イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

HERO'Sミドル級世界最強王者決定トーナメント

先日、HERO'Sミドル級世界最強王者決定トーナメントを見ました。
HERO'Sは改めて思ったのですが、ヤバイ。面白い。HERO'Sが他の格闘技イベントと一番違うのは日本人が強いところですが、個性派そろいでスピード感があって華があるところがいいです。
しかも今回はドリームマッチの目白押しで、PRIDE GPの時にもう使っちゃった言葉だけど捨て試合なしのベストバウトの連続でした。前田日明はすごい。
須藤選手対宮田選手の試合は宮田選手の進化が窺える内容でしたね。宮田選手は身体能力はすごいんだろうけど、イマイチ決め手がない、相手をしとめる技がないというのが気になっているんだけど、レスリングのいいところが何度も垣間見れたので、やっと開花してきたな、と思いました。ボクシングをもっと身に付ければ本当に強くなると思う。
須藤選手はなんだかんだいってここぞというところで仕留められる力を持っているので、経験とゲーム運びの差で上手だったな、と思います。柔道のバックボーンもあるしな。ただこの時点で、ワンマッチが須藤選手は多くて、そこでは確実に勝利を収めているのですが、グランプリを勝ち抜くためのスタミナがあるのかは心配でした。
レミギウス選手対高谷選手は、レミギウスがグラウンドは全くできないということを露呈するための試合になっちゃいましたね。僕はレミギウス選手の実力を相当高く買っていたのですが、そういえばグラウンドのレミギウスは見たことが無かった(笑)。あんなに簡単にマウント取られるしガードできないし、ダメだ、こりゃ。立ち技では圧倒的なスピードと強さを持っている選手なので、K-1MAXの方でやったらいいんじゃないかと。高谷選手だって別にグラウンド上手くないのにあのザマじゃなあ。がっかりです。
KIDとホイラーは気持ちよかった。KID最近表情が固いから心配だったのですが、久しぶりに文句なしのKO勝利ですね。芸術的な右フック決まりましたね。なんであんな場面であのパンチが出せるんだろう。膝を若干、顔にくらいながら、それでも手を引っ込めないで打ち抜ける、あれはもう格闘センスがズバ抜けてるとしかいいようがないですね。リングの上の閃きを大事にしたいというKID選手ですが、それができる人間はわずかで、普通ならそれに頼っていたら負けちゃうと思うんですよね。
所選手にも同じ事を思ったけれど、ピンチと思うような場面に限って守りじゃなくて、攻めにいって劣勢を優勢に変えてしまう。これはもう強い選手の条件で、駄目な選手はピンチのとき背を向けてしまうんです。(勝負を)決められる場面で決められない選手なんて論外なわけで。
宇野選手対所選手の試合、僕これ一番面白かったですね。所選手、ファンになっちゃいそうです。実は僕の予想では宇野選手が優勝かな、と正直思っていたんですが、ここで思った以上に宇野選手は体力を消耗したと思います。ギロチンの帝王ノゲイラを大金星で破った所選手ですが宇野を相手にしても、全く引けをとらなかった。試合は常に宇野のペースであり、終始攻め続けていたけれど、ふとした瞬間に所が間接を狙ってくる、という展開でした。その所がたまに出す技のタイミングが全く予想がつかないんです。宇野は経験があるし、すごくバランスのとれたいい選手なので外せたけど、並の選手だったらあっという間に決まってしまったと思う。すごく芸術的な技の持ち主。あれが決まっていたら、どんなに素晴らしいだろう。いつの間にか所に感情移入して、がんばれって応援してるんですよ。ひょっとして!っていう大逆転の可能性を期待させる珍しいタイプの選手です。でも宇野は後ろから組み付いて殴ったり技かけたり試合をコントロールするのが上手いですね。所選手は背後を取られないように気をつけないといけないですね。試合後、お互い頭を下げて礼をしたのが、とても微笑ましかった。そう、今回負けた選手はそれはそれで光ってましたよね。宮田しかりホイラーしかり。
須藤選手はその後、高谷選手との試合、スタミナ切れが目立ったけど、やっぱり強いですね。行く場面で行ける選手ってのは。バタービーン戦と同じような作戦でしたね。回ってかく乱、ラストは締めるという必勝パターン。
KIDと宇野は一番見たかった組み合わせで事実上、決勝戦のような豪華な試合だったと思うのですが、KIDが徹底的にグラウンドを拒否して、勝ちに行きましたね。組み合わせだけでも鳥肌モノでした。宇野は立ち技相当練習してきたのではないかと思います。グラウンドで勝負できたらわからなかったですけどレフェリーが入らくても、あのパターンに入るとKIDが勝ってたでしょうね。レスリングやってただけあって倒されないようにするのがうまいなあ、KIDは。ここはもう一回ワンマッチでやってほしいです。宇野が全開だったらもっと色々できたと思うんですよ。KIDは気持ちいい勝ち方ですごく波にノッてたし。
しかし、決勝のみ大みそかでやると言い出し、番組が終わってしまったのはびっくりです。ここまでやったら最後までやってほしかったなあ。
きっとこのまま決勝やってたらKIDが間違いなく優勝を持ってっただろうけど、持ち越しで須藤元気は間違いなく救われただろうと思います。スタミナ切れてたし、ワンマッチには強い選手ですからね。これでまたわからなくなりました。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/10(土) 01:34:35|
  2. 格闘技|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。