イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

願いを込めて

いやあ、早いもので今年ももうあと2日。いや、もう日をまたいでるから一日ですね。早い。早いな。一年て本当に。たぶんこれで今年のブログは終わりですね。
もう振り返らないとね、一応締めくくりにふさわしい文章を書かないといけませんね。格闘技の予想で終わっちゃうのもしまりが悪いもんね。
っていってもけっこう何度も書いたことになっちゃうんで、自分の中では今更なあって感じでもあります。
総括すると、ジェットコースターみたいな一年だったかな。割とアウトドアだったし。よくよく振り返ってみると、今年は元旦からバツゲームで素っ裸で早稲田通りダッシュしたんですよね(笑)。
一応このブログ、今年の3月にスタートしたんです。だから当然のように記事も今年の自分に起きたことばかり。読み返すと、あんなこともこんなこともあったなあって思い出しますねえ。
その中からいくつか厳選すると、まず自分がデザインしたCDが無事リリースされたこと。これは本当に嬉しかった。夢でしたから。次はぜひロックのアルバムがやりたいです。頼まれればヒップホップでもやるよー。
あとはデザイン事務所に就職?嬉しさと重圧と半々ですけどね。とりあえず入り口には立てたかな。この先は果てないいばらの道ですけど。僕って本当ダメ人間だって毎日思いますもん。そういえば今年だけで三箇所も仕事先変わった。それもある意味ジェットコースター的。
万博。夏フェスの代わりって感じで、あまり期待してなかったのに滅茶苦茶面白かった。お堅く云えば環境への意識が高まったし、外国にもすごく興味が持てたという感じ。世界が近くなってそんなに海の向こうの話じゃなくて、親近感とリアリティーが持てたっていうこと。けっこう大きい出来事だったと思うんですよね。軽いニュアンスで云うと、世界には美女がたくさんいて、おいしいものがたくさんあるな、ということで(笑)。美術観も様々、政治、環境への取り組みも様々。食ならスリランカ、女性ならインドですよ。すごく心に残ってますね。友達と行けたのも大きかったと思う。
あとは自分で仕掛けた2度の飲み会が成功してよかった。脚本ありきで進んでいくスタイルの飲み会ね。友達、ハードゲイにしちゃったからね。
夏は男女半々くらいで青春白書ばりにはしゃぎながら花火したり、ダーツしたりした日が楽しかった。流れ者のお水との交流やギャルの台頭とか見ものだった。
他では日本一でかい怪物、じゃないや、大仏見たり、モツ鍋食べたり、うん、今年おいしいもんばっかり食べましたね。上野で魚買ってきて友達の家でさばいたり。その辺はカテゴリーの「フレンドシップ」で見るとわかりやすいですよ。
美術展も充実してて、けっこう行ったんですよね。ミュシャやモロー、フィリップス・コレクションもよかったけど、ベストはブリヂストンの青木繁展か佐伯祐三ですかね。日本勢がすっごい勢いがあって圧倒されちゃったなあ。そうそうフェルメールも忘れちゃいけない。あれ見られたのもでかかったなあ。来年絶対行きたいのは、高島野十郎。孤高の画家なんですけど、実にいびつな面白い絵を書くんです。六月から三鷹市市民ギャラリーにくるそうです。これは要チェキ。
ここからは趣味編。映画もけっこう見たな。僕が今年映画館で見たのは、ハイドアンドシークとスターウォーズ、チャーリーとチョコレート工場、の3本。まあ売れ線だね。だってわざわざ映画館ではずしたくないでしょう。ハイド~以外は現に面白かったし。あ、でもね、旧作はケーブルでかなり見ましたよ。
今年は、ベスト選べといわれたら、ラブアクチュアリーかスクールオブロックだなあ。雨に唄えば、荒野の七人も面白かった。和モノならスウィングガールズとジョゼ、花とアリスが文句なくよかった。
でもね、ヒマがあると新しいものに手を出すよりは、面白かったものを繰り返し何度も見る派なんですよ。ネバーエンディングストーリーに、シカゴに、デビッド&リサ(マイナーっすね。)ハピネス(ブラックね。)なんかは何度も見るけど飽きない。衝撃的で考えさせられたけど、二度と見たくないのはドッグヴィル。でもかなり深え、と思った。
格闘技もいまやここの話題のメインですね。僕ほどあんなに格闘技の話で熱入れて書いてる人もめずらしいのでは?と思います。やっぱり、ベストバウトはミルコとヒョードルかな。久々熱くなった。イベント的には僕はHERO`Sが一番お気に入りでした。KID、須藤、宇野、所の試合はどれも面白くて興奮できたから。選手的にはセフォーとノゲイラが一番好きなんだけど(笑)。やっぱり面白い試合ができてテクニックもあって、トリッキーで、芸術的に仕留められる選手。そんな選手がいいよね。欲張りだけど。
音楽も色々手を出しましたね。これは最近話したけど、アラニス、ナタリー、ジャックジョンソンあたりを今はよく聴いてて、上半期はステレオフォニックスとワイルドハーツをよく聴いてたな。邦楽は吉井ロビンソンの二枚目にすごくハマッた。一枚目はダメだったけど、二枚目で見事に吹っ切れてた。あのお年であんなに青春ぽいアルバムが作れちゃうのはやっぱり天才だと思った。ミスチルも世間的にあまりいい評価ではないけど、「I love U」はいいアルバムだと思った。四次元をあのタイミングで出さなければ、もっとインパクトのあるアルバムになったと思う。既発の曲が多すぎたんだよね。あれだけいい曲入ってて叩かれるのは逆に期待されすぎてるからで悪いことじゃないな、と思う。まあ、強いて言えば衝動で作ったという割りに、ゆったりした曲が多かったことでしょうか。東京事変も好き。
本はあまり読まなかったけど、古典に戻る感じで、宮沢賢治と芥川龍之介を仕事先でよく読んでました。
で、嫌な思い出は花見で頭切ったのと、仕事の歓迎会で鞄なくしたことかな。どっちも酒絡みなので、酒に注意するのが反省点。
全体的にはいいことも悪いこともあったので、上手いことプラマイゼロになるようにできてるんだなあ、と思いました。
ところで今年を象徴する言葉は「愛」だそうです。愛と名のつくスポーツ選手がたくさん活躍して、芸能人の結婚が多かったことなどが挙げられていますが、僕もこういう言葉がその年に冠せられるのは大歓迎。なんだか嬉しくなります。でも一方で列車事故やら耐震問題などもあった年で、涙を流した人もたくさんいて、そういう人にとっては愛が欲しいと求める年だったとも思います。愛がそこにあって幸せな人も、逆に欲しくて求めて途方に暮れた人も、愛っていう一つのキーワードの上にあった年だろうな、なんて思ったりもしました。身の回りの人見ててもそれは本当に感じるんですよ。そういう方向にあるなって。
世の中って相対するものが一緒にごちゃまぜになって存在している。それは個人の中にも反映されていて、矛盾しているもの、相反してるものが常に同居している。それでプラマイゼロになって、なるはずもないけど、人間はそれでも生きていける。そんな人間の生き物としての強さを垣間見た一年でもありました。
来年は皆が皆幸せになるといいですね。なんてあるわけないか、っていう決め付けが一番いけないんです。想像してごらん。ジョンもきっとそう云ってくれるはず。心より願いを込めて。
スポンサーサイト
  1. 2005/12/31(土) 02:51:22|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

FieLDS K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!予想

FieLDS K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!の方もほぼ対戦カードが出揃ったようなので予想していきます。角田選手や秋山選手が故障で出場を辞退しましたが、なんとか無事決まったようですね。須藤とKID、シュルトとホーストくらいが見所で、あとがちょっと弱い組み合わせですね。いわゆる結果が容易に読める組み合わせになってしまった。片方はいいけど、片方ダメって感じで、PRIDEの方が魅力的だなあ。

・魔裟斗 VS 大東旭 勝者予想 魔裟斗
理由 友情出演って感じで急遽決まった魔裟斗出場。でも相手が大東ってのはどうでしょう。ボクサーでしょ。どうせキックに対応できないっていうパターンであっという間に負けるのが見えてる。

・ピーターアーツ VS 大山峻護 勝者予想 ピーターアーツ
理由 ピーターアーツの総合二回目。経験の無さは不安要素だけど、今年の調子よさを見ていれば、グラウンドになる前に勝敗がつくんじゃないかな。

・中尾芳広 VS ヒース・ヒーリング 勝者予想 ヒース・ヒーリング
理由 中尾選手の思い切りの良さは嫌いじゃないけど、レスリングって決め手が無いと思うんですよね。打撃、関節がどのくらい進化したかによるとは思うけど、ヒーリングはグラウンドになるとうまいからなあ。

・ホイス・グレイシー VS 所英男 勝者予想 所英男
理由 ここは所が打撃で勝つと思う。ホイスっていうのはモノサシなんですよ。実力を測るための。KIDと須藤が共に打撃で早めに倒してるところを見ると所も早期に決着をつけるんじゃないかと思う。所の実力って須藤、KIDと拮抗してると僕は思うので、それくらいの強さを見せ付けて勝ってほしいなあ。

・永田克彦 VS レミギウス・モリカビュチス 勝者予想 レミギウス・モリカビュチス
理由 永田の投げの脅威は買いますよ。グラウンドのポジション取りも上手いんだろうよ。ただ、問題はその後何ができるのかということで。レスリング出身で成功したのは、KIDくらいで、KIDには打撃があるからいいんですよ。打撃か関節をバックグラウンドに持っていない選手は総合ではキツイと思う。でも相手が所じゃなくてよかったですね。レミガーならとりあえずグラウンドに持っていけば何もできないし、殴って勝てるから。立ち技で秒殺されなければ、永田にも勝機はあるかもね。

・ジェロム・レ・バンナ VS アラン・カラエフ 勝者予想 ジェロム・レ・バンナ
理由 バンナの総合のヘタさには不安があるけれど、相手もアラン・カラエフなんで、なんとかなるんじゃないか、ということでこの予想。同じカラエフなら、速射砲のルスラン・カラエフの方が盛り上がったと思うんですけど。どうなんでしょう。谷川さん。

・武蔵 VS ボブ・サップ 勝者予想 武蔵
理由 普通に武蔵だろ。この試合。

・セーム・シュルト VS アーネスト・ホースト 勝者予想 アーネスト・ホースト
理由 一般的にはシュルトが勝つという見られ方をされてるんだろうなと思うんですけど、ホーストは他の選手とは全然違うと思ってるんですよ。それに昔から応援してきた選手だし、がんばってほしい。GPであっさり潰されていった選手たちのカタキを取るという意味でも。ホーストはシュルトの穴をきっと見出しているんじゃないかと期待しています。負けるとしてもただじゃ負けないですよ。ホーストは。

・曙 VS ボビー・オロゴン 勝者予想 ボビー・オロゴン
理由 ボビーでしょ。フツーに。盛りあがらないっすよ。こんな組み合わせ。いい加減わかってほしいなあ。

・須藤元気 VS 山本KID徳郁 勝者予想 山本KID徳郁
理由 一番悩んだけど、KIDです。たぶん。一番見たい試合ですな。ワンマッチでは須藤強いからねえ。迷う。KIDから関節奪えればそりゃたいしたもんだけど、宇野戦で見る限り、KIDはグラウンドにはきっと付き合わないし、実際グラウンドになってもレスリングテクニックで、上手く避けると思う。KIDが関節決められる画がイメージできないんですよね。須藤もその辺は重々承知してると思うんで、打撃メインの試合になるんじゃないかと思ってます。攻めていくか、カウンターになるかわからないけど、決着は打撃で決まると思う。一発の殺傷力があるのはKIDのパンチだからKIDにしたんだけど、須藤の打撃もトリッキーで「ひょっとしたら」を常にはらんでいるものだから、読めない。ここは面白くなりそう。

とK-1はこんな感じですかね。イロモノも多いけど、なんだかんだいって楽しみですね。
  1. 2005/12/26(月) 13:38:04|
  2. 格闘技|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

誕生日

あんまり関係ないけど、ワタクシ、12月23日で25になりました。そう、天皇と誕生日一緒なんです。

i-pod nano
↑プレゼントでもらっちゃいました。流行のi-pod nanoです。これかなりいいですよ。シャッフルより大容量で液晶つきという。とにかくちっちゃいしね。巷じゃ売り切れ続出らしいですね。
ずうっとMDユーザーだった僕としてはかなり新鮮。入れ替えの必要がないし、すんごい曲数入るし。リモコンがないのは不便だけど、落とすの早いしね。早くも持ち合わせのCD落として聴いてます。取り合わせ滅茶苦茶だけどね(笑)。アラニス、ナタリーからレディオヘッド、カサビアン、ステレオフォニックス、WIZO、tilt、ジャックジョンソン、ボニーピンク、カーペンターズですから。ひどい取り合わせです。
とうとう25ですよ。この年にしちゃヤバい、ガキ過ぎると今焦ってるところですが、とりあえず嬉しい。まだ年取ることが嬉しい。それが嬉しいよ。四捨五入したら30なのにねえ。
この季節はいいんです。先が真っ暗闇だろうと、クリスマスに、年末に、キラキラしたイベントが満載で、そこに未来が予感できるから。ジョンが歌ったようにイメージが大事なんですよ。想像力が人を幸せにするんです。
何かが終わり、何かが始まる。そのシチュエーションに酔っています。
で、そんな誕生日に見たのが「スクールオブロック」という映画。
最高にスカッとした。評判通り気持ちいい映画です。それにしてもジャックブラックはよいね。彼の存在がロックですよ。
そういえば遅れましたが、「dada savanna」も早くも3周年なんですよ。今までお越しになって下さった方々、ありがとうございます。なんとかここまで続けてこられたのは皆さんのおかげです。
若輩者ですが、これからも魂込めて絵を描いていきますので、これからもどうぞダダサバ、秋山亜軌共に宜しくお願いします。あ、あと、sur shelterも。
ところで明日はクリスマスイヴ。僕もさすがにクリスマスくらいは絵も描かないで、仕事のことも考えないで、ゆっくり過ごしたいなと思ってます。
全ての人に幸あれ。恋人といる人も家族といる人も「」について考えるいい機会ではないかと思います。そして神に祈りを。メリークリスマス
  1. 2005/12/23(金) 20:34:12|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

PRIDE 男祭り 2005 頂-ITADAKI-予想

こんにちは。秋山です。PRIDE男祭りの対戦カードがほぼ出揃ったので、ばしばし予想しちゃいますよ。当てにいくから正攻法でいきますよ。

・小川直也 VS 吉田秀彦 勝者予想 吉田秀彦
理由 歴史は繰り返すと思う。小川は10年前をずっと引きずってしまっているような人生を歩んでいる。ミッシングリンクを探しに行くような試合になるでしょう。

・近藤有己 VS 中村和裕 勝者予想 中村和裕
理由 中村はいい。柔道家の中では一番打撃と柔道のバランスが取れてる。きっと吉田の後を継いで行く存在になるだろう。間抜けだけど僕は好き。がんばってもらいたい。

・瀧本 誠 VS 菊田早苗 勝者予想 菊田早苗
理由 瀧本が打撃に走らなければ瀧本の可能性もあるが、菊田の方が経験でリードか。寝技で逆に一本取られてしまう気がする。柔道家ってなんで殴りにいっちゃうんでしょう。

<PRIDEライト級GP決勝戦>
・五味隆典 VS 桜井“マッハ”速人 勝者予想 五味隆典
理由 くしくも日本人同士の潰し合い。ライト級で五味に勝てる人はもはやいないのではないかと思う。マッハがいくら調子よくても無理なんじゃないかと。昔のチャンピオンていっても今ほど盛り上がってない時代の話だし、五味には問題ないと思います。

<PRIDEウェルター級GP決勝戦>
・ダン・ヘンダーソン VS ムリーロ・ブスタマンチ 勝者予想 ダン・ヘンダーソン
理由 ダンヘンダーソン。たぶん。実はあんまりウェルター級詳しくない。

・ミルコ・クロコップ VS マーク・ハント 勝者予想 ミルコ・クロコップ
理由 ハントが勝つ可能性も充分ある試合。僕はそっちに賭けたいくらいです。でもムラがあるので、当てにいくならミルコかな。ハントのマネーへの執着次第で全く結果の変わる試合になると思う。決まり手はハイキック。グラウンドにはならないと思う。

<PRIDEミドル級タイトルマッチ>
・ヴァンダレイ・シウバ VS ヒカルド・アローナ 勝者予想 ヒカルド・アローナ
理由 シウバは落ち目だと思う。ハントに負けた頃から僕はそう思ってます。大体今タイトルってショーグンがもってるんじゃないの、と思ってるんですけど、PRIDEってその辺がよくわからん。アローナの強さは本物だと思うし、したたかさが怖い。

・エメリヤーエンコ・ヒョードル VS ズール 勝者予想 エメリヤーエンコ・ヒョードル
理由 やるまでもない試合ですね。なんでこんなかませ犬を当てたんでしょう。なんか期待外れやなあ。

<PRIDEスペシャルチャレンジマッチ>
・金子 賢 VS チャールズ・“クレイジー・ホース”・ベネット 勝者予想 チャールズ・“クレイジー・ホース”・ベネット
理由 非情な予想ですみません。っていうか金子賢がどこまで仕上がってるのか全然知らないからなんとも云えません。でも一年経ってないしキツイんじゃないかなあと思います。けっこういい男だとは思ってるんですけど。人としては好き。でもキッズリターンでもダメボクサー役だったしなあ(笑)。

・桜庭和志 VS 美濃輪育久 勝者予想 桜庭和志
理由 田村がダメで結局ここに落ち着きましたか、って感じだけどまあしょうがない。二人ともメルヘンの世界の不思議ちゃん同士、相手がいなかったってことでしょうか(笑)。サクももう落ち目ですが(認めたくはないけどね。)、美濃輪には負けんだろうってことで、サクです。なんか順当な予想ですみません。ウルトラへヴンは見られないよ(笑)。っていってもどっちも大好きな選手。入場でも相当笑かしてもらえると思うので、その辺のオプションに期待してます。

エミリヤーエンコ・アレキサンダーVSパウエル・ナツラ、ジャイアント・シルバVSジェームス・トンプソンもやるらしいけど、どうせテレビじゃやらないんでしょうよ。
ちなみにアレキサンダー、シルバ勝利の予想。

どうよ、って云えるほどの深読み予想じゃなくてすみません。でもPRIDEは僕より友達の方が詳しい。K-1なら負けないんだけどなあ。まあ今回の組み合わせは読みやすかった。そんなに難しい試合はないな。当たると思いますよ。
  1. 2005/12/22(木) 01:03:35|
  2. 格闘技|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クリスマスに寄せて

相当おさむうなってきました。朝起きるのがひどくおっくうですね。
僕は親にもらった低反発の枕と布団のおかげで気持ちよすぎて起きられません(笑)。
最近寝る時は、ナタリーインブルーリアか、アラニスモリセットを大体聞いてます。彼女の影響なんですが、ナタリーはすごく爽やかで心地よく寝られます。すごく綺麗な透明感のある声。一枚目が大ヒットしたのは有名ですが、今年リリースされた三枚目ばかり聴いてます。隠れた名盤だと思うので、気になった方はぜひ。「シヴァー」って曲かなり好き。
アラニスは「thank you」の入ってるアルバムをよく聴いてます。このアルバムが一番いい。なんか鬼気迫るものがあって、ちょっと女性でロックやってる人でこのアルバムを超えられる人がいるんかな、と思ってしまうくらい、この中のアラニスにはロックの神が降りてきてます。改めてすげえボーカルだなと思ってしまった。曲のバリエーションも豊富で、これはロックのマスターピースと云えるんじゃなかろうか。
先日買った、ジャックジョンソンは思った以上に穏やかで、大人の音楽って感じ。サーファーならではの気張らない流れてくるものに自然と身を委ねてみたようなボーカルトラックですね。少々平坦な感じもあるけど平穏な気持ちの時や、落ち着きたい時に聴いたらハマりそう。時間のある時ゆっくり聴きたいな。ヘッドフォンで聴くと気持ちいいですよ。
それでそれで、「dada savanna」(何度も云うようですが、僕のイラストサイトです。)の方でクリスマス仕様のイラストをUPしました。
なんていうか絵を描くことにいい感じに飢えていて、今描きたくて仕方ないです。今回の絵はけっこう僕の中では早いペースで出来ました。
ありきたりなサンタとトナカイの絵なんですが、アレンジ次第ではけっこう面白いもんが描けるんだよ、というのを試したかったです。まあ思い切りゴッホしてますけどね。
今年は白黒の世界に行っちゃって、どっぷり暗あい世界にのめりこんじゃったんで、このままじゃ年越せないな、と思って久しぶりに色彩を炸裂させたような絵を描いておきたかったんです。
僕、色には自信あるんですけど、今年セザンヌやらモネやらたくさん見てたら、まだまだやり方が手ぬるいよと云われてる気がして、それでこれでもか、とたくさん色を使って見たわけです。
もっともっと勢いのある絵が描きたいですね。まだ足りない。
  1. 2005/12/20(火) 02:13:35|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハッチ

メガネ二号

ハッチ(カジュアルメガネ屋さん。⌒○○⌒)へ行きました。無理してアスキーアートにしてみた。今日真鍋さんやらしょこたんのブログをみたせいです(笑)。しょこたんは参考にならないけど、真鍋さんは見習いたいと思った。
で、ハッチは僕の元バイト先の向かいにあるんですが、店員のお姉さんが僕のこと知ってた。マ○○○辞めたのもう一年以上前なんすけどね。きっと声出しをウザイくらいがんばってたので、そのせいで覚えてたんじゃないでしょうか。
メガネ作ったのは今年で早二回目。というのも話すと長くなります。
前に会社の飲み会でべろんべろんになりまして、鞄まるごとなくしてしまいまして、もちろん財布もメガネもMDウォークマンもそこに入ってて、一ヵ月後に鞄は警察が見つけてくれたのですが、おもしろいように金目のものだけが取られててですね。メガネなんて一人一人度が違うのに非情にもメガネも取られてたんですよ。ついでに言うと目薬まで取られてた(笑)。あとMDウォークマンと一緒に持ち歩いてたMDの方まで取られてて、ホワイトバンドも取られてたから、たぶん犯人は若くて目の悪いやつだろうと思います。
話し戻るけど、それでメガネ第二号を作ったわけです。前のと全く同じのがよかったんだけど、在庫なかったので同じようなものを選びました。ほんと色んなのがあって、お金あったらあれもこれもほしいけどねえ。おしゃれなのいっぱいありますよ。形がちょっと変わってるのとか、色もたくさんあるし。
あとはジャックジョンソンの三枚目のアルバム買いました。ずっとほしかったんですよー。彼女のクリスマスプレゼントも買った。
久しぶりに街中歩いたらクリスマス一色で、すごい人。どこの店も混んでるねえ。なんていうか久しぶりに世の中の空気吸って新鮮な気持ち。いつも部屋に篭ってるともんもんとするわ。
  1. 2005/12/17(土) 21:16:59|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オートバックスM-1グランプリ予想

K-1、PRIDEと大みそかは格闘技で盛り上がってますが、対戦カードが正式に決まっていないので、まだ予想しません。
それで前哨戦(前笑戦?)としてお笑いナンバー1を決めるイベント、M-1の予想でも立てようかな、と思ってます。僕けっこうお笑いもイケるんです(笑)。けっこう来てる人はチェックしてたりして、今は次長課長が好きですね。
それでM-1ですけど、今回決勝進出した8組はいずれもあまり惹かれないです。僕が期待してた人たちは敗者復活組にたくさんいて、実はそっちの方が興味があったりします。
前回の優勝はアンタッチャブルが圧倒的にテレビ慣れしてて、戦う前から結果の見えていたような内容だったので、今年もその線でいくと、単純に南海キャンディーズで決まり、かな。アガらない、客を味方に付けるっていうのが、このイベントの、というかお笑いのネックになるんだろうな、と思うので。
麒麟は賞を総ナメにしているお笑いエリートですが、いつも南海キャンディーズにお株を奪われてしまうので、その嫌なジンクスを今年も繰り返してしまうのではないか、と思います。南海は何気にキャリア長いですからね。しずちゃんが目立っているようで、実は山里のコントロールがうまいっていうコンビですよね。
品川庄司はそろそろ優勝してもいいな、と思うけど、庄司がとにかく品川の足をひっぱるので無理じゃないかな。
松っちゃん、島田紳助が審査員ということで云えば、笑い飯も優位に立てるかも。彼らの趣味趣向も大きく反映されるだろうから。
僕が一応8組の中で大穴として期待してるのはチュートリアルかな。おもしろかったなって断片的にテレビで見た記憶があるんですよね。
でもまあ、今回小粒ぞろいなんだよなあ。圧倒的なのがいない。レギュラーで看板張れそうな人はいない。
で、ここからが僕の中では本命組の予想なんだけど敗者復活組です。
僕が一番面白いと思うのは三拍子。こいつらはとにかく面白い。あと磁石。笑いの平均点が高い。ポイズン。よくわからないけど何故か期待してしまう。サンドウィッチマン。ネタを広げるのが上手い。オリエンタルラジオ。ノリでいきなりトップまで行っちゃってほしい。
という感じです。予想するからにははずしたくないので、今日書いた中の誰かに優勝してほしいなあ。(っていってもほとんど有名なのしか書いてないけどね。)
放送はクリスマスの25日だそうなので、興味ある人はぜひ。
  1. 2005/12/15(木) 02:49:11|
  2. 日記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

師走

今年ももうすぐ終わり。僕の中でも色々とsur shelterとしてもプライベートでも、年末企画を考えてます。
全部できるかわからないけど、まあ年越してもできそうなこともあるし、長いスパンで達成したい夢や計画が出てきちゃったんですよ。
何かが終わりそうになると、あれやらなきゃこれやらなきゃっていうことが見えてきますよね。
お金と技術を身に付けることを今は一番に置いて、それさえあればあとはやる気次第でなんでもできると思っているんで。
時間がないっていうのも取りようによっちゃいいのかな、と今は思えていますね。
とりあえずdada savanna、sur shelterとしては喪中なので年賀状的なものはないですけど、クリスマスに格闘技がありますから、その辺でなんか企画はするかもです。絵も文章も書きたい欲はすごくあるから。
仕事に就いて自分の絵に対してそこまで思いつめて考えることはなくなった。軽くなったんです。前はこれしか俺にはない、くらいの感じだったんですが、扱いがどうというのではなくて、どんどんあれもこれもアリだなと思えるようになっていて。好きなのは絵、でも文章の方が得意だ、とかそういうヘンな垣根もなくなって、どっちも自分の作り出したものなんだから、仲良くしようぜ、俺の息子たち、って感じですかね。ははは、よくわかんないですね。
なんでもアリっていうのが今の自分にはぴったりかな。縦にも横にも斜めにも動けたほうが強いに決まってるし、悩んで何もできないなら、やっちまった方が早いなと思ってるんです。自費出版で本だそうかなあ、なんてことも考えております。これがとりあえず次の夢かな。まあそれは当分先の話になるだろうけど。もう出版社と本置いてもらう本屋まで計画済みなんですが(笑)。あとはお金ためて、肝心の内容を考えるか。今まではお金がなくてできなかったことがあまりに多いので、その方面でがんばりますよ。
  1. 2005/12/13(火) 02:39:58|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ジョンレノン没後25周期

8日ですか、ジョンレノンの25年目の命日でした。
その日はJ-WAVEでもさんざんビートルズやジョンレノンがかかっていて、普遍的な音楽だなあ、いい曲だなあ、としみじみ思っていたんです。なんていっても僕の好きなミュージシャンはほとんどビートルズを通ってきてるわけで、琴線に触れるメロディーはビートルズに通ずってことなのかもしれない。
僕が好きな曲はポールの曲の方が多かったりするんですが、ジョンの曲って映像とか風景も一緒に連れてくるんですよね。それは戦争の映像や平和を訴える映像だったり、ヨーコや息子とたわむれる父親としての姿であったりするんですけど、そういうのはポールの歌にはないですよね。時代が変わることによって深みを帯びる歌というか。意味を持つ歌。そういうのがジョンのすごいところ。
だってさ、いまだに彼の求め続けた平和はやってきてないんだぜ、なんて思うと単なる理想主義者にも思えなくないけど、やってきてないからこそ、そうなってほしいと思い続ける歌になったのかもしれない。
訴求力があるけど決して押し付けがましくなく、生活の中に溶け込む優しい歌。
死んでも作品は魂として生き続ける、そんなこともすごく感じるし、後世の人が作品を死後も愛し続けてくれるって芸術家として最も幸福なことだなあ、と思います。
平和はともかく愛はあると思うんだよね。この世界にも。
最近、祖父が亡くなったのを聞いて、ちょっとセンチメンタルになってるのもあるけど、命とかそういうこと、すごく考えちゃいますね。
当然のようにそこにある幸せもきっと目を離すといとも簡単になくなってしまう気がして。そうね、今自分の周りにいる人にもっと優しくしたい、そういうことはすごく思いますね。
ところでdada savannaの方に新作の「ドッペルゲンガー」をUPしました。実は更新、夏以来。下半期の混沌たる僕の重い気持ちが詰まったような絵になってます(笑)。
  1. 2005/12/12(月) 01:42:53|
  2. 日記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

集団誕生会

昨日、仲間内で毎年恒例の集団誕生会をやりました。この時期誕生日の子多いですよね。タクシーで帰ってきちゃって、お金ぱっつんぱっつんですけどね。やっぱり気心の知れた仲間と騒ぐのはいくつになっても楽しいものですね。
こういうイベントごとっていうのはもう、会うための口実なのかな。謎解きしちゃうとつまんないけど、会いたい時に会いたいっていうのがめっきり恥ずかしくなったな。
年を追うごとにプレゼントも豪華になってきて、工夫を凝らして僕もプレゼント買う時ってその人のことすごく意識するようになって、選ぶのは毎回悩むけど、そうやって迷う時間とか嫌いじゃないなあ。
あんまり僕はこう、浅く広くの人じゃないし、ちっちゃくてもそういう貴重なつながりは大事にしたい。そんなに簡単に誰の前でも自分を出したりできないしねえ、本当の自分でいられる時間て一日のうちどれくらいなんだろう。
もう来年まで会えない子とかもいるので、ちょっぴりせつなかったりもして、サプライズはなかったけど、素っぽい雰囲気のいい誕生会だったんじゃないかな。
僕も最近じゃ珍しく明るかったですよ(笑)。今年はやっぱり単にいい年では終わらなそう。まだ霧の中で手ぇ振り回してる状態で。このままもやもやしたまま今年は終わりそうだな。
なんか自分の好きな自分はもっとパワフルで高飛車で隙だらけでトリッキーな自分なんですが、いかんせん気の抜けない状況で、やったらまじめなんだよなあ、今。かといって隙だらけだし。
まあしばらくびくびくして過ごすことになるんだろうなあ、わかっちゃいるけど、そこまでメンタルはコントロールできるものでもないし、かといってこの不調がいつまでも続くとも思ってないし、時間が解決してくれるだろう。そう思います。来年またあの子らと会う頃には、おもしろい自分が帰ってきますように。
  1. 2005/12/06(火) 01:25:18|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。