イラストレーター秋山亜軌の日記を中心としたブログです。イラストレーターとしての活動報告をはじめ、美術や映画、音楽の話、興味のある出来事など、幅広い話題を独自の意見を絡めて執筆しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

最近読んだ本。

ヒマがあると小説を読むことが多いので、今回は僕が最近読んだ小説の紹介をします。誰にでも紹介できるものもそうでないもの(笑)もありますが、いずれもその道では突っ走ってるものなので楽しめるのではないかな、と思います。



↑奥田英朗、「インザプール」。これは必読っていう本じゃないけど、全ての疲れた現代人にオススメする娯楽作ですね。伊良部医師が様々な精神的難病患者を破天荒な治療(?)で救済していくお話がオムニバス形式で描かれています。これ、シリーズもので、他に「空中ブランコ」「町長選挙」というのがあるんですが、たぶんこれが1番面白い。看護婦のマユミちゃんをはじめ、登場人物のキャラクターが立っているので、親近感や愛着が持てる。伊良部のはちゃめちゃさと、意外としっかりしてる患者の対比も、効いてます。とにかく娯楽に徹した作品なので、難しいことは考えず、単純にただただ楽しめる小説です。いい意味で軽くて、テンポのいい文体でこれぞエンターテイメントっていう作品。



↑村上龍、「フィジーの小人」。これは、あまり人には薦めない(笑)。村上龍のある分野(エログロ方面でのね。)での真骨頂を発揮しまくった作品には間違いないんですけど、いかんせん振り切れすぎだ。しかも後半、まとまりがなく散漫で中途半端な印象があります。中盤の主人公の祖父の日記をもっと膨らましてほしかった。そしたら快楽ファンタジーっていう新しい分野の作品になったろうに。そう、この作品はジャンル的にはファンタジーだと思うんですよ。ただ他のファンタジーに比べ、異様に性的描写が多いっていうのが特徴。龍作品はそういう目を背けたくなる残酷な描写がつきものだけど、インザミソスープにしてもピアッシングにしても五分後にしても希望の国のエクソダスにしても、それだけじゃない深いテーマがあって重厚な迫力のある文体に圧倒されて最後まで読んでしまうんだけど、この作品にはこれといったテーマを見出せず、グロイだけの小説でしたね(笑)。ところで僕的に龍の1番好きな小説は69だったりする(笑)。



↑吉本ばなな、「アルゼンチンババア」。何気にばななの小説を読むのははじめて。薄いので1日で読んじゃいました。なんというか、設定的にはメルヘンで少女漫画っぽいなあ、って感じでしたけど、けっこう感動した。特に裏切りもないけど、さらさら読めて、まっすぐに伝わってくる。ピュアで素直で温かくて楽しくて、ほんのり切ない。今もばななの他の本を読んでるけど、この人の伝えたいイメージって傾向があるんですよ。子供の頃のなつかしい古きよき家族のイメージというか、郷愁っていうか。読んでいてとても気持ちが静かになっていく真っ白なイメージ。あまりに朴訥な文体とシンプルな言葉選びをしているので、この人が数々の文学賞を獲ってるっていうのは、ちょっと信じがたいんですけどね。でも簡単な言葉で誰しもに伝える方が難しい言葉で説明するよりよっぽど大変なんですよね。素直にいいものはいいとだけここでは云っておきましょう。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/08(木) 01:07:18|
  2. 読書|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バガボンド23巻

バガボンドの新刊出ました。とりあえず我が家には「バガボンド」と「蒼天航路」はそろってます。男のバイブルですからな。
バガボンドはやっぱり1回目読むときがかなり興奮していい感じ。娯楽性の高い漫画だから、リピート率(何回も読み直すこと。)はそんなに多くないけど、意気消沈したとき読むと元気でますね。やっぱりわき目もふらず、一心不乱に何かに打ち込む男っていうのはかっこいいと思う。
誰か一人は自分だけのお気に入りのキャラがいるっていうのが井上雄彦漫画のいいところ。
「スラムダンク」では仙道、「バガボンド」では宍戸梅軒という風に。だんだん又八が効いてきてるね。先が読みたいけど、コミックスになるまで僕は待つ派ですね。

  1. 2006/06/27(火) 22:58:46|
  2. 読書|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

俺のマイボール

ボーリングといえば土田世紀の漫画があります。



数少ないボーリング漫画ですが、初心者にもわかりやすく、ストーリーにも安定感のある土田氏(「同じ月を見ている」、「編集王」あたりが有名ですね。)が書いているので、漫画として面白いです。全3巻。今度S.T.Oに貸してやろう。
僕も久々に読んで、そういえばこんなテクニックあったわあ、と改めて勉強になった。
この漫画の舞台のモデルになっているのが、僕とS.T.Oがいつも行ってる吉祥寺のボーリング場なんですよ。実は。
  1. 2006/06/26(月) 01:35:58|
  2. 読書|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

そういえば。

そういえば、村上春樹の「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」の上巻をやっと読み終わった(遅っ!)。やっと下巻に突入です。
なかなか面白い。どうなるんだろう、ドキドキ。
最近は映画ばっかり見てます。「ウィンブルドン」、「呪怨(リメイク版)」、「オーメン」「ドッヂボール」「きいてほしいの、あたしのこと ウィン・ディキシーのいた夏」と土日かけて5本も見ました。なかなかに収穫が大きかった。特に面白かったのは「ウィンブルドン」と「きいてほしいの~」です。オススメ。今度感想書くね。
  1. 2006/06/20(火) 00:27:37|
  2. 読書|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド

最近、通勤の行き帰り、寝る前なんかは友達から借りた、村上春樹の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」という、やたら長たらしいタイトルの小説を読んでます。私、秋山です。
えーと、僕は村上だと龍派でして、春樹はずっと食わず嫌いしてたわけです。っていうか、いつも思うんだけど、春樹のイントロダクション(物語の導入部)ってなんかすごく僕にとってはダレるんですよ。友達は全然OKって云うから、人によるのかもしれないんだけど。それで、いつもは途中で読むの断念しちゃうんです。
今回のは珍しく読み進んでいて、最近は、ああ普通に面白い、イントロがちゃんと生きてくるんだ、って思いました。最初、全く関係なさそうな話が別々に進んでいって、え?何、これほんと繋がるの?意味わかんない!とか思ってたんだけど、けっこう巧みにリンクしてきて、やっと面白さがわかってきた。すごく春樹の文章って穏やかですよね。それも苦手要素だったんだけど、免疫ついてきたのかな。ところどころで上手さを感じる。それもひけらかし的なテクニックとは違って岩の奥からにじみ出てくる泉のように奥が深い上手さ。文章の中にいくつも層を持っているような伏線を張った立体的なストーリー。すごく作者の想像が細かいところまで行き届いているんだな、と思います。
小説は特に素人とプロの腕の違いってはっきり出るなと思っていて、例えば一発どかーんと賞もらった人とかライトノベル書いてる人の小説と、プロで何年もやってる人の小説比べると、ものすごい文章力の差を感じる。最初あまり興味の持てない話でも、次第に読者を吸い付ける文章の力っていうのをプロは持ってますよね。すごいな、と思う。
まだ、上巻の半分くらいしか読んでないけど、これは面白くなっていきそう。落ち着きたい時とか自分だけの世界に没頭したい時とか読むととてもトランスできていい感じ。そう、本読むと別の世界に入り込めるような感覚が持てるの、忘れてましたよ。この感覚いいな。まさか春樹に気が付かされるとはなあ。
ところで仕事にも少しずつ光明が見出せそうな感じになってきました。一個目の関門はとりあえずクリアできたかな。周りの人と仲良くやるってこと?人見知りはとりあえずなくなった。危うく、そんなくだらないことでクビになりそうだったからね(笑)。もっとコミュニケーションしろ、とかそんなことで。何をしたら喜んでくれるのか、とかそういうことすらわからなかったし、どうしたらやる気をアピールできるかとかね、そういうことで悩んでた。少しずつだけど、いいところが見せていけてる。ほんとはこんなもんじゃないですけどね、僕は。やっとここからですよ。仕事で今度はいいところみせないと。
僕、とりあえず何でも、できる、やります、って云っちゃうから。できなくとも。
粉飾なんて日常茶飯事ですよ(笑)。ホリエモンの比じゃないから。
  1. 2006/01/26(木) 02:12:30|
  2. 読書|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。