イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

K-1メルボルン&MAX

最近格闘技が連チャンでやってたので、少し感想を。クラウベフェイトーザが晴れてメルボルンの優勝者になったわけですが、僕この選手好きで、かなり昔からいた選手なんですよ。K-1のかなり初期から。僕が好きだったのはやっぱりあの特殊なブラジリアンキックなんですけど。でも戦績はイマイチで、けっこう消えかかってたし、たぶん期待されてない選手だろうと思ってたんですよ。それで実は名前が再び浮上したのは去年のことで、去年負けなしでとても期待されてて、今年のクラウベはとにかく強いらしい、というのは聞いてたんです。それで開幕戦でホーストと当たって判定で敗れたんですよ。確か。その時はホーストが相手だったから目立つこともなく、上手く封じ込められちゃったけど、それも別に大差とかではなかったんですね。そして、今年。あれはちょっと強すぎるな、と思った。ラフプレイなカーターが戦意喪失気味にKOされ、プライド勢の中では一番K-1慣れしてるといっても過言でない、腕力自慢のゲーリーを圧倒的な足技でKOしてしまいました。どっちも相当戦うのは嫌な選手だろうと思うんですよ。僕はパフォーマンスじゃない、かかと落としを初めて見た気がします。こんな晩成の選手もいるんだな、と感心してしまいました。しかも戦っていく中でクラウベがどんどんノッてきたのがゾクゾクしました。たぶん本人が一番自分の強さに驚いてる、そんな風に映りました。極真は剛だけどそこにブラジルの柔がミックスされていて、見えない位置から入ってくる蹴りが最大の武器になってる。とにかく今年大注目です。マイティーモーも予想通り勝ちました。あれは読めました。終始ボンヤスキーが上回っていたのに、たった一発ですからね。サモアの一撃はそれだけ怖いってことです。割とボンヤスキーはダウンしてからすぐ立て直したので、さすが、と思いましたけどね。たぶん次はボンヤスキーが勝つと思う。一回目はたぶん調子こき過ぎて隙ができるだろうと思ったんですね。ボンヤスキーもノってるから負けるなんてちっとも頭になかったと思うし。で、MAXの方は僕のメインはザンビディスと山本キッド。どっちも大好きな選手なんでどっちが勝ってもいいや、と思ってました。ザンビディス、自分より小さい相手とやるのはじめてなんじゃない?って勢いなんですけど、ここはザンビディスのパンチの上手さにもう脱帽ですよ。MAXの中だと一番パンチが上手いのはザンビディスなんじゃないだろうか。背の高い相手には相手の膝に乗っかってパンチ出したりするんですけどね。うーん、僕と同じくらいの背ですからね。すごい。キッドも本職総合なのによくやるよな、この両選手には熱くさせられっぱなしです。拍手。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/03(火) 01:07:46|
  2. 格闘技|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。