イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ギュスターヴ・モロー展

先日、Bunkamura the museumにてギュスターヴ・モロー展を見てきました。
モローは小品は何度か見たことがあったのですが、今回は本家本元のモロー美術館(画家本人の自宅でありアトリエであり、それを画家本人が美術館にしたもの。)からやってきた作品のみで構成された美術展。大作がかなりの量来ていて、ここまでモローの作品を見られることもないので、絶対に行かなくては、と思っていました。
しかし今年の美術展はスベり知らずですね。今回のモロー展も非常に充実していて面白かった。毎年こうだといいんですけど。
前述した通り、モローに関しては小品は見たことがあって、その時の印象は印刷からは想像できないくらい重厚な絵肌を持っていて、迫力があるというものでした。今回の美術展を見てその思いは更に深まった感じです。
やたら幻想的とか神秘的というイメージが先行しているけど、実際本物を見ると、確かにそういうイメージもあるんですが、もっとインパクトがあってダイレクトな表現という感じがします。とにかく、絵を前にした時の衝撃が強い。
けっこう盛り上げて描いてるんですよね。
やってることはラファエル前派(ミレイ、ロセッティなど)に似ているようで絵の持ってる性質は全くの別物です。絵の強さがドラクロアに似てると思ったら、どうやら影響を受けてたらしい(憶測のようですが)。自画像は確かにドラクロアのそれと似通っていた。
それで今回も圧倒されっぱなしだったんですが、特に代表作「一角獣」「出現」の二作の存在感といったらすごかった。

ギュスターヴ・モロー「一角獣」

ギュスターヴ・モロー「出現」

実は今回「出現」が一番見たかったのですが、この二作で見られるモローの表現は特筆すべきものであり、かなり異質であると云えます。僕は油彩でこんな表現を見るのは初めてでした。その表現というのは人物や建物の装飾部分を、墨の細線によるアラベスク模様でまるで透し彫りのように描きこんでいる部分です。これがピュアで色彩豊かな「一角獣」、グロテスクで超常現象的な「出現」に独特の浮遊感を与え、作品を唯一無二のものに昇華させています。(その部分、画像だとすごくわかりづらいですね。)
「出現」はサロン出展用に描いていた絵で、結局サロンには間に合わず、晩年になってその細線による装飾を加えて完成させたそうです。
大抵、画家の絵を見ると、その作者の性格が窺い知ることができるのですが、モローに関しては全く読めません。「エウロペ」、「ヘラクレスとレルネのヒュドラ」なんかは明らかに完成形とわかる作品なのですが、他の作品では習作か完成形かわからないくらいタッチが荒いものもある。

ギュスターヴ・モロー「ヘラクレスとレルネのヒュドラ」

習作もワンパターンじゃなく本当に色んな画材で描いてるし、タッチも全然違うし、本当のモローはどれって感じでした。あと、モローはお金持ちだったんだろうな(笑)。他の画家だったら本番用っていうくらい馬鹿でかいキャンバスを習作用に使ってましたから。
ただ、絵を勉強してる人にはすごくためになる美術展だと思いました。習作がとても充実していて、アイデアの出し方から、試行錯誤があって、完成に至るまでの課程まで見せてくれるような美術展だった。うん、今回影の主役は習作だったかもしれない。他の人の習作ってつまらないものが多いけど、この人のは幅が広くて面白かったですね。
あと今回の美術展には、普段美術館で見かけないようなタイプの人がけっこういた気がします。美術館てけっこうお堅い感じがして、行かない人って全然行かないと思うんですけど、神話やなんかを題材にしているせいか、入り込みやすかったのかなあ、なんて思います。
宗教絵画の清らかな神々や天使より、怪物とか妖艶で残酷な女を描いた絵の方がなんとなく面白そうだしとっつきやすいですよね。僕も若いからはっきりそういう反応しちゃいます。神話を知らなくてもゲームやなんかで一度は聞いた事ある名前の英雄や怪物がモデルになっているし。
日本にくるのはおばあちゃん好きする情緒的な印象派ばっかりですけど、たまにこういうのが来ると嬉しいですね。ボッスとかも来ないかな。期待しちゃいます。
今回キャプションを読んでてヘラクレスってイメージ変わりましたね。モローの描くヘラクレスって、他の画家のヘラクレスみたいに筋肉ムキムキのマッチョマンとは違ってすごくしなやかな筋肉で描いてるんです。それだけじゃなくて性格までちゃんと描けていて、英雄ヘラクレス、というよりは人間ヘラクレスだった。ヘラクレスは狂気の発作で、何度も過ちを冒して、その償いに神様に色んなところに飛ばされて、時には化け物を退治したり、女のいいなりになったりするんですよ。なんか出張にあったサラリーマンみたいだな、と思ってすごく親近感わいた。「ヘラクレスとオンファレ」なんて奥さんの尻にしかれる夫そのものでした(笑)。

ギュスターヴ・モロー「ヘラクレスとオンファレ」

しかしTBをつけてて思ったのですが、モローファンの方々は熱い!すごく詳しいし丁寧に書かれてますね。思い入れも強いようです。僕の知らないことがいっぱいあります。勉強しないとな、と思います。

以下、美術館レヴュー。

神話や伝説の世界を題材に、19世紀末のパリにおいて独自の耽美世界を構築した象徴派の巨匠ギュスターヴ・モロー(1826-1898年)。その煌めく宝石のような作品は観るものを魅了してやみません。本展は、モローが作品と邸宅をそのままフランス国家に遺贈したギュスターヴ・モロー美術館の珠玉の作品を一堂に会し紹介するものです。名作「一角獣」「出現」をはじめとして、初期から晩年に至るまでの油彩、水彩、素描など全279作品で、孤高の世界を築き上げたモローの耽美世界に誘います。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/29(木) 01:57:46|
  2. 美術展|
  3. トラックバック:6|
  4. コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。