその道では突っ走ってるものなので楽しめるのではないかな、と思います。



↑奥田英朗、「インザプール」。これは必読っていう本じゃないけど、全ての疲れた現代人にオススメする娯楽作ですね。伊良部医師が様々な精神的難病患者を破天荒な治療(?)で救済していくお話がオムニバス形式で描かれています。これ、シリーズもので、他に「空中ブランコ」「町長選挙」というのがあるんですが、たぶんこれが1番面白い。看護婦のマユミちゃんをはじめ、登場人物のキャラクターが立っているので、親近感や愛着が持てる。伊良部のはちゃめちゃさと、意外としっかりしてる患者の対比も、効いてます。とにかく娯楽に徹した作品なので、難しいことは考えず、単純にただただ楽しめる小説です。いい意味で軽くて、テンポのいい文体でこれぞエンターテイメントっていう作品。



↑村上龍、「フィジーの小人」。これは、あまり人には薦めない(笑)。村上龍のある分野(エログロ方面でのね。)での真骨頂を発揮しまくった作品には間違いないんですけど、いかんせん振り切れすぎだ。しかも後半、まとまりがなく散漫で中途半端な印象があります。中盤の主人公の祖父の日記をもっと膨らましてほしかった。そしたら快楽ファンタジーっていう新しい分野の作品になったろうに。そう、この作品はジャンル的にはファンタジーだと思うんですよ。ただ他のファンタジーに比べ、異様に性的描写が多いっていうのが特徴。龍作品はそういう目を背けたくなる残酷な描写がつきものだけど、インザミソスープにしてもピアッシングにしても五分後にしても希望の国のエクソダスにしても、それだけじゃない深いテーマがあって重厚な迫力のある文体に圧倒されて最後まで読んでしまうんだけど、この作品にはこれといったテーマを見出せず、グロイだけの小説でしたね(笑)。ところで僕的に龍の1番好きな小説は69だったりする(笑)。



↑吉本ばなな、「アルゼンチンババア」。何気にばななの小説を読むのははじめて。薄いので1日で読んじゃいました。なんというか、設定的にはメルヘンで少女漫画っぽいなあ、って感じでしたけど、けっこう感動した。特に裏切りもないけど、さらさら読めて、まっすぐに伝わってくる。ピュアで素直で温かくて楽しくて、ほんのり切ない。今もばななの他の本を読んでるけど、この人の伝えたいイメージって傾向があるんですよ。子供の頃のなつかしい古きよき家族のイメージというか、郷愁っていうか。読んでいてとても気持ちが静かになっていく真っ白なイメージ。あまりに朴訥な文体とシンプルな言葉選びをしているので、この人が数々の文学賞を獲ってるっていうのは、ちょっと信じがたいんですけどね。でも簡単な言葉で誰しもに伝える方が難しい言葉で説明するよりよっぽど大変なんですよね。素直にいいものはいいとだけここでは云っておきましょう。
  1. 2007/03/08(木) 01:07:18|
  2. 読書|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東京マラソン2007 -舞台裏-

「東京マラソン2007 -舞台裏-」のレポートを「sur shelter private」にアップしました。
関係者の方はどうぞご覧下さい。安田君を支えるサポーター達に焦点を合わせた内容になっています。
  1. 2007/03/07(水) 01:37:49|
  2. 告知|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

172

skoa.jpg

↑二週間ぶりにS.T.Oと荻窪ユアボールにて、ボーリングをしました。今回なぜか同じフロアの他のレーンの人が皆ハイレベルだったので、それに引っ張られたのか、ハイスコア172をマークしました。いやあ、やればできる子なんですよ(ヨシノ口調。)。

hinai1.jpg

↑ボーリングの後は、同じく荻窪の日内屋さんで、秋田産、日内鶏の親子丼を食べました。これがウマイ!!

hinai2.jpg

↑アップ写真。いいにおいがしてきそうでしょ。卵がとろとろで美味しいのです。日内鶏の食感も、普段食べてるのと大違い。なんかしゃきしゃきします。
次回ボーリング後もここで昼食にしたいです。これ食べたあとは定番コース。バッティングセンターで汗を流してきました。さわやかな日曜日でした。
  1. 2007/03/04(日) 23:38:14|
  2. フレンドシップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。